クオリティ・スタート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クオリティ・スタートQuality StartQS、「良好な先発」)とは、野球における投手の成績評価項目の1つ。先発投手が6イニング以上を投げ、かつ3自責点以内に抑えた時に記録される。以下、本項ではQSと表す。

スポーツライタージョン・ロウフィラデルフィア・インクワイアラー紙で執筆していた1985年に提唱した[1]

先発投手の安定感を表す指標としてメジャーリーグでは一般的に使われており、全先発数におけるQSの比率(QS率)は勝利数以上に先発投手の能力を表すものとされる(勝利数は、打線による援護点や後を受けた中継ぎ投手の成績にも左右されるため、先発投手の純粋な能力評価には適さない)。結果的にどれだけ試合を作れたかを表す指標であると言える。一方で、失点率や防御率は投球以外の要素も大きく含んでいるため、QSは純粋な投手の能力を測る指標ではない事に注意が必要である。

ESPN.comは、先発投手が、QSを記録しながら敗戦投手になることをタフ・ロス(不運な敗戦)。逆に、QSの条件を満たさずに先発勝利を挙げることをチープ・ウィン(安っぽい勝利)と定義した。

また、成立条件が「先発投手が6イニング以上を投げ、かつ3自責点以内」のため、6回を3自責点以内に抑えたが、7回以降に4自責点以上を取られた場合はQSはカウントされない。このためハイクオリティスタート(High Quality Start、HQS。7イニング以上を投げ、かつ2自責点以内で抑える)という指標も提唱されている。

なお、2009年のメジャーリーグにおけるQS率トップ5は次の通り(ESPN.comより)。

順位 アメリカン・リーグ 全先発数 QS数 QS率(%) 順位 ナショナル・リーグ 全先発数 QS数 QS率(%)
1 フェリックス・ヘルナンデス 34 29 85.3 1 ティム・リンスカム 32 26 81.3
2 ザック・グレインキー 33 26 78.8 2 クリス・カーペンター 28 22 78.6
3 ジョン・レスター 32 23 71.9 3 テッド・リリー 27 21 77.8
4 ロイ・ハラデイ 32 22 68.8 4 アダム・ウェインライト 34 25 73.5
5 A.J.バーネット 33 21 63.6 ジェイアー・ジャージェンス 34 25 73.5
エドウィン・ジャクソン 33 21 63.6  
ニック・ブラックバーン 33 21 63.6

日本におけるQS[編集]

2007年頃まではNPBの先発投手に関してQSが語られることは殆どなかった[2]。2008年頃からは一部ライターが先発投手を論じる際にQSを出すなどするケースが出てきている。2010年オフの涌井秀章年俸調停についてマスコミはダルビッシュ有と遜色無い勝ち星を残したと同情的だったが、ライターの小川勝はQS率を比較しダルビッシュ84.0(リーグ2位)と優秀な成績に対し、涌井はダルビッシュに大きく劣る59.3(同11位)であり、年俸差が大きいとは言えないという(WHIP等も考査して総合的に判断する)見解を示した[3]

脚注[編集]

  1. ^ Quality start still a good measure of quality - MLB - ESPN
  2. ^ 日刊スポーツ広島版2008年1月9日付け記事
  3. ^ 小川勝「選手年俸どう決める?」『Sports Graphic Number2011年2月24日号、文藝春秋、2011年、雑誌26854・2・24、116頁。

関連項目[編集]