悲しみのアンジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
悲しみのアンジー
ローリング・ストーンズシングル
収録アルバム 山羊の頭のスープ
B面 シルヴァー・トレイン
リリース 1973年8月20日
1997年8月8日(日本・再発)
規格 7インチ・シングル(1973年盤)
8cmCDシングル(1997年盤)
録音 1972年11月 - 12月 キングストン ダイナミック・サウンド・スタジオ
ジャンル ロックバラード
時間 4分32秒
レーベル ローリング・ストーンズ・レコード
作詞・作曲 ミック・ジャガーキース・リチャーズ
プロデュース ジミー・ミラー
チャート最高順位
  • 1位(アメリカ[1]、オランダ[2]、スイス[3]、ノルウェー[4]
  • 5位(イギリス[5]
  • 8位(オーストリア[6]
  • 26位(日本[7]
ローリング・ストーンズ シングル 年表
ハッピー
(1972年)
悲しみのアンジー
(1973年)
ドゥー・ドゥー・ドゥー…(ハートブレイカー)
(1973年)
テンプレートを表示

悲しみのアンジー」(原題:Angie)は、ローリング・ストーンズ1973年に発表した楽曲。同年発表のアルバム『山羊の頭のスープ』からの先行シングルとしてリリースされた。

解説[編集]

タイトルの「アンジー」(女性名アンジェラの愛称)が誰を指しているかについては、デヴィッド・ボウイの前妻アンジェラ、運動家/学者のアンジェラ・デイヴィス[8]キース・リチャーズの恋人アニタ・パレンバーグ[9]等、様々な憶測が流れた。しかし、キース・リチャーズは後年、自分の娘の名前もアンジェラであることと、「アンジー」という言葉の響きが良かったことからタイトルを決めたと語っている[8]

キース・リチャーズとミック・テイラーアコースティック・ギターを演奏しており、ニッキー・ホプキンスピアノを担当。ストリングスアレンジはニッキー・ハリスンによる。

シングルとして発売されると、本国イギリスでは2週連続で5位に達した。アメリカでは1位に達し、バンドにとって7作目の全米1位獲得シングルとなった[1]。その後のライヴでも演奏され、ライヴ・ヴァージョンは『ストリップド』(1995年)、『ブリッジズ・トゥ・バビロン』(1997年、日本盤のみ収録)、『ライヴ・リックス』(2004年)で聴ける。

この曲ではプロモーションフィルムが制作されたが、ヴォーカルのテイクが異なる2種類のフィルム存在する[10]

2005年、 CDU党首アンゲラ・メルケルは、ドイツ連邦議会の総選挙に向けた選挙運動で「アンジー」をかけていた。これに対してバンドの代理人は難色を示したが、CDUは「アンジー」の演奏権を主張し、最終的にはドイツの音楽著作権管理団体GEMAからも確認を得られた[11]

再発CDシングル[編集]

日本では、1997年にフジテレビ系ドラマ『フェイス』の主題歌に使用され、それに伴いCDシングルとして再発されて、オリコン61位というリバイバル・ヒットとなった[12]。カップリング曲は、オリジナル盤と同じく「シルヴァー・トレイン」。

カヴァー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b The Rolling Stones - Awards : AllMusic
  2. ^ dutchcharts.nl - The Rolling Stones - Angie
  3. ^ The Rolling Stones - Angie - hitparade.ch
  4. ^ norwegiancharts.com - The Rolling Stones - Angie
  5. ^ ChartArchive - The Rolling Stones - Angie
  6. ^ Rolling Stones - Angie - austriancharts.at
  7. ^ 『オリコンチャート・ブック1968-1997』(オリコン/1997年/ISBN 4-87131-041-8)p.383
  8. ^ a b 『山羊の頭のスープ』日本盤CD(VJCP-18013)ライナーノーツ(越谷政義、1994年)
  9. ^ Angie - The Rolling Stones : Listen, Appearances, Song Review : AllMusic
  10. ^ 同じように、「ミス・ユー」もプロモーションビデオではヴォーカルがテイク違い。こちらはライヴ収録されている。
  11. ^ BBC NEWS | Europe | Stones' Angie in German poll row - 2010年4月30日閲覧
  12. ^ ザ・ローリング・ストーンズ - リリース - ORICON STYLEミュージック
先代:
シェール「ハーフ・ブリード」
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1973年10月20日
次代:
グラディス・ナイト&ザ・ピップス「夜汽車よ!ジョージアへ」