鈴木昭汰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼千葉ロッテマリーンズ時代の画像提供をお願いします。2022年6月
鈴木 昭汰
千葉ロッテマリーンズ #35
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県土浦市
生年月日 (1998-09-07) 1998年9月7日(23歳)
身長
体重
175 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2020年 ドラフト1位
初出場 2021年3月28日
年俸 2000万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

鈴木 昭汰(すずき しょうた、1998年9月7日 - )は茨城県土浦市出身のプロ野球選手投手)。左投左打。千葉ロッテマリーンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

土浦市立東小学校1年時から美浦ブレーブスで野球を始め、3年時からは永国東ジャイアンツでプレー[2]

土浦市立土浦第四中学校に進学し、土浦霞ケ浦ボーイズに所属。全国大会で準優勝を果たし、U-15の日本代表入りした[2]

常総学院高校進学後は、1年秋からエースを務め、2年春の第87回選抜高等学校野球大会に出場。初戦の米子北戦で7回6安打無失点で勝利を収めると、続く今治西戦でも7回と1/3を1安打無失点で勝利し、ベスト8進出を果たした。準々決勝の、福田光輝擁する大阪桐蔭戦では8回6安打5失点(自責3)で完投するも、チームは5-3で敗退した[3]。2年夏の第97回全国高等学校野球選手権茨城大会では、4回戦で東洋大牛久に敗れ、甲子園出場はならなかった[4]。2年秋の秋季関東大会では、初戦で藤平尚真擁する横浜高校に勝利すると、2回戦、準決勝と勝ち上がり、3年春に第88回選抜高等学校野球大会に出場する[5]も、初戦で鹿児島実業に敗れた[6]。3年夏は第98回全国高等学校野球選手権大会に出場し、3回戦で高校BIG3の一角であった寺島成輝に投げ勝ち、ベスト8進出に貢献した[7]。準々決勝の九鬼隆平松尾大河擁する秀岳館戦では、3回4安打2失点で降板し、敗退した[8]

高校3年時はプロ志望届を提出せず、法政大学に進学。リーグ戦では、1年秋に3試合に登板したが、2年時には登板なしに終わった[9]。3年秋は主に中継ぎとして登板し、規定投球回未達ながら、7試合で防御率0.56の活躍を見せた[9]新型コロナウイルス感染拡大の影響で4か月遅れて実施された4年春のリーグ戦では先発・中継ぎで4試合に登板し、防御率1.54と安定した成績でリーグ優勝に貢献[2]。4年秋のリーグ戦では、10月25日までの第6週が終わった時点で、6試合に登板し、早川隆久に次ぐ防御率0.84の成績を残した[9]

10月26日のドラフト会議では、早川を抽選で外した千葉ロッテマリーンズ東京ヤクルトスワローズの2球団から1位指名を受け、抽選の結果ロッテが交渉権を獲得した[9]。12月4日に、契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1600万円で契約合意した(金額は推定)[10]。背番号は35[11]

ロッテ時代[編集]

2021年は開幕ローテーション入りを果たし、3月28日の福岡ソフトバンクホークス戦でプロ初登板初先発。5回1安打6奪三振2失点の好投もプロ初勝利とはならず[12]、その後も好投を続けたが白星に恵まれなかった[13][14]。4月25日のソフトバンク戦でも6回1/3を投げて2失点と好投し、5試合目にしてようやくプロ初勝利を手にした[15]。5月に入って佐々木朗希が先発ローテーションに加わると左の中継ぎが不足しているチーム事情もあり、鈴木はリリーフに配置転換され、5月16日の埼玉西武ライオンズ戦ではプロ初ホールドを記録した[16]。しかし、石川歩が右肘痛で離脱し、交流戦からは再び先発に配置転換されたものの、2試合連続で5回持たずに降板となり、6月5日に初の登録抹消となった[17]。同23日の一軍再昇格[18]以降は先発に中継ぎと流動的な起用法となり[19]、シーズン後半は特にロングリリーフで存在感を見せ[20][21]クライマックスシリーズでもチームの左腕で唯一リリーフ待機をするなど、流動的な登板も調整をこなして左投手が手薄なチームの力になった[22]。ルーキーイヤーは一軍で23試合(12先発)に登板し、1勝4敗1ホールド・防御率4.08を記録。オフに400万円増となる推定年俸2000万円で契約を更改した[23]

2022年も2月の実戦から起用法が定まっていなかったが[24]、前年24ホールド(チーム2位)を記録したハーマンが退団し[25]佐々木千隼(同1位)と唐川侑己(同3位)は開幕に間に合わず、さらにトレードによる途中加入から後半戦のセットアッパーを務めた国吉佑樹はオープン戦で不安定な投球が続いた[26]。このようなチーム事情に加え、鈴木自身はオープン戦で6試合に登板し、6回1/3を被安打0・奪三振7・防御率0.00と好投したことから[27]、中継ぎとして開幕を一軍で迎えた[28]。しかし、制球を乱して1アウトもとれずに降板する試合[29]があるなど、救援登板した3試合全てで失点を喫し、4月16日に登録を抹消された。

選手としての特徴[編集]

ストレートの最速は153km/h[30]、変化球は主にスライダーツーシームを投じる[31]。「とにかく直球で押せる」、「左腕プラス先発」といった投手はロッテ球団が1年間探し続けていた[32]

人物[編集]

オリックス・バファローズ在籍の佐野如一とは幼馴染の親友で、中学時代は同じ陸上部に入り、土浦霞ケ浦ボーイズではバッテリーを組んでいた[33]

ロッテでチームメイトの種市篤暉は、生年月日が同じ(共に1998年9月7日生)。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2021 ロッテ 23 12 0 0 0 1 4 0 1 .200 341 79.1 78 10 28 0 2 76 2 0 38 36 4.08 1.34
通算:1年 23 12 0 0 0 1 4 0 1 .200 341 79.1 78 10 28 0 2 76 2 0 38 36 4.08 1.34
  • 2021年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2021 ロッテ 23 2 5 0 1 1.000
通算 23 2 5 0 1 1.000
  • 2021年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 35(2021年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

  • U-15 アジアチャレンジマッチ2013

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ロッテ - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年12月11日閲覧。
  2. ^ a b c 【ドラフト】千葉ロッテマリーンズ・1位 鈴木昭汰(法大) 大舞台での経験も光る快速サウスポー/プロ野球ドラフト会議”. 週刊ベースボール (2020年10月26日). 2020年12月10日閲覧。
  3. ^ センバツで光った注目投手8人”. 週刊ベースボール (2015年4月11日). 2020年12月10日閲覧。
  4. ^ 2015年 第97回全国高等学校野球選手権茨城大会”. 高校野球ドットコム. 2020年12月10日閲覧。
  5. ^ ロッテ1位の鈴木が母校・常総学院に凱旋報告 恩師が思い出した「取らせた責任」”. Full-Count (2020年4月11日). 2020年12月10日閲覧。
  6. ^ 鹿児島実vs常総学院”. 高校野球ドットコム (2016年3月20日). 2020年12月10日閲覧。
  7. ^ 常総学院・鈴木昭、“ビッグ3”履正社・寺島に投げ勝った!”. サンケイスポーツ (2016年8月17日). 2020年12月10日閲覧。
  8. ^ 常総学院・鈴木昭汰敗れる「甲子園が育ててくれた」”. 日刊スポーツ (2016年8月18日). 2020年12月10日閲覧。
  9. ^ a b c d ロッテ1位・鈴木昭汰、プロ断念から4年。挫折を経て身につけたスキル”. sportiva (2020年10月30日). 2020年12月10日閲覧。
  10. ^ ロッテ1位鈴木昭汰と合意、信頼される投手目指す”. 日刊スポーツ (2020年12月4日). 2020年12月10日閲覧。
  11. ^ ドラ1の鈴木は「35」、ロッテが新人背番号発表”. 日刊スポーツ (2020年12月9日). 2020年12月10日閲覧。
  12. ^ 【ロッテ】ドラ1鈴木昭汰が1軍デビュー戦で5回1安打2失点6奪三振の力投”. スポーツ報知 (2021年3月28日). 2021年9月4日閲覧。
  13. ^ ロッテのドラ1鈴木7回2安打無失点 11Kの快投も白星飾れず”. Sponichi Annex (2021年4月4日). 2021年12月15日閲覧。
  14. ^ 【ロッテ】ドラ1・鈴木昭汰が6回2失点 4度目の先発も勝ち星つかず”. スポーツ報知 (2021年4月18日). 2021年12月15日閲覧。
  15. ^ 【ロッテ】鈴木昭汰「やっと勝てた~」悲運のルーキー5度目の登板で待望の初勝利”. スポーツ報知 (2021年4月26日). 2021年9月4日閲覧。
  16. ^ 「長く野球をやりたい」ロッテのドラ1左腕・鈴木昭汰 理想の投手像は“和田毅””. ABEMA TIMES (2021年5月20日). 2021年9月4日閲覧。
  17. ^ ロッテD1位・鈴木、初の登録抹消”. サンスポ (2021年6月5日). 2021年9月4日閲覧。
  18. ^ ロッテ今季10度目のドロー ドラ1ルーキー鈴木は6回1失点好投も2勝目ならず”. Sponichi Annex (2021年6月23日). 2021年11月14日閲覧。
  19. ^ 【始動左の本格派 鈴木昭汰】後半戦の課題 任された場面で役割全う”. 産経新聞 (2021年9月17日). 2021年11月14日閲覧。
  20. ^ 鷹の勢い止めたロッテドラ1鈴木昭汰 「しっかり抑えてくれた」井口監督”. 日刊スポーツ (2021年9月16日). 2021年11月14日閲覧。
  21. ^ 地味ながらも重要な役割 ロッテを支えたロングリリーフたち”. BASEBALL KING (2021年11月30日). 2021年12月10日閲覧。
  22. ^ 【新人採点】楽天80点、日本ハム85点、オリックス75点…パ・リーグ6球団のルーキーの評価は?”. 週刊ベースボールONLINE (2021年11月6日). 2021年11月14日閲覧。
  23. ^ ロッテ鈴木昭汰400万円増「内容の濃い1年」先発からリリーフもこなす”. 日刊スポーツ (2021年12月10日). 2021年12月10日閲覧。
  24. ^ ロッテ鈴木昭汰が2イニングを完全投球、先発でも中継ぎでも「1年間戦えるように対応しないと」”. 日刊スポーツ (2022年3月5日). 2022年3月24日閲覧。
  25. ^ 【ロッテ】ハーマンが米国帰国 CSファーストステージには登録されず”. 中日スポーツ (2021年11月9日). 2022年3月24日閲覧。
  26. ^ ロッテ井口監督が唐川侑己開幕1軍に「間に合わない感じ」 佐々木千隼も微妙でゲレーロら代役か”. 日刊スポーツ (2022年3月16日). 2022年3月24日閲覧。
  27. ^ ロッテ、OP戦は9位も…新戦力、若手、中堅、復活組のアピールで戦力に厚み”. BASEBALL KING (2022年3月22日). 2022年3月24日閲覧。
  28. ^ 【一覧】パ・リーグ開幕1軍登録選手”. 日刊スポーツ (2022年3月24日). 2022年3月24日閲覧。
  29. ^ “【ロッテ】すべて1点差で3連敗、鈴木昭汰2度押し出しで逆転負け「1軍では使えない」井口監督”. 日刊スポーツ. (2022年3月30日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202203300000923.html 2022年8月6日閲覧。 
  30. ^ “ロッテ、ドラフト1位の法大・鈴木昭汰と契約 最速153キロ左腕「柳田選手と対戦したい」”. スポーツニッポン. (2020年12月4日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/12/04/kiji/20201204s00001173445000c.html 2021年1月23日閲覧。 
  31. ^ 【始動左の本格派 鈴木昭汰】公式戦初登板 まっすぐに自信 失投は反省”. 産経新聞 (2021年4月13日). 2021年9月17日閲覧。
  32. ^ 日刊スポーツ発行 プロ野球選手写真名鑑2021
  33. ^ “ロッテ・鈴木「モチベーションになる」 幼なじみの親友オリックス・佐野如との対決心待ち”. Sponichi Annex. (2021年4月26日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/04/26/kiji/20210426s00001173021000c.html 2021年4月28日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]