コンテンツにスキップ

藤平尚真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
藤平 尚真
東北楽天ゴールデンイーグルス #46
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県富津市
生年月日 (1998-09-21) 1998年9月21日(25歳)
身長
体重
185 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト1位
初出場 2017年6月16日
年俸 1450万円(2024年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

藤平 尚真(ふじひら しょうま、1998年9月21日 - )は、千葉県富津市出身[2]プロ野球選手投手)。右投右打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。

経歴

[編集]

プロ入り前

[編集]

富津市立吉野小学校1年の時から野球を始めると、5年の時に出場した第25回全国小学生陸上競技交流大会千葉県選考会では、ソフトボール投げで大会新記録の71m13cmを樹立して優勝。ただし、千葉県代表として出場した全国大会では、68m30cmで18位にとどまった。

小学6年の時、千葉ロッテマリーンズジュニアチームに選抜されるとNPB12球団ジュニアトーナメントで優勝[3]富津市立大貫中学校時代では、千葉市リトルシニアに所属しながら[4]石原彪などと共にU-15日本代表に選抜された[3]。中学3年の時には陸上ジュニアオリンピックにて走り高跳びで優勝し、[3]全日本中学校陸上競技選手権大会では2位に入賞している[5]。リトルシニアの1学年上には郡司裕也がいる。

横浜高校進学後は、1年の時の春からベンチ入りを果たすと、1年時の秋からエースの座を確保した。2年の時の神奈川大会では決勝まで進んだが、小笠原慎之介吉田凌豊田寛を擁する東海大相模高校に敗れ、準優勝。2年の時の秋には神奈川県大会を制したが、関東大会の初戦、常総学院高校のU-15代表でチームメイトだった鈴木昭汰との投げ合いに敗れた[6]。3年の時の夏に神奈川県大会を制すると、第98回全国選手権[3]初戦の東北高校戦で、7回途中まで13奪三振1失点と好投[7]。2回戦で寺島成輝擁する履正社高校に敗れた[8]が、2試合通算で13回を投げて、20奪三振、防御率0.69という好成績を残した。大会終了後に催されたWBSC U-18ワールドカップにも、日本代表の一員として出場した[3]。2学年先輩に淺間大基髙濱祐仁渡邊佳明伊藤将司、同学年に石川達也、1学年後輩に増田珠福永奨、2学年後輩に万波中正土生翔太がいる。

2016年度NPBドラフト会議にて東北楽天ゴールデンイーグルスから単独で1巡目指名を受け[3]、契約金1億円、年俸1500万円(金額は推定)という条件で入団[9]背番号は、野村克也が監督を退任した2009年から空番として扱われていた19[10]。入団会見では、「チームの中心選手になれるよう気持ちをもってやりたいです」という抱負を述べた[11]

楽天時代

[編集]

2017年、春季キャンプを一軍で過ごし[12]ながら、公式戦を二軍でスタート。イースタン・リーグ公式戦で開幕から先発で好成績を残していたこと[13]を背景に、6月16日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)で先発投手として一軍公式戦へのデビューを果たした。7月13日のフレッシュオールスターゲーム静岡県草薙総合運動場硬式野球場)では、イースタン・リーグ選抜の先発投手として好投した末に、優秀選手賞を受賞した[14]。8月22日の対千葉ロッテマリーンズ戦(ZOZOマリンスタジアム)で再び先発すると、5回を無失点に抑える好投で一軍公式戦初勝利。この年に高卒でNPBの球団に入った新人投手の初勝利一番乗りを果たす[15]とともに、チームの連敗を6で止めた[15]。チームが10連敗で迎えた9月5日の対北海道日本ハムファイターズ戦(富山アルペンスタジアム)でも先発を任されたところ、7回裏に1安打を許しただけの無失点で2勝目を挙げた[16]。このように、先発登板で2度にわたってチームの窮地を救ったことから、「連敗ストッパー」と呼ばれるようになった[17]。レギュラーシーズン全体では、一軍公式戦8試合の登板で、3勝4敗、防御率2.28を記録。ただし、チームがレギュラーシーズン3位で臨んだクライマックスシリーズでは、登板の機会がなかった。

2018年、公式戦の開幕から一軍の先発陣に組み込まれると、5月中旬までに一軍公式戦6試合に登板した。しかし、1勝3敗、防御率5.10を記録するほど振るわず、5月14日に出場選手登録を抹消された[18]。抹消後に復調したことに加えて、美馬学が右肘痛の発症で戦線を離れたことを機に、8月上旬から一軍に復帰[18]。復帰後も8試合の先発登板で2勝4敗と黒星が先行したが、10代最後の登板であった9月17日の対ロッテ戦(ZOZOマリン)では、シーズン4勝目を一軍公式戦初完投で挙げた[19]

2019年イースタン・リーグ公式戦19試合に登板すると、リーグの規定投球回に到達。9勝2敗、リーグ最多の3完投・2完封勝利、規定投球回到達者としてはリーグトップの勝率.818と107奪三振、リーグ3位の防御率2.91という好成績で、勝率第1位最多奪三振のタイトルを獲得した。しかし、一軍公式戦での登板はわずか3試合で、0勝1敗、防御率10.38という成績にとどまった。シーズン終了後の12月6日に、推定年俸1500万円(前年から300万円減)という条件で契約を更改[20]

2020年、7月26日の対オリックス・バファローズ戦(楽天生命パーク宮城)で同年初登板初先発するも、初回無死二塁の場面で大城滉二への初球となる140km/hの直球がバントの構えをしていた大城の左側頭部付近に直撃。一死も取れず、わずか7球で危険球退場となった[21][22][23]

2021年、初めて一軍登板無くシーズンを終え、二軍での登板成績も18試合で0勝6敗、防御率7.16に終わった[24]。オフに背番号が19から46に変更された[25]

2022年8月21日の対ロッテ戦(楽天生命パーク宮城)で先発し1434日ぶりの勝利を挙げた[26]。これまで通算7勝はすべてビジター登板のもので、これが念願の本拠地仙台で初勝利となった[26]

選手としての特徴

[編集]

常時145km/h前後の威力があるストレートを投げ[27]、ドラフト指名時点での最速は152km/h[28]

本拠地(宮城球場)登板では成績が悪く、入団から4年間、ビジターゲームで通算7勝を挙げながら、本拠地では通算10試合登板で0勝9敗、防御率6.79だった[29]。しかし、2022年8月21日のロッテ戦でようやく本拠地での初勝利を挙げた[26]

詳細情報

[編集]

年度別投手成績

[編集]




















































W
H
I
P
2017 楽天 8 8 0 0 0 3 4 0 0 .429 176 43.1 30 2 15 0 4 44 0 0 12 11 2.28 1.04
2018 14 14 1 0 0 4 7 0 0 .364 361 81.1 65 17 54 1 3 68 6 1 43 40 4.43 1.46
2019 3 3 0 0 0 0 1 0 0 .000 45 8.2 9 4 7 0 3 6 0 0 10 10 10.38 1.85
2020 1 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 2 0.0 1 0 0 0 1 0 0 0 2 2 ---- ----
2022 8 5 0 0 0 1 0 0 0 1.000 94 22.2 15 0 12 0 0 17 3 0 11 10 3.97 1.19
2023 11 11 0 0 0 2 4 0 0 .333 231 50.2 50 5 27 0 1 42 5 0 35 25 4.44 1.52
通算:6年 45 42 1 0 0 10 16 0 0 .385 909 206.2 170 28 115 1 12 177 14 1 108 98 4.27 1.38
  • 2023年度シーズン終了時

年度別守備成績

[編集]


投手












2017 楽天 8 2 5 1 1 .875
2018 14 1 12 1 0 .929
2019 3 0 0 0 0 ----
2020 1 0 0 0 0 ----
2022 8 0 4 0 0 1.000
2023 11 3 6 1 0 .900
通算 45 6 27 3 1 .917
  • 2023年度シーズン終了時

記録

[編集]
初記録
投手記録
打撃記録
  • 初打席:2017年6月16日、対阪神タイガース1回戦(阪神甲子園球場)、3回表に岩貞祐太から投前犠打

背番号

[編集]
  • 19(2017年 - 2021年)
  • 46(2022年 - )

代表歴

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ 楽天 - 契約更改 - プロ野球」日刊スポーツ。2023年11月22日閲覧
  2. ^ 中2のリトルシニア時に全国制覇/楽天藤平尚真略歴」日刊スポーツ、2017年8月22日。2017年12月26日閲覧
  3. ^ a b c d e f 【楽天1位】横浜・藤平尚真、単独指名で交渉権獲得」『スポーツ報知』2016年10月20日。2016年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月10日閲覧
  4. ^ 藤平尚真(横浜)」日刊スポーツ、2016年10月20日。2022年1月16日閲覧
  5. ^ 編集部コラム「他競技で活躍する陸上競技経験者」」月刊陸上競技、2019年8月23日。2022年1月16日閲覧
  6. ^ 横浜夏切符!藤平粘投“弟分”増田2発援護/神奈川」日刊スポーツ、2016年8月1日。2022年1月16日閲覧
  7. ^ 横浜 対 東北」日刊スポーツ。2022年1月16日閲覧
  8. ^ 横浜 対 履正社」日刊スポーツ。2022年1月16日閲覧
  9. ^ 楽天ドラ1藤平が合意 背番号19はマー君超え意図 - 野球」日刊スポーツ、2016年11月8日。2017年5月8日閲覧
  10. ^ 楽天ドラ1藤平 背番号「19」 「いずれ」はマー背番「18」を」『スポニチアネックス』2016年11月8日。2016年11月10日閲覧
  11. ^ 楽天 藤平ら入団会見「チームの中心選手に」 地震で一時は会見中止も検討」『スポーツニッポン』2016年11月22日。2016年11月23日閲覧
  12. ^ 楽天藤平「すごくフレンドリー」松井裕と宿舎同部屋」『日刊スポーツ』2017年1月30日。2019年2月11日閲覧
  13. ^ 楽天ドラフト1位藤平、5月に一軍デビューへ 先発6番手」『日刊スポーツ』2017年4月25日。2019年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月27日閲覧
  14. ^ プロ野球フレッシュオールスターゲーム2017表彰選手」日本野球機構。2022年1月16日閲覧
  15. ^ a b c 楽天・藤平 救世主プロ1勝 高卒新人一番星で連敗止めた」『スポーツニッポン』2017年8月23日。2018年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月11日閲覧
  16. ^ 則本から託された思い…18歳楽天・藤平 気迫109球「納得の投球です」」『スポーツニッポン』2017年9月6日。2017年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月11日閲覧
  17. ^ 楽天・藤平尚真投手 エースの背中を見て/2018年期待度NO.1」『週刊ベースボール』2018年1月15日。2019年2月11日閲覧
  18. ^ a b 蘇った藤平の直球を見よ!9日に日本ハム戦先発/東北スポーツ」『サンケイスポーツ』2018年8月7日。2022年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月27日閲覧
  19. ^ a b 楽天藤平クイック投球でプロ初完投「成長の証し」」『日刊スポーツ』2018年9月17日。2019年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月27日閲覧
  20. ^ 楽天藤平300万円減 心機一転で岸と合同自主トレ」『日刊スポーツ』2019年12月6日。2019年12月6日閲覧
  21. ^ 楽天藤平が7球で危険球退場 大城の頭部に直撃」『日刊スポーツ』2020年7月26日。2020年7月26日閲覧
  22. ^ 楽天藤平、今季初登板も1死も取れず7球で危険球退場 オリ大城の頭部に140キロが直撃」『Full-Count』2020年7月26日。2020年7月26日閲覧
  23. ^ オリックス・大城 左側頭部付近に死球、担架で運ばれ病院直行 会話できる状態」『Sponichi Annex』2020年7月26日。2020年7月26日閲覧
  24. ^ 2021年度 東北楽天ゴールデンイーグルス 個人投手成績(イースタン・リーグ)」NPB.jp 日本野球機構。2021年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月27日閲覧
  25. ^ 楽天、5選手の背番号変更を発表 16年ドラ1藤平が「19」から「46」に」『Full-Count』株式会社Creative2、2021年11月18日。2021年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月18日閲覧
  26. ^ a b c 楽天・藤平尚真が1434日ぶり白星 今季4度目の先発で6回途中無失点 本拠地では初勝利」『スポーツニッポン』2022年8月21日。2024年4月11日閲覧
  27. ^ プロ最小の3登板に終わった藤平尚真(東北楽天)、4年目は大ブレイクのシーズンにできるか?」『高校野球ドットコム』2019年11月3日。2020年7月26日閲覧
  28. ^ 横浜・藤平尚真らがプロ志望届 最速152キロ右腕」『日刊スポーツ』2016年10月4日。2020年7月26日閲覧
  29. ^ 楽天4年目の藤平は本拠地初白星なるか/パ見どころ」『日刊スポーツ』2020年7月26日。2020年7月26日閲覧
  30. ^ 2017年8月22日 【公式戦】 試合結果 (千葉ロッテvs東北楽天)」NPB.jp 日本野球機構。2021年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月27日閲覧
  31. ^ 2018年9月17日 【公式戦】 試合結果 (千葉ロッテvs東北楽天)」NPB.jp 日本野球機構。2021年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月27日閲覧

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]