エリック・ヒルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エリック・ヒルマン
Eric Hillman
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 インディアナ州ゲーリー
生年月日 (1966-04-27) 1966年4月27日(51歳)
身長
体重
6' 10" =約208.3 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1987年 MLBドラフト16巡目
初出場 MLB / 1992年5月18日
NPB / 1995年4月4日
最終出場 MLB / 1994年5月30日
NPB / 1997年5月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョン・エリック・ヒルマンJohn Eric Hillman, 1966年4月27日 - )は、アメリカ合衆国インディアナ州出身の元プロ野球選手投手)。

日本では、千葉ロッテマリーンズ読売ジャイアンツでプレー。当時の公称身長208cmは、2014年に身長216cmのルーク・ファンミル東北楽天ゴールデンイーグルスへ入団するまで、NPB球団への在籍経験がある選手としてはジェイソン・ターマンと並んで最も高かった。

来歴・人物[編集]

1987年のMLBドラフト16巡目でニューヨーク・メッツに指名され契約。1992年5月18日にメジャー初昇格。

1995年NPB千葉ロッテマリーンズに入団。第一期バレンタイン政権下で1年目から12勝を挙げ、チームの2位躍進に貢献。1996年には14勝を挙げ、同僚の伊良部秀輝最優秀防御率のタイトルを僅差で争い、好成績が評価されてベストナインに輝いた。

身長208cmながらストレートはあまり速くなく、その長身から投げ下ろすカーブスライダースクリューなどの変化球を武器に相手打者を次々と打ち取っていった。また、1996年の15死球が示すように相手打者の内角も思い切って突いていく投球スタイルであった。当時のヒルマン、伊良部、小宮山悟の先発3本柱は、揃って安定した成績を挙げていたと言う点で、球界屈指の先発陣であった。

1996年のオールスターゲームでは第2戦5回終了後にキップ・グロス日本ハム)とともにグラウンドキーパーの衣装で登場するなど茶目っ気があり、また1996年シーズン開幕直後の対オリックス戦では星野伸之との投手戦に0-1で敗れた後、ヒーローインタビューを受けていた星野の元に歩み寄ってお互いの健闘を讃え合うシーンも見られるなど、ロッテ時代のヒルマンはファンにも人気が高かった。

1996年シーズン終盤、伊良部のメジャー流出を防ぐ目的で、ロッテ球団がタイトルを伊良部が獲得できるように投手陣の登板スケジュールを調整したことに不満を抱き、オフに退団を決意する。

ロッテ退団後の1996年11月13日に金銭トレードにて年俸2億5000万円の2年契約で読売ジャイアンツへ移籍。V2、そして日本一奪回のキーマンとして期待がかけられる。しかし、移籍後すぐに左肩を故障し、1997年はわずか2試合の登板(6イニング)にとどまる(この2試合の登板も本人のコンディションを考えず半ば強制的な登板に近いものだった)。この年に肩の手術を行い、翌1998年の春季キャンプで数回だけ良いピッチングを披露するが、「肩に違和感がある」という理由で再度離脱。仮病説が囁かれる中、「左肩に小錦が乗っているようだ」と弁明するなど「肩に違和感」というフレーズで登板拒否を繰り返し、「ミスター違和感」と呼ばれた。二軍落ちしてからは練習もそこそこに切り上げ、昼には帰宅していたことから「昼マン」と揶揄されていた。

結局、1998年は一度も登板せずシーズン途中で解雇となった。当時球団オーナーの渡邉恒雄は「金をやるから出ていけ!」と激怒したという。2シーズンに満たない在籍期間で、登板数2試合、投球回数6回で5億円を受け取りながら「俺をミッチェルグリーンウェルと一緒にしないでくれ」とマスコミに反論し、巨人退団決定後には「巨人に復帰するのが夢だ」とコメント。最後は「肩が治ったら巨人の入団テストを受けに帰って来る」と言い残して日本を去った。退団後の2000年ヒューストン・アストロズ傘下のAA級ラウンドロック[1]で1試合に登板しているが、結局は巨人の入団テストを受けなかった。

もっとも、巨人解雇直後の1998年7月、ジェームス・アンドリュース(後に田澤純一トミー・ジョン手術を執刀)の下で肩関節鏡手術を受けたところ、左肩回旋筋腱板の全層断裂が判明したため、違和感の根拠があったのは事実であった。結局、この肩の怪我が投手生命を終わらせることになり[2]、2000年で引退した。

なお、元巨人のウォーレン・クロマティは、かつて1985年に手首の異常を訴えたところチームドクターに異常なしと判断され別の医者に診せたら亀裂が入っていた件があったが、フロント上層部からチームドクターの診断ミスを公にしたくないということで口止めを命じられたと述べている[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1992 NYM 11 8 0 0 0 2 2 0 -- .500 227 52.1 67 9 10 2 2 16 1 0 31 31 5.33 1.47
1993 27 22 3 1 1 2 9 0 -- .182 627 145.0 173 12 24 2 4 60 0 1 83 64 3.97 1.36
1994 11 6 0 0 0 0 3 0 -- .000 156 34.2 45 9 11 3 2 20 1 1 30 30 7.79 1.62
1995 ロッテ 28 28 7 2 0 12 9 0 -- .571 801 197.1 186 8 49 1 8 121 3 0 66 63 2.87 1.19
1996 29 29 11 3 1 14 9 0 -- .609 861 213.1 179 12 46 1 15 119 3 0 66 57 2.40 1.05
1997 巨人 2 2 0 0 0 0 1 0 -- .000 28 6.0 8 1 2 0 1 3 0 0 2 2 3.00 1.67
MLB:3年 49 36 3 1 1 4 14 0 -- .286 1010 232.0 285 30 45 7 8 96 2 2 144 125 4.85 1.42
NPB:3年 59 59 18 5 1 26 19 0 -- .578 1690 416.2 373 21 97 2 24 243 6 0 134 122 2.64 1.13
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 53 (1992年 - 1994年)
  • 42 (1995年 - 1998年)

脚注[編集]

  1. ^ その後、ラウンドロックはAAA級に属している。
  2. ^ http://espn.go.com/blog/new-york/mets/post/_/id/20929/hillman-the-original-tallest-met
  3. ^ ウォーレン・クロマティ、ロバート・ホワイティング共著「さらばサムライ野球」309頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]