安田尚憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安田 尚憲
千葉ロッテマリーンズ #5
千葉ロッテマリーンズ安田尚憲選手.jpg
2018年4月14日 ロッテ浦和球場にて。
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府吹田市
生年月日 (1999-04-15) 1999年4月15日(23歳)
身長
体重
188 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 三塁手一塁手
プロ入り 2017年 ドラフト1位
初出場 2018年8月10日
年俸 3000万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

安田 尚憲(やすだ ひさのり、1999年4月15日 - )は、大阪府吹田市出身[2]プロ野球選手内野手)。右投左打。千葉ロッテマリーンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

6歳の時に兄・亮太の影響で野球を始める。吹田市立豊津第一小学校時代は軟式チームの豊津東少年野球団に所属。6年生時には阪神タイガースジュニアに選出された。吹田市立豊津中学校に進学すると、赤星憲広がオーナーの硬式野球チーム・レッドスターベースボールクラブへ入団[2]。高校は履正社高等学校へ進学。

履正社高校では、1年秋から「5番・サード」に座り主軸に定着した。2年春に4番に座ると同年夏には大阪予選大会で25打数13安打2本塁打15打点の成績を残し甲子園大会出場に貢献。甲子園では12打数で4安打を放つもチームは3回戦で敗退した。いわて国体では広島新庄との決勝戦でホームランを放つなど、優勝に貢献する[3]寺島成輝ら最上級生が抜けた新チームでは新たに「3番・サード」に座り、秋季大会では50打数21安打4本塁打22打点と好成績を残し近畿大会で優勝、国体後の明治神宮大会でも優勝を果たした[4]。3年春の選抜大会では17打数7安打で準優勝。報徳学園との準決勝第一打席にて甲子園初本塁打を記録した[5]。夏の大阪府予選では大阪桐蔭との準決勝で敗れ、甲子園出場はならなかった[6]が、19打数12安打3本塁打13打点、出塁率.759、長打率1.316、OPS2.075と驚異的な成績を残した。第28回U-18W杯の代表メンバーに選出される[7]。全9試合に3番でスタメン出場し、34打数11安打5打点の成績を残した。スーパーラウンドのオーストラリア戦では、延長11回裏にサヨナラ安打を打っている。高校通算65本塁打[8]。高校時代は同学年の清宮幸太郎と比較されることが多く[9]、「東の清宮、西の安田」と並び称された[10]

2017年プロ野球ドラフト会議にて、福岡ソフトバンクホークス千葉ロッテマリーンズ阪神タイガースより1巡目再指名を受け、抽選の結果、ロッテが安田の交渉権を獲得した[11]。契約金1億円、年俸1,240万円(推定)で仮契約した[12]。背番号は5[13]

ロッテ時代[編集]

2018年は、春季キャンプ[注 1]から高い評価を得て、オープン戦序盤は一軍に帯同したが3月17日にから二軍に降格し[14]、開幕を二軍で迎える。3月23日のイースタン・リーグ東京ヤクルトスワローズ戦で大下佑馬から公式戦初本塁打を打った[15]。7月12日のフレッシュオールスターゲームはるか夢球場)では5番で出場したが、無安打に終わった[16]。7月は二軍で打率.354、16打点を記録し、ファーム月間MVPを受賞する[17]など結果を残し、8月10日に初の一軍昇格。同日のオリックス・バファローズ戦(京セラドーム大阪)で「7番・指名打者」で先発出場し、一軍デビューを果たした[18]。同12日の同カードで、9回表二死満塁から一時同点となる2点適時打を打ち、プロ初安打・初打点を記録[19]。「6番・三塁手」として先発出場し、初めて指名打者以外での出場となった、9月24日のオリックス戦(京セラドーム)では、プロ初の二塁打を含む2安打4打点の活躍を見せた。高卒新人が1試合で4打点以上を挙げたのは、2006年3月29日の炭谷銀仁朗西武ライオンズ)以来、球団では1956年9月30日の須藤豊以来、62年ぶりとなった[20]。10月2日の福岡ソフトバンクホークス戦(福岡ヤフオク!ドーム)では、東浜巨から、出場13試合目、45打席目でプロ初本塁打を打った[21]。ロッテの高卒新人が本塁打を打ったのは、1990年の林博康以来、28年ぶり、8人目であり[21]、千葉移転後は初。また、この年は同じく高卒新人であるヤクルトの村上宗隆と、日本ハムの清宮幸太郎も本塁打を放っており、3人の高卒新人が本塁打を放ったのは、1967年以来51年ぶりとなった[21]。10月6日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦(楽天生命パーク宮城)で通算60打席目に立ったあと、翌年以降の新人王資格を残すために出場選手登録を抹消され[22]、打率.151、1本塁打、7打点でルーキーイヤーを終えた。第2回U-23ワールドカップでは打率・393、1本塁打、8打点と活躍しMVPと一塁のベストナインに選出された[23]

2019年は、シーズンを通して二軍で過ごし、19本塁打、82打点で最多本塁打、最多打点を受賞[注 2]。ファーム二冠王となったが、一軍での出場はなかった[24]。 オフに岡大海山本大貴とともにプエルトリコ・ウィンターリーグクリオージョス・デ・カグアスに約1か月派遣された[25]

2020年は、初の開幕一軍入りを果たす[26]。7月7日の埼玉西武ライオンズ戦(ZOZOマリンスタジアム)では、本拠地では初の本塁打となる1号本塁打を打った[27]が、その後も打率は1割台と低迷[28]していた。しかしブランドン・レアードの不振もあり、7月21日の西武戦(メットライフドーム)で井口資仁監督が「チャンスにしっかりとしたバッティングをしている」とプロ初の4番に抜擢[29]。この試合でマルチ安打を打つ[29]と、以降、86試合連続で4番の座に座り続け[30]、7月31日の楽天戦(ZOZOマリン)では則本昂大からプロ初の猛打賞を記録[31]。9月29日の北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)では、上沢直之からプロ初の三塁打を打った[32]。井口監督は「よほど(不調)じゃない限り替えるつもりじゃない」と話していたが、直近5試合で20打数2安打、9三振と不振に陥っていた10月31日の楽天戦(ZOZOマリン)で、87試合ぶりに4番を外れ[30]、以降は主に7番や9番として出場した。最終的に113試合に出場し、打率.221、6本塁打、54打点の成績を残した。クライマックスシリーズでは、第1戦で千賀滉大から自身ポストシーズン初本塁打となる、先制の2点本塁打を放ち[33]、第2戦では、初回に先制打を打つなど猛打賞の活躍を見せた[34]が、共にチームは敗戦し、シーズンを終えた。21歳6か月でのクライマックスシリーズの本塁打は平田良介(2008年、20歳7か月)に次いで2番目に年少。パリーグでは最年少となった[35]。また、21歳6か月でのクライマックスシリーズの猛打賞は藤原恭大(2020年、20歳6か月)、西岡剛(2005年、21歳2か月)に次いで、3番目に年少となった[36]。12月10日、年俸2,200万円(前年から900万円増)で契約更改した[37]

2021年は、3月26日のソフトバンクとの開幕戦(福岡PayPayドーム)に「4番・三塁手」で出場。なお、21歳11か月での開幕4番は、1970年の有藤通世(23歳3か月)の記録を上回り球団史上最年少となった[38][39]。開幕直後の3月は5試合で打率.059と不振だったが[39]、4月は得点圏打率が3割を超え[40]月間28打点を記録し、一時は打点王に立った[41]。5月14日には39試合164打席目で早くも自己最多であった前年に並ぶ6号本塁打を打った[42]。その後も開幕から48試合連続で4番に座り、33打点を挙げていたが、打率は.216と低迷し、5月27日にシーズンで初めてスタメンから外れた[43]

2022年

選手としての特徴[編集]

ライナー性の打球が多く、センターから左方向へは伸びる打球を打つ。スイングスピードが速く、ボールを体の近くまで呼び込んで打つことができるのが長所[44]

目標とする選手として、松井秀喜の名前を挙げている[6]

2020年6月より、チームメイトのレオネス・マーティンからアドバイスなどをもらい、打撃フォームをオープンスタンスからスクエアスタンスへ変更した[45]

人物[編集]

愛称は「ヤス[46]

兄の安田亮太は三菱重工East硬式野球部(チーム再編前は三菱重工名古屋硬式野球部)に所属する社会人野球選手(捕手)で、2018年の第44回社会人野球日本選手権大会の優勝メンバーである[47][48]

父の安田功は陸上競技指導者(大阪薫英女学院高等学校監督)[49]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2018 ロッテ 17 60 53 3 8 3 0 1 14 7 0 0 0 0 7 0 0 20 0 .151 .250 .264 .514
2020 113 460 393 32 87 19 1 6 126 54 2 1 0 4 62 1 1 106 10 .221 .326 .321 .647
2021 115 399 351 27 85 16 1 8 127 55 0 0 0 4 43 0 1 82 5 .242 .323 .362 .685
通算:3年 245 919 797 62 180 38 2 15 267 116 2 1 0 8 112 1 2 208 15 .226 .320 .335 .655
  • 2021年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁 三塁
























2018 ロッテ 1 4 0 1 0 .800 6 2 6 0 0 1.000
2020 5 17 1 0 0 1.000 97 68 136 5 13 .976
2021 2 2 0 0 0 1.000 92 53 113 8 7 .954
通算 8 23 1 1 0 .960 195 123 255 13 20 .967
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 5(2018年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

出演[編集]

配信[編集]

  • プロ野球×将棋特番・プロ野球最強将棋王決定戦(2020年12月20日、ニコニコ生放送)※YouTubeでは2021年2月に2回に分けて配信[50]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ この年の石垣島キャンプは一軍、二軍合同。
  2. ^ タイトルは設定されていないが、リーグトップの116安打を記録した。

出典[編集]

  1. ^ ロッテ - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2021年12月11日閲覧。
  2. ^ a b 安田 尚憲|侍ジャパン選手プロフィール 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト2018年1月17日閲覧
  3. ^ 履正社が打ち勝ち初優勝/岩手国体高校野球詳細 日刊スポーツ 2016年10月5日
  4. ^ 【明治神宮大会】西のスラッガーに軍配 履正社・安田「実力は清宮が上」も「勝ったのは履正社」 Full-Count 2017年11月15日
  5. ^ 履正社 対 報徳学園 - 第89回選抜高校野球(2017) 日刊スポーツ 2017年3月30日
  6. ^ a b ドラフトもう1人の逸材、安田尚憲は「松井秀喜さんを目指したい」 web Sportiva 2017年10月26日
  7. ^ 日本代表に清宮、安田ら=U18W杯メンバー20人-高校野球 時事.com 2017年8月20日
  8. ^ 清宮に負けじ!安田、2戦連発高校通算65号に笑顔「よかった」/U-18 SANSPO.COM 2017年8月27日
  9. ^ 西のライバル、履正社・安田尚憲が語る「センバツと清宮幸太郎」 web Sportiva 2017年1月30日
  10. ^ 東の清宮、西の安田だけではない 来春選抜注目の東西1年生好打者は? Full-Count 2016年12月10日
  11. ^ ドラフト会議(4)「外れ1位」は安田、村上に3球団 ロッテとヤクルトが交渉権獲得 産経ニュース 2017年10月26日
  12. ^ ドラ1安田がロッテと好条件で仮契約「千葉ロッテを背負う選手になりたい」 Full-Count 2017年11月25日
  13. ^ ロッテ1位安田に背番5、西岡以来の高卒野手1ケタ 日刊スポーツ 2017年12月5日
  14. ^ ロッテ安田2軍 監督「下でずっと試合に出た方が」日刊スポーツ 2018年3月16日掲載
  15. ^ ロッテ1位安田2軍でプロ1号「積み重ねが1軍へ」日刊スポーツ2018年3月23日
  16. ^ ロッテ安田「実力がまだまだ」フレッシュ球宴無安打日刊スポーツ 2018年7月12日掲載
  17. ^ ロッテ安田、阪神板山がファーム月間MVP日刊スポーツ 2018年8月10日
  18. ^ ロッテ安田尚憲3の0デビュー悔し「つぶした」日刊スポーツ 2018年8月10日掲載
  19. ^ ロッテ安田2死満塁でプロ初安打 土壇場で大器片鱗”. 日刊スポーツ (2018年8月13日). 2020年11月28日閲覧。
  20. ^ ロッテ安田が4打点「家族、友達の前で良かった」”. 日刊スポーツ (2018年9月25日). 2020年11月28日閲覧。
  21. ^ a b c ロッテ安田1号、清宮村上続く高卒3人目51年ぶり”. 日刊スポーツ (2018年10月3日). 2020年11月28日閲覧。
  22. ^ 【千葉魂】4番安田、則本昂から猛打賞 井口監督の期待に応えた成長”. 千葉日報 (2020年8月4日). 2020年11月28日閲覧。
  23. ^ ロッテ安田MVPにも連覇逃し笑顔なし 東京五輪へ決意新た「目指すべきところ」”. Full-Count (2018年10月29日). 2020年11月28日閲覧。
  24. ^ ロッテ安田2軍で“3冠王”も「悔しいシーズン」”. 日刊スポーツ (2019年9月29日). 2020年11月28日閲覧。
  25. ^ 岡選手・山本投手・安田選手 プエルトリコのウィンターリーグ派遣のお知らせ”. 千葉ロッテマリーンズ (2019年10月25日). 2020年1月28日閲覧。
  26. ^ ロッテ安田、初の開幕1軍に「興奮もしています」”. 日刊スポーツ (2020年6月17日). 2020年11月28日閲覧。
  27. ^ 井口監督「まだまだ0割台」本塁打安田の今後に期待”. 日刊スポーツ (2020年7月7日). 2020年11月28日閲覧。
  28. ^ 上位打線猛威のロッテが下位にも連打、あとは中軸”. 日刊スポーツ (2020年7月17日). 2020年11月28日閲覧。
  29. ^ a b ロッテ安田初4番にも平常心、適時打含むマルチ安打”. 日刊スポーツ (2020年7月21日). 2020年11月28日閲覧。
  30. ^ a b ロッテ安田87試合ぶり4番外れる直近5試合9三振”. 日刊スポーツ (2020年10月31日). 2020年11月28日閲覧。
  31. ^ ロッテ安田がプロ初3安打 楽天則本昂大にリベンジ”. 日刊スポーツ (2020年7月31日). 2020年11月28日閲覧。
  32. ^ ロッテ初回23分猛攻で連勝、安田対策通りの三塁打”. 日刊スポーツ (2020年9月29日). 2020年11月28日閲覧。
  33. ^ ロッテ安田、試行錯誤のフォーム変更がCS初弾生む”. 日刊スポーツ (2020年11月14日). 2020年11月28日閲覧。
  34. ^ ロッテ安田が猛打賞 チーム敗退も4番の役割果たす”. 日刊スポーツ (2020年11月15日). 2020年11月28日閲覧。
  35. ^ “ロッテ安田がパ最年少CS弾 今江の球団記録も更新”. 日刊スポーツ. (2020年11月15日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011140001135.html 2020年11月15日閲覧。 
  36. ^ “ロッテ藤原、高校先輩の西岡上回るCS最年少猛打賞”. 日刊スポーツ. (2020年11月16日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011150000843.html 2020年11月28日閲覧。 
  37. ^ ロッテ安田は900万円増 プロ野球契約更改:時事ドットコム
  38. ^ “21歳ロッテ安田が開幕4番 51年ぶり球団史上最年少”. 日刊スポーツ. (2021年3月24日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202103240001243.html 2021年8月5日閲覧。 
  39. ^ a b “ロッテ4番安田が確変、2日間で9打点の「荒稼ぎ」”. 日刊スポーツ. (2021年4月2日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202104020001406.html 2021年8月5日閲覧。 
  40. ^ “ロッテ安田尚憲が適時打含むマルチ「迷惑を掛けたので」先発復帰で意地”. 日刊スポーツ. (2021年5月30日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202105300001047.html 2021年8月5日閲覧。 
  41. ^ ロッテ・安田尚憲が目指す球団26年ぶり打点王、千葉移転後初の生え抜き100打点”. SPAIA (2021年5月9日). 2021年8月5日閲覧。
  42. ^ “ロッテ安田はや昨季並んだ6号2ラン、自己最多タイ「たまたまホームラン」”. 日刊スポーツ. (2021年5月14日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202105140001149.html 2021年8月5日閲覧。 
  43. ^ “ロッテ安田尚憲、今季初スタメン外 三塁藤岡裕大、遊撃エチェバリア”. 日刊スポーツ. (2021年5月27日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202105270000745.html 2021年8月5日閲覧。 
  44. ^ 安田尚憲こそこのドラフトの盲点だ。清宮よりも基本に忠実なことが宝。 Number Web 2017年10月24日
  45. ^ 大抜擢! 新4番・ロッテ安田尚憲の本音「まだまだ『4番を打たせてもらっている』というか… Number Web 2020年9月26日
  46. ^ 5 安田 尚憲 選手名鑑2021|千葉ロッテマリーンズ” (日本語). 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト. 2021年8月25日閲覧。
  47. ^ “大谷翔平の兄・龍太も社会人野球選手、ロッテ・安田の兄もあの名門野球部に…”. リアルライブ. (2019年7月2日). https://npn.co.jp/article/detail/54488017/ 2019年7月2日閲覧。 
  48. ^ “【週刊グランドスラム32】11年目のシーズンに臨むベテラン捕手・安田亮太(三菱重工名古屋)の熱い思い”. スポーツナビ. (2020年2月28日). https://sports.yahoo.co.jp/official/detail/202002270017-spnaviow 2020年10月9日閲覧。 
  49. ^ 【大阪国際女子マラソン】1位松田、2位前田の母校恩師が明かす秘話 ロッテ・ドラ1の安田尚憲の父、安田功監督「タイプが全然違う」” (日本語). 産経WEST (2018年1月30日). 2020年8月7日閲覧。
  50. ^ 中日・平田、球界の将棋王初代“球王”に就位!巨人・丸との決勝戦棋譜公開”. スポニチアネックス (2020年12月23日). 2021年3月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]