ジェイソン・ターマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェイソン・ターマン
Jason Turman
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アラバマ州タスカルーサ
生年月日 (1975-11-10) 1975年11月10日(42歳)
身長
体重
6' 10" =約208.3 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1995年 MLBドラフト11巡目
初出場 NPB / 2002年3月31日
最終出場 NPB / 2002年5月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジミー・ジェイソン・ターマンJimmy Jason Turman, 1975年11月10日 - )は、アメリカ合衆国アラバマ州出身のプロ野球選手投手)。

横浜ベイスターズ時代のニックネームは「ビッグ・ワーム(巨大ミミズ)」[1]。当時の公称身長208cmは、2014年に身長216cmのルーク・ファンミル東北楽天ゴールデンイーグルスへ入団するまで、日本プロ野球(NPB)球団への在籍経験がある選手としてはエリック・ヒルマンと並んで最も高かった。

経歴[編集]

1995年のMLBドラフト11巡目でモントリオール・エクスポズに指名され契約。メジャーへの昇格は果たせず、シアトル・マリナーズ傘下のAAA級タコマから[2]2002年横浜ベイスターズに入団。オープン戦では評価が高く先発投手として期待されたが[3]、レギュラーシーズンに入ると走者のいる場面でセットポジションを苦にして球威と制球力が落ちるなどの課題が明らかになり[4]、NPBでは1勝も挙げられないまま5月15日の対阪神戦での中継ぎでの登板が最終登板となった。シーズン途中の7月30日に解雇されている[5]

2003年カンザスシティ・ロイヤルズ傘下のAAA級オマハでプレーしたのを最後に現役引退。

プレースタイル[編集]

長身から投げ下ろす最速153km/hの速球[1]と100km/h台の縦に割れるカーブ[6]に加え、スライダーチェンジアップを駆使した[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2002 横浜 9 2 0 0 0 0 2 0 -- .000 88 19.0 23 4 7 1 1 13 0 0 18 13 6.16 1.58
通算:1年 9 2 0 0 0 0 2 0 -- .000 88 19.0 23 4 7 1 1 13 0 0 18 13 6.16 1.58

記録[編集]

背番号[編集]

  • 42 (2002年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 毎日新聞、2002年1月30日付朝刊、P.21
  2. ^ ウェイン・グラシック『2002 JAPAN PRO BASEBALL - 英語版 日本プロ野球メディアガイド』日本洋書販売、2002年、ISBN 9784901178778
  3. ^ 毎日新聞、2002年3月25日付朝刊、P.15
  4. ^ 読売新聞、2002年4月7日付朝刊、P.21
  5. ^ 毎日新聞、2002年7月31日付朝刊、P.17
  6. ^ 読売新聞、2002年3月17日付朝刊、P.25

関連項目[編集]

外部リンク[編集]