大藤敏行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大藤 敏行
享栄高等学校 監督
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県常滑市
生年月日 (1962-04-13) 1962年4月13日(57歳)
選手情報
ポジション 三塁手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 中京高等学校
    中京大学附属中京高等学校
  • 享栄高等学校

大藤 敏行(おおふじ としゆき、1962年4月13日 [1] - )は、日本の高校野球指導者。愛知県常滑市出身[2]。前中京大学附属中京高等学校監督で現在は享栄高等学校の野球部顧問を経て同校監督。

経歴[編集]

中京高校時代は2年生の時に第61回全国高校野球選手権大会に三塁手として出場し、3回戦まで進出。3回戦は徳島県池田高校に敗れたが、この次の試合として行われたのが後に有名となる箕島対星稜延長18回の試合だった。

卒業後は中京大学へ進学。愛知大学リーグ戦通算83試合出場、253打数71安打、打率.281、2本塁打、29打点。ベストナイン2度受賞。卒業後は静清工業高校のコーチを5年間務め、 1990年8月から母校の中京高校監督に28歳で就任[3]

1997年第69回選抜高校野球大会に監督として初めて甲子園に出場し、決勝まで進出して準優勝。校名が中京大中京高校に変わって初の甲子園でもあった。2000年には第82回全国高校野球選手権大会で選手時代以来の夏の甲子園へ出場した。

2009年第91回全国高校野球選手権大会で決勝まで進出し、新潟県日本文理高校を10-9で破り、同校の43年ぶり7度目となる優勝へ導いた。

2010年愛知県大会前の6月18日に同年限りでの監督勇退を発表された[3]第92回全国高校野球選手権大会2回戦の早稲田実業学校戦(8月14日)が監督最後の試合となった。甲子園出場は夏4回、春5回の出場だった。

勇退後は中京大中京高校顧問の傍ら、朝日放送高校野球中継に解説者として出演していた。2017年9月20日に2000年のセンバツを最後に甲子園から遠ざかっている亨栄の野球部顧問に2018年4月から就任することが発表された。同年4月22日には同校監督・柴垣旭延の後任として同年秋から監督へ就任することが発表された。享栄の監督をOB以外が務めるのは自身が初めてである。

主な教え子[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]