寺島成輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
寺島 成輝
東京ヤクルトスワローズ #18
Gk ryoIMG 4720.jpg
2018年3月16日 明治神宮野球場
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府高槻市
生年月日 (1998-07-30) 1998年7月30日(21歳)
身長
体重
183 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト1位
初出場 2017年9月30日
年俸 1,100万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

寺島 成輝(てらしま なるき、1998年7月30日 - )は、大阪府高槻市出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。東京ヤクルトスワローズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2歳の時に父親の転勤で東京国分寺市で過ごす。幼稚園年長組の時から、兄と共に国分寺市立第九小学校をホームグランドとする国分寺スカイホークスで軟式野球を始める。小学3年生で再び大阪に戻り、茨木リトルリーグで4年生から硬式野球に転じた。箕面ボーイズ在籍中の中学3年生時には世界少年野球大会優勝を経験した[2][3]

履正社高等学校では1年生からベンチ入りし[2]、唯一出場した全国大会である3年夏の甲子園では3回戦まで進出した[4]

高校時代の同期には同じ投手の山口裕次郎がいて、山口も同年のドラフト指名(日本ハム6位)を受けたが辞退し、JR東日本硬式野球部に入部している。

U-18日本代表に選出され[5]第11回 BFA U-18アジア選手権大会に出場、中国とインドネシアを相手に登板し、優勝に貢献した[4]。最多勝、最優秀防御率賞、ベストナイン3冠を獲得した。さらに、いわて国体でも優勝を果たした[4]

2016年10月20日の2016年度新人選手選択会議で、東京ヤクルトスワローズから単独1位指名を受けた[6]。背番号は18

プロ入り後[編集]

2017年、2月の春季キャンプ中に左内転筋筋膜炎を発症し、その後も左肘痛を発症するなど悩まされ、ようやく8月に二軍公式戦初登板を迎える[7]。二軍公式戦において6試合に登板し、0勝1敗、防御率2.37の成績を残し[8]、9月30日に明治神宮野球場で行われた対中日戦において、一軍公式戦初登板・初先発を果たす[9]11月25日から台湾で開催されるアジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBイースタン選抜に選出される[10]

選手としての特徴[編集]

高校時代の最速は150km/h[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 ヤクルト 1 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 18 3.0 5 1 3 0 0 3 0 0 5 5 15.00 2.67
2018 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 13 2.0 4 1 4 0 0 2 0 0 6 6 27.00 4.00
2019 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 21 4.0 9 0 2 0 0 0 0 0 3 1 2.25 2.75
NPB:3年 5 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 52 9.0 18 2 9 0 0 5 0 0 14 12 12.00 3.00
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2017 ヤクルト 1 0 2 0 0 1.000
2018 1 0 0 0 0 ----
2019 3 0 0 1 0 .000
通算 5 0 2 1 0 .667
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

投手成績
打撃成績
  • 初打席:2017年9月30日、対中日ドラゴンズ24回戦(明治神宮野球場)、2回裏に大野雄大の前に空振り三振

背番号[編集]

  • 18 (2017年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]