二木康太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
二木 康太
千葉ロッテマリーンズ #18
千葉ロッテマリーンズ 二木康太.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県霧島市
生年月日 (1995-08-01) 1995年8月1日(27歳)
身長
体重
190 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2013年 ドラフト6位
初出場 2015年10月5日
年俸 5500万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

二木 康太(ふたき こうた、1995年8月1日 - )は、鹿児島県霧島市出身[2]プロ野球選手投手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学3年生までサッカーチームに所属しており、今でもサッカーは趣味であり特技である[3]。5年生の頃、霧島市立青葉小学校のスポーツ少年団(軟式野球)に入団し、野球を始め、霧島市立国分中学校時代には軟式野球部に所属し投手としてプレーした[2]

鹿児島情報高等学校では1年秋から背番号「1」を背負い[2]、エースとして活躍した。 2年の夏は、鹿児島大会で18イニング連続無失点を記録する好投を見せるも、チームは4回戦の対鹿児島工戦で敗れた。新チームで挑んだ秋の鹿児島大会では、登板した53イニングで与えた四死球はわずかに4という制球力の良さを見せるなど、チームの創部後初の県大会優勝に貢献した[4]。その後学校としては13年ぶり2回目の出場となった第131回九州地区高等学校野球大会(秋季九州大会)に臨んだが、2回戦(初戦)で長崎県代表の創成館に0-1で敗戦し、上位進出はならなかった。

3年春の鹿児島大会では決勝で鹿屋中央に敗れ、準優勝に終わる。2季連続の出場となった第132回九州地区高等学校野球大会(春季九州大会)も2回戦で敗退した。九州大会では2季合わせて全4試合に登板し、36投球回で失点3と抜群の安定感を見せた。ただ、第1シード校として臨んだ5月のNHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会では鹿屋工にコールド負けを喫した[5]

高校生活最後の大会となる全国高校野球選手権鹿児島大会では、初戦で鹿児島城西を6安打9奪三振で完封する上々のスタートを切ると、準々決勝で神村学園を相手に5-4と逆転勝利し、チームとして創部以来初めての夏の鹿児島大会ベスト4進出を果たした[2]。しかし、準決勝で樟南の前に1-5で敗れ、甲子園出場はならなかった。2013年9月17日付でプロ志望届を提出した[6]

2013年10月24日、ドラフト会議にて千葉ロッテマリーンズから6位指名を受けた。10月28日にロッテのスカウト陣が鹿児島情報高校を訪問し、同校野球部の図師賢剛監督らに指名の挨拶を行ったほか、二木本人へは監督(当時)の伊東勤からの直筆の色紙が贈られた[7]。11月17日、鹿児島市内のホテルにて契約金2000万円、年俸500万円(金額は推定)で仮契約を結んだ[8]。背番号は「64」に決まり[9]、初の鹿児島情報高校出身のプロ野球選手となった[10]

ロッテ時代[編集]

2014年、チームに「二木プロジェクト」と題された大きな期待を受け、人一倍身体づくりに励んだ[11]イースタン・リーグでは2試合に登坂した[12]

2015年6月29日に行われた「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」では、ケガのため辞退したチームメイトの田中英祐に代わりNPB選抜の一員として出場し[13]、1イニングを無失点に抑えた[14]。イースタン・リーグでは26試合の登板でチーム2位の94イニングを投げ、防御率3.45を記録すると[15]、9月には先発で一軍デビュー予定であることが報道された[16]。チームがAクラス争いの最中であったこともあり、9月中の一軍デビューは見送られたが、10月5日に一軍へ昇格し、同日の北海道日本ハムファイターズ戦の3回表からプロ初登板となり、5回1失点と好投した[17]。翌6日に出場選手登録を抹消され[18]、この年の一軍登板はこの1試合のみであった。

2016年は春季キャンプを一軍でスタートすると[19]、開幕ローテーション入りを果たし、開幕5試合目の東北楽天ゴールデンイーグルス戦でプロ初先発となったものの、5回途中3失点でプロ初黒星を喫した[20]。4月12日の楽天戦では9回1失点と好投し、プロ初勝利をプロ初完投で飾った[21]。その後も先発ローテーションを守っていたが、交流戦明け最初の先発登板となった6月25日の埼玉西武ライオンズ戦で5回7失点を喫し[22]、翌26日に登録抹消[23]。二軍調整を経て先発した7月8日の北海道日本ハムファイターズ戦では自己最短の3回で降板し、自己ワーストの9失点で敗戦投手となるなど[24]、交流戦明けからは調子を落とした。先発予定だった8月17日の楽天戦に[25]、前日雨天ノーゲームとなった同カードで先発したジェイソン・スタンリッジがスライド登板し[26]、先発機会が無くなったことで8月19日の西武戦ではロングリリーフを務めた[27]。以降は再び先発に戻ったが、苦しい投球は続き[28][29]、シーズン最後の登板となった9月28日の福岡ソフトバンクホークス戦では4回を投げ、自己ワーストタイの9失点で敗戦投手となった[30]。この年は22試合(21先発)の登板で7勝9敗・防御率5.34を記録し、オフに1260万円増となる推定年俸1800万円で契約を更改した[31]

2017年は練習試合やオープン戦で好投しながらも開幕ローテーションに入れなかったが、二軍戦4試合で防御率0.84と結果を残し[32]、4月14日の西武戦でシーズン初先発となり、7回4安打9奪三振1失点と好投[33]。チーム事情で翌15日に出場選手登録を抹消されたが[34]、4月29日の西武戦に先発してシーズン初勝利を挙げると[35]先発ローテーションに定着し、安定した投球を続け、監督推薦でオールスターゲームに初選出[36]。7月15日の第2戦の6回表から登板すると、自己最速を更新する151km/hを計測し、2イニングを2安打無失点に抑えた[37]。後半戦も先発ローテーションを守り、シーズン最終戦では規定投球回到達に向けてブルペン待機となり[38]、2イニングを投げて自身初めて規定投球回をクリア[39]。22試合(21先発)の登板で7勝9敗という数字は前年と同じであったものの、奪三振数は81→128、QS数は7→15、防御率は5.34→3.39と投球内容を大きく改善させた[11]。オフに2200万円増となる推定年俸4000万円で契約を更改した[40]

2018年も開幕ローテーション入りし、開幕5試合目のオリックス・バファローズ戦に先発するも6回途中3失点で敗戦投手[41]。前年のシーズン後半からストレートの球速が低下しており、4月22日の西武戦では1回2/3で降板し、5失点(自責点3)で敗戦投手[42]。続く同30日の日本ハム戦ではシーズン2勝目を挙げるも[43]、だましだましの状態で投げる姿を見た首脳陣は二木の二軍降格を決断し[44]、その後はストレートの力強さをテーマに二軍調整が続いた[45]。7月18日の楽天戦で一軍復帰を果たすと[46]、8月17日の楽天戦ではプロ初完封勝利を挙げた[47]。復帰後は6試合連続でQSをクリアしたものの[46]、復帰後7試合目の先発登板となった8月31日の日本ハム戦で6回途中7失点(自責点6)を喫すると[48]、以降は不安定な投球が続き[49][50]、この年は16試合の先発登板で4勝7敗・防御率3.93という成績であった。オフに300万円増となる推定年俸4300万円で契約を更改した[51]

2019年はオープン戦で結果を残せず、開幕ローテーション入りを逃したが、石川歩ボルシンガーが開幕早々に故障で離脱したことを受け、4月6日のソフトバンク戦でシーズン初先発となり、6回4安打2失点で勝利投手[52]。以降は先発ローテーションに定着し、7月1日には監督推薦で自身2度目となるオールスターゲームに選出された[53]。しかし、8月に入り3試合連続で5失点以上を喫すると[54][55][56]、8月24日のソフトバンク戦では2回5安打1失点で降板し[57]、翌25日に出場選手登録を抹消された[58]。9月9日のソフトバンク戦で2か月ぶりとなる7勝目を挙げたが[59]、同24日の西武とのシーズン最終戦、チームのCS進出が懸かったこの試合に先発するも2回持たずに5失点で降板し、チームは3年ぶりにCS進出を逃した[60]。この年は前半戦14試合の先発で6勝5敗・防御率3.40を記録したものの、後半戦は8試合の先発で1勝5敗・防御率6.75と失速し[61]、シーズン全体では22試合の先発登板で7勝10敗・防御率4.41という成績であった。12月5日に300万円増となる推定年俸4600万円で契約を更改し[62]、同24日には背番号が「18」に変更されることが球団から発表された[63]

2020年は新型コロナウイルスの影響で開幕が6月19日に延期。開幕ローテーションに入り[64]、開幕4試合目のオリックス戦に先発し、4回まで完全投球を見せるも、5回にアダム・ジョーンズに来日初本塁打を献上[65]。6回には3失点を喫し、5回2/3を4失点で降板した[66]。続く6月30日の楽天戦では1回1/3で降板、6失点で敗戦投手となり[67]、翌7月1日に出場選手登録を抹消された[68]。二軍調整を経て8月8日のオリックス戦に先発し、7回2失点の好投でシーズン初勝利を挙げると[69]、9月14日のオリックス戦では自身2度目の完封勝利[3]。10月9日のソフトバンク戦では7回3安打1失点で勝利投手となり、2019年4月6日から続く対ソフトバンク戦の連勝を「7」に伸ばし、これは球団では1995・96年のヒルマン以来、24年ぶりの記録となった[70]。8月29日のオリックス戦から10月16日の日本ハム戦にかけては自身6連勝を記録したなど[71]、一軍再昇格後は先発ローテーションを守り、この年は15試合の先発登板で9勝3敗・防御率3.40という成績を残し、オフに1400万円増となる推定年俸6000万円で契約を更改した[72]

2021年、春季キャンプ中の2月11日に井口資仁監督と吉井理人投手コーチにいつ投げたいかを聞かれ、「開幕に投げたいです」と直訴し、自身初の開幕投手が内定[73]。ソフトバンクとの開幕戦に先発するも6回途中5失点で敗戦投手となり、対ソフトバンク戦の連勝は「7」で止まった[74]。後半戦の初戦も先発を任されるなど[75]、高い期待を受けたシーズンであったが、前半戦だけで16被弾と非常に被本塁打が多かった[75]。チームが優勝争いを繰り広げていたシーズン終盤でもその悪癖は治らず、9月24日の西武戦では2被弾を含む4回4失点[76]、10月2日の楽天戦でも2被弾を含む5回4失点と背信投球が続いた[77]。この楽天戦の直後に次回登板が10月16日のソフトバンク戦であると告げられ、万全を期して先発マウンドに上がったが、柳田悠岐に逆転3点本塁打を打たれるなど5失点を喫し、1回2/3で降板[78]。この試合を最後に登板機会が無いままレギュラーシーズンを終え、チームはリーグ2位でクライマックスシリーズに進出し、ファイナルステージで敗退したが、二木の登板機会は無かった。この年は22試合(21先発)の登板で5勝7敗・防御率4.38という成績にとどまり、24被弾はリーグ最多[79]。ワースト2位(23被弾)の髙橋光成、ワースト3位(22被弾)の石川柊太が規定投球回に到達している一方で[80]二木は117イニングと本数だけでなく被本塁打の頻度も高かった。契約更改交渉では自身初のダウン提示となり、500万円減となる推定年俸5500万円でサインをした[81]

選手としての特徴[編集]

1年目の春季キャンプでは、ストレートの最速は129km/h、スクワットでも20kgのバーベルを持ち上げるのが精一杯だったが、ウエートトレーニングを重ね、長身を活かしたフォームを模索した結果[73]、2017年には最速151km/hを記録した[82]。ただし、2020年のストレートの平均球速は140.8km/hと、決して球の速い部類ではなく、制球力が最大の武器[83]。特に、2020年は15試合の登板で与四球はわずか12個、与四球率はリーグトップの1.17を記録した[83]WHIPも同様にリーグトップの0.97を記録するなど、余計な出塁を許さず、安定したピッチングを見せた[83]

変化球は、フォークボールを決め球に投じることが多いが[84]スライダーカーブも投じる[85]

人物[編集]

鹿児島情報高校時代、学校からグラウンドまでの約12キロの道程を毎日走って通ったという[4]

2014年2月、合同自主トレ中に似たような名前で同期入団という縁を感じるということからいつか一緒に活躍してお立ち台に上るという目標で三木亮と共に「チーム五木」を結成している[86]

二木と同じ鹿児島県の出身で、AKB48柏木由紀の大ファンでもある[87]

趣味はゴルフとサッカー。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 ロッテ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 20 5.0 4 0 2 0 0 3 0 0 1 1 1.80 1.20
2016 22 21 1 0 0 7 9 0 0 .438 518 116.1 143 12 34 1 2 81 5 0 74 69 5.34 1.52
2017 23 22 5 0 1 7 9 0 0 .438 588 143.1 136 14 35 2 2 128 2 1 58 54 3.39 1.19
2018 16 16 3 1 0 4 7 0 0 .364 416 100.2 90 9 35 1 2 90 4 0 49 44 3.93 1.24
2019 22 22 1 0 0 7 10 0 0 .412 538 128.2 127 16 30 0 6 115 3 0 68 63 4.41 1.22
2020 15 15 1 1 1 9 3 0 0 .750 361 92.2 72 7 12 0 3 79 3 0 36 35 3.40 0.91
2021 22 21 0 0 0 5 7 0 0 .417 494 117.0 119 24 28 1 4 77 3 0 61 57 4.38 1.26
通算:7年 121 117 11 2 2 39 45 0 0 .464 2935 703.2 691 82 176 5 19 573 20 1 347 323 4.13 1.23
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手












2015 ロッテ 1 0 2 0 0 1.000
2016 22 6 22 0 1 1.000
2017 23 19 15 1 0 .971
2018 16 3 9 0 0 1.000
2019 22 5 18 1 0 .958
2020 15 4 13 0 0 1.000
2021 22 11 15 0 2 1.000
通算 121 48 94 2 3 .986
  • 2021年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 64(2014年 - 2019年)
  • 18(2020年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ ロッテ - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2021年12月16日閲覧。
  2. ^ a b c d 鹿児島情報 神村撃破初4強/鹿児島大会”. 日刊スポーツ (2013年7月20日). 2014年3月10日閲覧。
  3. ^ a b 元サッカー選手、ロッテ・二木が足技で遊撃へ“好パス”「とっさに出た」ピンチ自ら救い完封”. 中日スポーツ (2020年9月14日). 2020年9月14日閲覧。
  4. ^ a b センバツを目指す鹿児島代表の2校”. NHK鹿児島放送局 (2012年10月22日). 2014年3月10日閲覧。
  5. ^ 第83回 【三年生座談会】鹿児島情報高校(鹿児島)”. 高校野球ドットコム (2013年8月19日). 2014年3月10日閲覧。
  6. ^ 2013年プロ野球志望届 提出者一覧”. 公益財団法人 日本高等学校野球連盟 (2013年10月10日). 2014年3月10日閲覧。
  7. ^ ロッテスカウトが二木投手に挨拶”. KTS 鹿児島放送 (2013年10月28日). 2014年3月10日閲覧。
  8. ^ 【ロッテ】ドラ6二木が年俸500万で契約”. 日刊スポーツ (2013年11月17日). 2022年3月21日閲覧。
  9. ^ 【ロッテ】新人背番号発表ドラ1石川は12”. 日刊スポーツ (2013年12月3日). 2022年3月21日閲覧。
  10. ^ 二木康太君 快挙「ドラフト指名」千葉ロッテマリーンズ”. 学校法人原田学園 鹿児島情報高等学校 (2013年10月25日). 2014年3月10日閲覧。
  11. ^ a b 【注目選手】幕張の若きエース候補。千葉ロッテ・二木投手” (2017年11月10日). 2021年3月22日閲覧。
  12. ^ 2014年度 千葉ロッテマリーンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2022年3月21日閲覧。
  13. ^ ユニバーシアード 日本代表壮行試合 NPB選抜チーム出場選手変更のお知らせ 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年6月25日) 2015年6月26日閲覧
  14. ^ http://sp.baseball.findfriends.jp/?pid=game_flash_result&game_id=2015062902
  15. ^ 2015年度 千葉ロッテマリーンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2022年3月21日閲覧。
  16. ^ 【ロッテ】高卒2年目・二木、CSへ秘密兵器!9月中に1軍先発デビュー”. スポーツ報知 (2015年9月1日). 2015年10月6日閲覧。
  17. ^ 2015年10月05日 【公式戦】 試合結果 (千葉ロッテvs北海道日本ハム)”. 日本野球機構. 2022年3月21日閲覧。
  18. ^ ロッテが二木を抹消”. 日刊スポーツ (2015年10月6日). 2022年3月21日閲覧。
  19. ^ ロッテ、石垣島春季キャンプ1、2軍振り分け発表”. 日刊スポーツ (2016年1月25日). 2022年3月21日閲覧。
  20. ^ ロッテ3年目・二木 プロ初先発も3失点黒星「悔しい」”. Sponichi Annex (2016年3月31日). 2022年3月21日閲覧。
  21. ^ ゆきりんも祝福!ロッテ二木 対談実現させます初完投1勝 スポニチアネックス 2016年4月13日掲載
  22. ^ 2016年06月25日 【公式戦】 試合結果 (埼玉西武vs千葉ロッテ)”. 日本野球機構. 2022年3月21日閲覧。
  23. ^ 【26日の公示】オリックス 中島が抹消、小田が昇格”. Sponichi Annex (2016年6月26日). 2022年3月21日閲覧。
  24. ^ ロッテ 3位転落 二木 初回7失点炎上 伊東監督「覇気がない やり直し」”. Sponichi Annex (2016年7月8日). 2022年3月21日閲覧。
  25. ^ ロッテ二木 新人王へSMAP宣言「スターになりたい」”. Sponichi Annex (2016年8月16日). 2022年3月21日閲覧。
  26. ^ ロッテ 初回でノーゲーム 伊東監督「チャンスだったのにね…」”. Sponichi Annex (2016年8月16日). 2022年3月21日閲覧。
  27. ^ 2016年08月19日 【公式戦】 試合結果 (埼玉西武vs千葉ロッテ)”. 日本野球機構. 2022年3月21日閲覧。
  28. ^ ロッテ3点差跳ね返した 角中が同点3ラン&勝ち越し3点三塁打”. Sponichi Annex (2016年8月31日). 2022年3月21日閲覧。
  29. ^ ロッテ伊東監督 屈辱3連敗「日本ハムの引き立て役に回った」”. Sponichi Annex (2016年9月20日). 2022年3月21日閲覧。
  30. ^ ロッテ二木、初回7失点「当然厳しい展開に…」”. 日刊スポーツ (2016年9月28日). 2022年3月21日閲覧。
  31. ^ ロッテ二木 大幅増1800万円でサイン プロ初勝利含む7勝評価”. Sponichi Annex (2016年11月28日). 2022年3月21日閲覧。
  32. ^ ロッテ二木が1軍合流「最初の試合がすごく大事」”. 日刊スポーツ (2017年4月10日). 2022年3月21日閲覧。
  33. ^ ロッテ二木 好投も…伊東監督「これが野球だし…」”. Sponichi Annex (2017年4月15日). 2022年3月21日閲覧。
  34. ^ ソフトバンク高橋純平ら抹消/15日公示”. 日刊スポーツ (2017年4月15日). 2022年3月21日閲覧。
  35. ^ ロッテ二木 今季初勝利 助けたのは三木!9回2ランで援護”. Sponichi Annex (2017年4月30日). 2022年3月21日閲覧。
  36. ^ 「マイナビオールスターゲーム2017」3選手が監督推薦で選出!!” (2017年7月3日). 2021年3月22日閲覧。
  37. ^ ロッテ二木が初球宴2回0封「緊張」も自己最速更新”. 日刊スポーツ (2017年7月15日). 2022年3月21日閲覧。
  38. ^ ロッテ二木 規定投球回数クリアへ救援待機 10日楽天戦”. Sponichi Annex (2017年10月8日). 2022年3月21日閲覧。
  39. ^ ロッテ伊東監督、若手の成長期待「支える選手に」”. 日刊スポーツ (2017年10月10日). 2022年3月21日閲覧。
  40. ^ ロッテ二木が4000万円でサイン、大幅アップも愛車こすり「まずは修理代…」” (2017年11月30日). 2021年3月22日閲覧。
  41. ^ ロッテ先発二木粘投も力尽きる 連勝3でストップ”. 日刊スポーツ (2018年4月5日). 2022年3月21日閲覧。
  42. ^ ロッテ二木 5失点KO チーム5連敗「申し訳ない」”. デイリースポーツ (2018年4月23日). 2022年3月21日閲覧。
  43. ^ ロッテ連勝で勝率5割、二木2勝目 日本ハム2連敗”. 日刊スポーツ (2018年4月30日). 2022年3月21日閲覧。
  44. ^ 【千葉魂】2軍で鍛錬、初完封つかむ 二木、新たな第一歩踏み出す” (2018年8月21日). 2021年3月22日閲覧。
  45. ^ 「すごく悔しい」気持ちを晴らせる唯一の場所 ロッテ二木が目指す1軍復帰” (2018年7月17日). 2021年3月22日閲覧。
  46. ^ a b 本来の姿取り戻したロッテ二木 後半戦はエース級の働きでチームを牽引” (2018年9月7日). 2021年3月22日閲覧。
  47. ^ ロッテ二木プロ初完封「バテバテ」フライアウト13個”. 日刊スポーツ (2018年8月18日). 2021年3月23日閲覧。
  48. ^ ロッテ二木が初回6失点炎上「簡単にツーベースに」”. 日刊スポーツ (2018年8月31日). 2022年3月21日閲覧。
  49. ^ ロッテ二木6失点KO今季最多借金10、福浦4の0”. 日刊スポーツ (2018年9月15日). 2022年3月21日閲覧。
  50. ^ ロッテ 本拠12連敗…千葉移転後のワースト記録をさらに更新”. Sponichi Annex (2018年10月7日). 2022年3月21日閲覧。
  51. ^ ロッテ・二木は300万円増の4300万円で契約 来年はローテ定着目標”. Sponichi Annex (2018年11月30日). 2022年3月21日閲覧。
  52. ^ “代役”二木が意地の好投!ロッテ開幕8戦目でようやく先発投手に白星”. Sponichi Annex (2019年4月6日). 2022年3月21日閲覧。
  53. ^ ロッテ荻野、鈴木大地、二木が監督推薦で球宴” (2019年7月1日). 2021年3月22日閲覧。
  54. ^ ロッテ・二木 7敗目も8回5失点で意地の完投「最後まで行きたいと思っていた」”. Sponichi Annex (2019年8月2日). 2022年3月21日閲覧。
  55. ^ ロッテ二木、ワースト3被弾「置きに行ってしまいました」柿沼との急造コンビで4回6失点”. Sponichi Annex (2019年8月11日). 2022年3月21日閲覧。
  56. ^ ロッテ連敗で5位転落「2安打じゃ勝てない」監督”. 日刊スポーツ (2019年8月17日). 2022年3月21日閲覧。
  57. ^ ロッテ・二木 今季ワーストの2回5安打1失点KO 2軍降格が決定 スポニチアネックス 2019年8月24日掲載
  58. ^ 日本ハム中田、杉谷、中日大野奨ら登録/25日公示”. 日刊スポーツ (2019年8月25日). 2022年3月21日閲覧。
  59. ^ ロッテ打線爆発11点で3位死守!井口監督退場に奮起 ソフトBは西武と0・5差で首位決戦へ スポニチアネックス 2019年9月9日掲載
  60. ^ ロッテ3年ぶりCS進出逃す 投壊&守乱で大量12失点 今季最終戦で西武に惨敗”. Sponichi Annex (2019年9月24日). 2022年3月21日閲覧。
  61. ^ ロッテ・二木、今季へ決意「一番良い成績を残したい」”. BASEBALL KING (2020年2月25日). 2020年4月25日閲覧。
  62. ^ ロッテ 二木、300万円増でサイン チーム最多投球回で7勝も悔しさ フォーム解析でレベルアップ図る”. Sponichi Annex (2019年12月5日). 2022年3月21日閲覧。
  63. ^ ロッテ二木の背番号が「18」に 楽天に金銭トレードの涌井から継承”. Full-Count (2019年12月24日). 2020年4月25日閲覧。
  64. ^ ロッテ開幕ローテ固まる 19日からのソフトB戦は石川、種市、美馬”. Sponichi Annex (2020年6月16日). 2022年3月21日閲覧。
  65. ^ オリックス・ジョーンズ来日初アーチ「よかった」”. 日刊スポーツ (2020年6月23日). 2020年11月8日閲覧。
  66. ^ ロッテ井口監督「しっかり投げてくれた」二木を評価”. 日刊スポーツ (2020年6月23日). 2020年11月8日閲覧。
  67. ^ ロッテ 投壊9連勝ならず…二木「申し訳ない」1回1/3で6失点KO”. Sponichi Annex (2020年7月1日). 2022年3月21日閲覧。
  68. ^ 日本ハム上沢、オリックス中川ら抹消/1日公示”. 日刊スポーツ (2020年7月1日). 2022年3月21日閲覧。
  69. ^ ロッテ二木ストライク率66% 各打者の初球に繊細”. 日刊スポーツ (2020年8月8日). 2021年11月13日閲覧。
  70. ^ ロッテ二木、球団24年ぶり対ホークス7連勝! 「シーズン終わった時に1位が目標」”. Full-Count (2020年10月9日). 2020年11月10日閲覧。
  71. ^ ロッテ二木7勝目「全部勝ちたい」10勝へこだわる”. 日刊スポーツ (2020年10月16日). 2020年11月8日閲覧。
  72. ^ ロッテ二木、自己最多9勝で1400万円増でサイン 「開幕投手も狙っていく」”. Sponichi Annex (2020年12月27日). 2022年3月21日閲覧。
  73. ^ a b 【千葉魂】努力実るロッテ二木、開幕投手に 「場違い」実感した初年度キャンプ” (2021年3月9日). 2021年3月15日閲覧。
  74. ^ “ロッテ・二木、6回途中6安打5失点で降板 自身初の開幕戦登板も3被弾”. スポーツニッポン. (2021年3月26日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/03/26/kiji/20210326s00001173616000c.html 2021年3月27日閲覧。 
  75. ^ a b ロッテ井口監督バッサリ「ダメですね」二木康太試合開始6分後に被弾”. 日刊スポーツ (2021年8月13日). 2021年11月13日閲覧。
  76. ^ ロッテ・二木、リード守れず「このような展開にしてしまい申し訳ない」”. サンスポ (2021年9月24日). 2021年11月13日閲覧。
  77. ^ ロッテ 4連敗でVへ正念場 拙守連発、二木背信5回4失点 首位と1・5差に”. デイリースポーツ (2021年10月3日). 2021年11月13日閲覧。
  78. ^ 【ロッテ】井口監督「しっかり投げてくれと言ったのだが…」エース二木、まさかのKOでマジック減らせず”. 中日スポーツ (2021年10月16日). 2021年11月13日閲覧。
  79. ^ 2021年度 パシフィック・リーグ 【被本塁打】 リーダーズ(投手部門)”. 日本野球機構. 2021年11月13日閲覧。
  80. ^ 2021年度 パシフィック・リーグ 個人投手成績(規定投球回以上)”. 日本野球機構. 2021年11月13日閲覧。
  81. ^ ロッテ・二木康太が500万円減の5500万円 初の開幕投手を務めるも初のダウン「いいピッチングが全然続かなかった」”. サンスポ (2021年12月15日). 2021年12月16日閲覧。
  82. ^ ロッテ・二木康太 カモメの次期エースの成長速度”. 週刊ベースボールonline (2017年10月5日). 2021年3月15日閲覧。
  83. ^ a b c ロッテ二木康太「エースナンバーの自覚」高い制球力の先にある理想の投手像”. spaia (2021年1月27日). 2021年3月15日閲覧。
  84. ^ ロッテ・二木康太 「低め」以外でも勝負できるかが成長の鍵”. spaia (2020年1月9日). 2021年3月15日閲覧。
  85. ^ ロッテ二木が今季初勝利、風速18mでフォーク封印”. 日刊スポーツ (2018年4月11日). 2021年3月15日閲覧。
  86. ^ ロッテ二木+三木=五木!薮田ガッツ継承”. 日刊スポーツ (2014年1月11日). 2014年3月10日閲覧。
  87. ^ ゆきりん、ロッテ二木投手にラブコール返し「対談実現してほしい」 スポーツニッポン2016年3月29日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]