長井良太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長井 良太
広島東洋カープ #65
Nagai Ryota(Hiroshima Toyo Carp).jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県神戸市長田区
生年月日 (1999-01-15) 1999年1月15日(19歳)
身長
体重
181 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト6位
初出場 2018年5月4日
年俸 450万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

長井 良太(ながい りょうた、1999年1月15日 - )は、兵庫県神戸市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。広島東洋カープ所属。

経歴[編集]

長田中学校では軟式野球部で捕手としてプレーし、チームとは別に元プロ野球選手が指導する野球塾にも通い硬式球に触れた。中学3年の秋に野球塾に視察に訪れた茨城・つくば秀英高の森田健文監督に投手としての適性を見出され、兵庫から茨城へ野球留学した[2]

つくば秀英高入学後に投手に転向し、1年秋からベンチ入り、2年秋からエース[3]。3年夏の茨城県大会では初戦の古河二高相手に最速146kmをマーク、4回1安打無失点で5奪三振。しかし2回戦では常磐大高相手に13奪三振を記録したものの2-2で延長突入直後に味方の失策で決勝点を奪われ10回4失点で敗退。

2016年のドラフト会議で広島から6位指名を受け、契約金2500万円、年俸450万円で入団。対戦したい選手として、高校の4年先輩で阪神ドラフト1位の白鴎大・大山悠輔を挙げた[4]

プロ入り後[編集]

2017年は公式戦登板はなく、二軍ウエスタン・リーグで15試合に登板した[5]

2018年5月4日、東京ヤクルトスワローズ戦での救援登板が公式戦初登板となり、3分の1回を無安打無失点に抑えた[6]

選手としての特徴・人物[編集]

最速154km/h[7]のストレートに、スライダー、フォーク、カーブを混ぜる[8]

フォームは巨人菅野智之の左足の上げ方を取り入れた他、元日本ハム大谷翔平を参考にストレートに強い縦回転を加えたという[9]。またドラフト後の指名挨拶時、担当の広島尾形スカウトが「マエケンにしぐさが似ている部分があります」と語った際、長井本人も「タテの変化など、お手本にしていました。」と明かした[10]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2018 広島 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 19 3.1 4 1 5 0 0 0 1 0 5 5 13.50 2.70
通算:1年 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 19 3.1 4 1 5 0 0 0 1 0 5 5 13.50 2.70
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2018 広島 4 0 0 0 0 ----
通算 4 0 0 0 0 ----
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 65(2017年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]