八木彬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
八木 彬
千葉ロッテマリーンズ #33
Akira Yagi Chiba Lotte Marines 20220515.jpg
千葉ロッテマリーンズでの八木
(2022年5月15日、京セラドーム大阪にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県和歌山市
生年月日 (1997-05-26) 1997年5月26日(25歳)
身長
体重
180 cm
94 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2021年 ドラフト5位
初出場 2022年5月15日
年俸 960万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

八木 彬(やぎ あきら、1997年5月26日 - )は、和歌山県和歌山市出身[2]プロ野球選手投手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。

経歴[編集]

中学時代は、和歌山ボーイズでプレー[3]

高校時代は、青森県の八戸学院光星高校に進学。同期には呉屋開斗がいた[4]

大学時代は、東北福祉大学に進学。1年次から登板機会を得たものの、4年次は怪我の影響のためリーグ戦での登板はなかった[5]

東北福祉大学卒業後は、三菱重工名古屋に入部。1年目から公式戦で登板機会を得る。同年で野球部が統合したため、三菱重工Westに移籍。同い年の森翔平の2枚看板でチームを引っ張った。

2021年10月11日に行われたプロ野球ドラフト会議において、千葉ロッテマリーンズから5位指名を受け[6]、12月7日に契約金4000万円、年俸960万円で入団に合意した(金額は推定)[1]。背番号は33[7]。森翔平も広島東洋カープから2位指名され入団した[8][9]

2022年(1年目)は、キャンプ・オープン戦で一軍帯同したが、開幕は二軍スタートとなる。5月15日に一軍昇格すると、同日のオリックス・バファローズ戦でプロ初登板を果たす[10]

選手としての特徴・人物[編集]

最速152km/hの直球を持ち、フォークも武器とする[11][8]

詳細情報[編集]

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 33(2022年 - )

登場曲[編集]

  • 「It's My Life」Bon Jovi(2022年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b ロッテ5位八木彬が契約 都市対抗で151キロ計時「威力ある直球」が武器”. 日刊スポーツ (2021年12月7日). 2022年1月28日閲覧。
  2. ^ 2022年1月10日 - アナウンサーズルーム”. テレビ和歌山 (2022年1月10日). 2022年1月28日閲覧。
  3. ^ 和歌山ボーイズ”. 和歌山ボーイズ. 2022年7月10日閲覧。
  4. ^ 八木 彬 (八戸学院光星)” (日本語). 高校野球ドットコム. 2022年7月10日閲覧。
  5. ^ 三菱重工Westが誇るドラフト候補 本格派左腕・森翔平と150キロ右腕・八木彬 | BASEBALL KING” (日本語). BASEBALL KING. 2022年7月10日閲覧。
  6. ^ 【ドラフト】ロッテ5位三菱重工West八木彬「1年目からフル回転で」”. 日刊スポーツ (2021年10月11日). 2022年1月28日閲覧。
  7. ^ 【ロッテ新人背番号一覧】1位松川虎生が藤原の「2」2位池田来翔「00」”. 日刊スポーツ (2021年12月10日). 2022年1月28日閲覧。
  8. ^ a b 三菱重工Westが誇るドラフト候補 本格派左腕・森翔平と150キロ右腕・八木彬”. BASEBALL KING (2021年7月31日). 2022年1月28日閲覧。
  9. ^ NPBドラフト会議2021で森投手、八木投手が指名受け!”. 三菱重工West硬式野球部 (2021年10月12日). 2022年1月28日閲覧。
  10. ^ 【ロッテ】ドラ5八木彬がプロ初登板「すごく緊張」大城と杉本を空振り三振斬り 無失点デビュー - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2022年7月10日閲覧。
  11. ^ 【ロッテ】仮契約の5位指名、八木彬投手「同じ和歌山の先輩でもある益田投手に話を聞いてみたい」”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2021年12月7日). 2022年1月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]