POISON 〜言いたい事も言えないこんな世の中は〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
POISON
〜言いたい事も言えない
こんな世の中は〜
反町隆史シングル
初出アルバム『HIGH LIFE
B面 If you love me, don't forget me.
リリース
規格 8cmCD
ジャンル J-POP
時間
レーベル マーキュリー・ミュージックエンタテインメント
作詞・作曲 詞:反町隆史 曲:井上慎二郎
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間9位(オリコンCDTV
  • 1998年8月度月間13位(オリコン)
  • 1998年度年間88位(オリコン)
  • 登場回数12回(オリコン)
  • 反町隆史 シングル 年表
    ONE
    1998年
    POISON 〜言いたい事も言えないこんな世の中は〜
    (1998年)
    Poison -Movie Mix-
    1999年
    テンプレートを表示

    POISON ~言いたい事も言えないこんな世の中は~』(ポイズン:いいたいこともいえないこんなよのなかは)は反町隆史4枚目のシングル1998年7月29日発売。発売元はマーキュリー・ミュージックエンタテインメント

    解説[編集]

    反町主演のフジテレビ系ドラマ「GTO」主題歌。リーフレット・ミニカード特典封入。

    翌1999年、映画版主題歌として「Poison -Movie Mix-」が発売。

    本楽曲はヒットしたが、poisonは毒の意味を持つため、同年に発生した和歌山毒物カレー事件の影響で、反町は同年、紅白歌合戦の出場者に選ばれなかった。

    2020年、Amazonプライム・ビデオ配信ドラマ「湘南純愛組!」挿入歌で再び起用。

    ガンバレ☆プロレス所属のプロレスラー・今成夢人が入場曲として使用。

    2010年代末「本楽曲を聴かせると赤ちゃんが泣き止む」インターネット・ミームが広まり、子守唄の代用として使われている[1]

    2021年7月3日、所属事務所・研音の公式YouTubeチャンネルにて検証動画を配信。日本音響研究所の鈴木所長によると、イントロのギターが赤ちゃんの興味を引きやすく、反町の低い響きの声で赤ちゃんが落ち着くと分析している[2]

    収録曲[編集]

    全作詞:反町隆史 全編曲:吉田建

    1. POISON ~言いたい事も言えないこんな世の中は~(4:05)
      作曲:井上慎二郎
    2. If you love me, don't forget me.(4:42)
      作曲:花田裕之
    3. POISON (Instrumental)(4:05)
    4. If you love me, don't forget me. (Instrumental)(4:42)

    収録アルバム[編集]

    • サントラ「「G.T.O.」オリジナル・サウンドトラック」(1998年8月20日)
    • オリジナル「HIGH LIFE」(1998年9月18日)
    • ベスト「BEST OF MY TIME~1999」(2000年3月29日)
    • オムニバス「DraMania」(2004年6月23日)
    • ベスト「BEST of BEST」(2006年6月7日)
    • オムニバス「ヤンキートランス-走死走愛-」(2007年6月21日)
    • オムニバス「J-ポッパー伝説[DJ 和 in No.1 J-POP MIX]」(2008年3月26日)
    • オムニバス「クライマックス・ラヴストーリー 〜第1章〜」(2012年8月22日)

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    外部リンク[編集]