nobodyknows+

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
nobodyknows+
出身地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市
ジャンル ヒップホップ
活動期間 2000年 -
レーベル $TAX RECORDS(ドルタックスレコーズ)
公式サイト nobodyknows+
メンバー ちびまるお (MC)
crystal boy (MC)
ヤス一番? (MC)
ノリ・ダ・ファンキーシビレサス (MC)
DJ MITSU (DJ)
旧メンバー g-ton (MC)

nobodyknows+(ノーバディノウズ)は、1999年に形成されたヒップホップグループである。2002年にメジャーデビュー。

概要[編集]

2007年3月まで、5MCに1DJという比較的珍しい形式をとっていた。現在は4MCに1DJの形式である。

日本有線大賞でヤス1番?のマイク電源が入っていないというハプニングが起こったものの、メンバー同士でマイクの交換をしながらカバーしていった。このときのマイクは最後まで電源OFFだった。

2004年末に音楽番組でDREAMS COME TRUEと共演し、初めて挨拶を交わした際、ヤス一番?が「以前ドリカムワンダーランドを観に行って感動した」というエピソードから話が弾み、「今度何か一緒にできたらいいね」と盛り上がりドリカム側からの熱望により、2005年2月2日、地元名古屋でドリカムのライブに飛び入り参加した。

ロックバンド175RメンバーのSHOGOがパーソナリティを務める、「SHOGOのオールナイトニッポン」の2005年7月9日放送でシングル「エル・ミラドール~展望台の唄~」の宣伝も兼ねてゲスト出演。だが、親密な交際は「特にありません」(関係者談)と証言。

その他の活動として、HIDDEN FISHノリ・ダ・ファンキーシビレサスDJ MITSUの三人で、『レッツゴー三万匹』のユニット名で、中小クラブなどにて活動。基本的にDJ MITSUがnobodyknows+の音源をかけつつ、二人がMCする形である。

地元が名古屋という関係から、近年は中日ドラゴンズとの関係が深い。2010年にはドラゴンズのチアリーディングチームであるチア・ドラゴンズのダンス曲「Winds of Wins」を提供し、浅尾拓也投手に登場曲「1-9(theme from No.41)」を提供した。チア・ドラゴンズに2011年「Fly High」、2012年「JOIN US」、2013年「Let's Dance」を提供しているほか、ナゴヤドームでの中日戦の場内演出などをDJ MITSUが総合プロデュースしている。

2011年、DJ MITSUの呼びかけで、nobodyknows+とともに名古屋を拠点に活躍し交流のあるHOME MADE 家族SEAMOのコラボレーションで東日本大震災のチャリティーソング「HOLD MY HAND」を作成。2011年12月31日までの期間限定で配信されている。

2012年、地元愛知県公認の「あいち音楽大使」にも委嘱されている。

メンバー[編集]

全員東海地方出身である。現在も全員名古屋市在住。

HIDDEN FISH→漫☆画次郎(2012年より)→ちびまるお(2013年より)
ヒドゥンフィッシュ→まんがじろう→ちびまるお、1979年7月21日 - 本名:坂梨 博樹
A型。岐阜県出身。岐阜県立土岐商業高等学校 経理科卒。あどけない声で、nobodyknows+のマスコット的存在。HIDDEN FISH時の名前の由来は、本名の「坂梨」に「さかな(魚)」が隠れていることから。以降幾度か名前を変えているが、周辺からは結成当時から「ナシ」の愛称で呼ばれている。

愛知県名古屋市中区新栄にある「ホルモン酒場 ちから」のオーナー。

crystal boy
クリスタルボーイ、1977年7月4日 - 本名:加藤 正道
O型。愛知県名古屋市出身。「nobody knows」時代からのメンバー。そのローボイスは、聞く人の耳に残る。CHEMISTRYの「君をさがしてた」のリミックスバージョンにSEAMO(参加当時の名義はシーモネーター)ともに参加。シーモネーター(現SEAMO)が主催した「男塾伝説」の「正義と微笑~純情派~」にソロで参加している。2010年、ソロアーティストとしてデジタルシングル「夜は短し踊れよ男子」「夜の蝶」「言葉以上…feat.AZU」を3カ月連続ドロップ。同年10月27日、1stミニアルバム「クリスタルボーイ」をリリース。ニューヨークロス等のUSブランド、スウェーデンロンドン等のEUブランド、galaxxxyOptimystic等のジャパンブランド等、各国のハイブランドからストリートブランドまでを幅広くセレクトしたショップ「BPM」のオーナー。
ヤス一番?
やすいちばん、1978年11月29日 -本名:鈴木 やすゆき
A型。岐阜県多治見市滝呂町出身。多治見市立多治見中学校底抜けに明るいフロウで、nobodyknows+の切り込み隊長と言われている。ライブでのマイクパフォーマンスは、大胆かつ繊細である。1995年16歳でマイクを握りそれと同時に名古屋市で活動を始める。Kamaholicks、buzzer beater(木曜会) 、わかば塾など様々なグループで活動の末、2004年nobodyknows に加入。2009年nobodyknows+の活動と平行し、ソロ活動を始動。

愛知県名古屋市中区栄にある「わかば屋」のオーナー。

ノリ・ダ・ファンキーシビレサス
1980年8月20日 - 本名:高橋 哲
O型。凶悪なダミゴエフロウと、インパクト抜群の名前から、個性的なメンバー揃いの中でも一際強力な光を放っている。意外にも(?)メンバーの中では一番年下である。最近では地元名古屋で中学時代の同級生と日曜日のみ八百富という野菜の移動販売をしている。
また大のプロレス好きであり、度々プロレス会場で目撃され、TV中継が入った試合では、観戦している模様が映り実況アナに紹介される場面もあった。名古屋で開催されるプロレス興行にも、今池プロレス所属選手として試合に出場している[1]
DJシビレという名でDJとしても活動中。
DJ MITSU
ディージェイみつ、1972年3月12日 - 本名:山本 充洋
A型。「nobody knows」時代からのメンバー。実際に曲を作っているのは彼だが、裏方に徹する事が多い。彼の作る「theme from nobodyknows」は、「nobody knows」時代からおこなっているものである。
$TAX RECORDS(ドルタックスレコーズ)の設立者。

元メンバー[編集]

g-ton
ジートン、1975年1月22日 - 本名:後藤 和幸
B型。「nobody knows」時代からのメンバー。ロマンチックな歌詞を、そのハリのある、ハイトーンな声で歌い上げる。ドレッドヘアーがトレードマークである。2007年4月、音楽の方向性への違いにより、自主的に脱退。名前の由来は、よく「ごっとん」っと呼ばれていた事からである。

来歴[編集]

  • 1999年10月1日 - 愛知県名古屋市で結成(当時のユニット名は「nobody knows」、メンバーはg-ton、DJ MITSU、crystal boyの3人)。
  • 2000年8月29日 - はじめてインディーズCD「nobody knows」をリリース。地元名古屋HMVで4位にチャートインする。
  • 2001年5月5日 - 「nodody knows2」をリリース。 オリコンインディーチャートで19位にランクインする。
  • 2002年2月1日 - SMEと契約。
  • 2002年7月1日 - 「わかば塾」というマスクマンユニットをDJ MITSUのプロデュースの元に結成。この時既にnobodyknowsでDJ MITSU名義を使用していたので「BLACK TIGER」と名乗る。そしてインディー1st EP CD「お前は平田だろ?」をリリース。このわかば塾の3名こそ、ヤス一番?、HIDDEN FISH、ノリ・ダ・ファンキーシビレサスである。名古屋の老舗クラブ「LUSH」の最上階にあるDJ MITSUが経営する「SIGMA SOUNDS STUDIO」で活動していた。
  • 2003年2月19日 - 『nobody knows3』をリリースし、メジャーデビューを果たす。
  • 2003年6月1日 - メジャーとの契約上、「わかば塾」への曲の提供が難しくなったため、ヤス一番?、HIDDEN FISH、ノリ・ダ・ファンキーシビレサスの3人を加えた6人になり、ユニット名を「nobodyknows+」に改称する。
  • 2003年8月27日 - 「nobodyknows+」として初めてのシングル「以来絶頂」をリリース。
  • 2003年11月3日 - FMフェスティバル03の愛知代表に選ばれる。
  • 2003年11月19日 - ミニアルバムとして『ススミダス→』をリリース。
  • 2004年2月25日 - シングル「ポロン2」リリース。
  • 2004年5月9日 - 「Sony Music Fes.2004」に出演。
  • 2004年5月26日 - シングル「ココロオドル」リリース。
  • 2004年6月3日 - ファーストアルバム『Do You Know?』リリース。50万枚の大ヒットを記録し、nobodyknows+が全国区のアーティストとなった事を象徴するようだった。
  • 2004年12月31日 - NHK紅白歌合戦初出場。
  • 2005年1月13日 - 「シアワセナラテヲタタコウ/T.R.U.E」をリリース。
  • 2005年4月27日 - 「メバエ」をリリース。
  • 2005年7月6日 - 「エル・ミラドール~展望台の唄~」をリリース。
  • 2005年10月19日 - 「どうよ?」をリリース。TVCMでは同名のお笑い芸人「どーよ」を起用する。
  • 2007年3月24日 - アメリカ・ロサンゼルスにてTokyo Night2007にメインアーティストとして出演。
  • 2007年4月1日 - 公式サイトにてg-tonの脱退を発表。
  • 2007年4月25日 - 「Hero's Come Back!!」をリリース。
  • 2007年8月22日 - サードアルバム『vulgarhythm』をリリース。
  • 2008年4月9日 - 「アンダーレイン」をリリース。
  • 2008年7月30日 -「Villain's Pain (Hero's Come Back!!~Other Side~)/イマイケサンバ」をリリース。
  • 2009年2月11日 - 「Falllin'」をリリース。
  • 2009年3月11日 - 初のベストアルバム『best of nobody knows+』をリリース。
  • 2010年 - DJ MITSUが設立したレーベル、ドルタックスレコーズが復活。ソニーとの契約を解除し、同レーベルへ移籍。
  • 2010年6月24日 - 中日ドラゴンズチア・ドラゴンズ公式テーマソング「Winds of Wins」を限定流通シングルとしてリリース。この年から、4年連続で同球団チア・ドラゴンズにテーマソングを提供している。
  • 2013年9月25日 - 約6年ぶりにオリジナルアルバム『nobodyknows+ is dead?』をリリース[1]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2003年08月27日 以来絶頂 AICL-1558:CCCD
AICL-1678:CD
  1. intro
  2. 以来絶頂
  3. 太陽と少年 featuring ダンカン
  4. Theme from nobody knows pt.5~ヨロメキ~
オリコン圏外
2nd 2004年02月25日 ポロン2 AICL-1511:CCCD
AICL-1684:CD
  1. ポロン2
  2. さくら Spring Field version(CRYSTAL BOYのソロ)
  3. ポロン2 -instrumental-
  4. さくら Spring Field version-instrumental-
オリコン最高25位、登場回数21回
3rd 2004年05月26日 ココロオドル AICL-1539:初回生産限定盤
AICL-1689:CD
AICL-1541:通常盤
オリコン最高5位、登場回数46回
4th 2005年01月13日 シアワセナラテヲタタコウ/T.R.U.E. AICL-1601:CD
AIJL-5243:LP
オリコン最高3位、登場回数10回
5th 2005年04月27日 メバエ AIBL-9110:CD オリコン最高9位、登場回数7回
6th 2005年07月06日 エル・ミラドール〜展望台の唄〜 AICL-1627:CD
AIJL-5261:LP
オリコン最高6位、登場回数13回
7th 2005年10月19日 どうよ? AICL-1657 オリコン最高10位、登場回数5回
8th 2007年04月25日 Hero's Come Back!! AICL-1822:初回生産限定盤
AICL-1824:通常盤
オリコン最高17位、登場回数9回
9th 2008年04月09日 アンダーレイン feat.プリメラ AICL-1910
  1. アンダーレイン feat.プリメラ
  2. きになるき
  3. 好きだぜ、マリー。 -春version-
  4. アンダーレイン feat.プリメラ -instrumental-
オリコン最高41位
10th 2008年07月30日 Villain's Pain (Hero's Come Back!!~Other Side~)/イマイケサンバ AICL-1947
  1. Intro
  2. Villain's Pain (Hero's Come Back!!~Other Side~)
  3. interlude
  4. イマイケサンバ
  5. Villain's Pain (Hero's Come Back!!~Other Side~) -instrumental-
  6. イマイケサンバ -instrumental-
オリコン最高72位
11th 2009年02月11日 Fallin' feat.シゲルBROWN AICL-1990
  1. Fallin' feat.シゲルBROWN
  2. フォーリンLive at 今池オープンハウス in 1988) /シゲルBROWN&The Spice Stars
  3. Fallin' feat.シゲルBROWN -instrumental-
オリコン最高129位
12th 2010年6月24日 Winds of Wins TNK-019
  1. Winds of Wins
  2. 1-9(theme from No.41)
  3. Winds of Wins [Inst]
  4. 1-9(theme from No.41) [Inst]
限定流通
13th 2011年4月12日 Fly High TNK-022
  1. Fly High
  2. FOREVER
  3. Fly High [Inst]
  4. FOREVER [Inst]
限定流通
14th 2011年8月31日 HOLD MY HAND
  1. HOLD MY HAND
    HOME MADE 家族SEAMOとのコラボチャリティーシングル
限定流通
15th 2012年6月8日 Join Us TNK-027
  1. Join Us
  2. MUST BE TRUE
  3. Join Us [Inst]
  4. MUST BE TRUE [Inst]
限定流通
16th 2013年3月29日 Let's Dance TNK-028
  1. Let's Dance
  2. Join Us (Remix) feat.SEAMO、KOOKAINAL、SAMON、with Yonesaki Junior High School
  3. Let's Dance (inst)
  4. Join Us (Remix inst)
限定流通
17th 2013年7月10日 愛のテーマ feat.中村耕一
  1. 愛のテーマ feat.中村耕一
配信

ミニアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2000年 nobody knows
  1. Theme from nobodyknows pt.1
  2. 正義と微笑
  3. Understan'?
  4. さくら
「nobody knows」名義(自主制作)
2nd 2001年04月28日 nobody knows2 TNK-010
  1. Theme from nobodyknows pt.2
  2. 続・スピーカーから
  3. 二十一世紀旗手 feat シーモネーター、ガリガリ亡者、ヤス一番?
「nobody knows」名義(自主制作)
3rd 2002年08月10日 おまえは平田だろ? TNK-17
  1. intro
  2. Nunber One
  3. エル・サムライ
  4. Real Man
  5. ...!(Bounus Track)
「わかば塾」名義
4th 2003年02月19日 nobody knows3 AICL-1401:CCCD
AICL-1669:CD
  1. 二十一世紀旗手(Reprise)
  2. 家々~撰ばれてあることの恍惚と不安とふたつ我にあり~
  3. Theme from nobody knows pt.4
  4. NEXT BATTER'S CIRCLE
  5. センチメンタル バス
「nobody knows」名義
オリコン最高176位
5th 2003年11月19日 ススミダス→ AICL-1425:CCCD
AICL-1678:CD
  1. ススミダス→(PlayStation 2用ソフト「みんなのGOLF4」‘次のコースへ篇’CMソング)
  2. innocent word
  3. Rash feat.coba
  4. Theme from nobodyknows+ pt.6
  5. 狗尾草~coba_strumental~
オリコン最高69位、登場回数27回

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2004年06月30日
2004年07月07日
2005年07月27日
Do You Know? AICL-1548:CCCD
:LP
AICL-1638:CD
オリコン最高1位、登場回数46回
2nd 2005年11月02日
2005年11月11日
5MC&1DJ AICL-1665:CD
SYUM-0302:LP
オリコン最高8位、登場回数11回
3rd 2007年08月22日
2007年09月26日
vulgarhythm AICL-1853:CD
AIJL-5309:LP
オリコン最高32位、登場回数4回
Best 2009年03月11日 best of nobodyknows+ AICL-1997:初回生産限定盤
AICL-1999:通常盤
オリコン最高48位、登場回数2回
4th 2013年09月25日 nobodyknows+ is dead? TNK-029 オリコン最高197位、登場回数1回

映像作品[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2004年07月07日 出張ネバーランド@名古屋 AIBL-9094:DVD オリコン最高37位、登場回数7回
2nd 2005年04月27日 Do You Know? tour 2004 AIBL-9109:DVD オリコン最高73位
3rd 2006年11月22日 nobodyknows+ tour 2006 "5MC & 1DJ" 〜くりぼうの面食い道中膝栗毛〜 AIXL-3:BD
AIBL-9148:DVD
オリコン最高140位

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲
2004年07月28日 i-dep「MEETING POINT」 AZT-001 9.amore feat.g-ton from nobodyknows+(special bonus track)
2004年09月29日 DJ KAORI'S "RIDE" into the PARTY VICP-62823 8.ポロン2
2004年12月01日 SD ガンダムフォース オリジナル・サウンドトラック+ SRCL-5849 45.ココロオドル -SD GUNDAMFORCE EDIT-
2005年01月26日 カンフーハッスル SICP-685 32.シアワセナラテヲタタコウ([ボーナス・トラック]日本版テーマソング)
2005年06月22日 Kaleidoscopio「テン・キ・ヴァレール」 PTCG-3005 13.Tem Que Valer (g-ton from nobodyknows+ & i-dep rmx)/テン・キ・ヴァレール (g-ton from nobodyknows+ & i-dep rmx)
2006年01月25日 HIT STYLE MHCL-777 DISC2-2.ココロオドル
2008年02月20日 シュウカツ!! MHCL-1288 7.ココロオドル
2008年03月12日 sakura songs 2 UPCH-1591 9.さくら (Spring Field Version)
2008年07月09日 スプラッシュ!! MHCL-1360 3.ココロオドル
2008年07月23日 NARUTO SUPER HITS 2006-2008 SVWC-7561 6.Hero's Come Back!!
2010年06月30日 SUMMER SUNSHINE MHCL-1776 12.ココロオドル
2012年10月31日 パーティーのうた MHCL-2169 3.ココロオドル

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
ウスイヒロシ(ウスイ☆ヒロシ) 「Hero's Come Back!!」「SUMMER」「T.R.U.E.」「アンダーレイン feat.プリメラ」「イマイケサンバ」「エル・ミラドール〜展望台の唄」「シアワセナラテヲタタコウ (カンフーハッスル Ver.)」「メバエ」
先田友康 「ススミダス→」「ポロン2
桜井舞子 「さくら(CRYSTAL BOY feat.ヤス一番?)」
竹内鉄郎 「どうよ?」「好きだぜ、マリー。」
P.M.KEN + カイガタカシ 「以来絶頂」
福居英晃 「Fallin'」
若野桂 「ココロオドル」
不明 「家々〜撰ばれてあることの恍惚と不安とふたつ我にあり〜」

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

  • 2005年 - nobodyknows+ tour 2005 spring "シアワセナラテヲタタコウ"
  • 2006年 - nobodyknows+ tour 2006 "5MC&1DJ"~くりぼうの面食い道中膝栗毛~
  • 2012年 - 出張ネバーランド2012~大忘年会スペシャル~
  • 2013年 - 出張ネバーランド2013~大忘年会スペシャル~
  • 2014年 - 出張ネバーランド2014~大忘年会スペシャル!!!~【番外編】

出演イベント[編集]

  • 2004年05月13日 - REQUESTAGE 2
  • 2005年07月10日 - AIR-G'NORTH WAVE&WESS PRESENTS FM.W05
  • 2005年07月24日 - FM802 MEET THE WORLD BEAT 2005
  • 2005年09月03日 - 音楽と髭達 2005
  • 2009年02月05日 - DIENOJI ROCK FESTIVAL DAY
  • 2009年07月26日 - TOKAI SUMMIT'09
  • 2010年07月24日 - TOKAI SUMMIT'10
  • 2011年05月22日 - 届けよう!東海から元気を!!Vol.1 ~東日本大震災復興応援チャリティーイベント~
  • 2011年07月03日 - ET-KING presents 2マン・ライブ・ツアー2011
  • 2011年07月23日 - TOKAI SUMMIT'11
  • 2012年03月18日 - HAPPY JACK 2012
  • 2012年05月04日 - 届けよう!東海から元気を!!Vol.2 ~東日本大震災復興応援チャリティーイベント~
  • 2012年07月28日 - TOKAI SUMMIT'12
  • 2013年03月16日 - HAPPY JACK 2013
  • 2013年05月11日 - 届けよう!東海から元気を!!Vol.3 ~東日本大震災復興応援チャリティーイベント~
  • 2013年07月20日 - TOKAI SUMMIT'13
  • 2013年11月02日 - 地域感謝コンサート
  • 2013年11月23日 - HOME MADE 家族 10th Anniversary Family Jam 2013 ~スペシャル・コラボレーション・ツアー~
  • 2013年12月31日 - LAGUNA NewYear's COUNTDOWN 2014
  • 2013年03月09日 - 届けよう!東海から元気を!!Vol.4 ~東日本大震災復興応援チャリティーイベント~
  • 2014年03月15日 - HAPPY JACK 2014
  • 2014年05月18日 - NAGOYA KAWAii!!
  • 2014年06月27日 - Hanabi Fest@ロシア・ノボシビルスク(~06月28日)
  • 2014年07月26日 - TOKAI SUMMIT'14
  • 2014年09月27日 - FILTER88 12th anniversary
  • 2014年10月18日 - 第60回名古屋まつり『Nagoya Festival Super Live!!』
  • 2014年11月03日 - でら☆フェス2014
  • 2014年12月31日 - ZIP-FM COUNTDOWN FESTIVAL from LAGUNA TENBOCH
  • 2015年03月01日 - Sound I Land vol.43
  • 2015年03月14日 - HAPPY JACK 2015
  • 2015年03月15日 - 届けよう!東海から元気を!!Vol.5 ~東日本大震災復興応援チャリティーイベント~
  • 2015年03月22日 - MEGAHORN EVENT TOUR「SPRING UP!!!」
  • 2015年05月03日 - ~オドリダス木霊~KURAGARI SOUND FES 2015

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ nobodyknows+は死んだ?6年ぶりオリジナルアルバム”. ナタリー (2013年9月24日). 2013年9月24日閲覧。

外部リンク[編集]