アンジェラ・デイヴィス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンジェラ・デイヴィス
Angela Davis
Angela Davis crop.png
生誕Angela Yvonne Davis[1]
(1944-01-26) 1944年1月26日(77歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アラバマ州バーミングハム
教育ブランダイス大学(学士)
カリフォルニア大学サンディエゴ校(修士)
フンボルト大学ベルリン(博士)
職業活動家著作家学者
肩書きカリフォルニア大学サンタクルーズ校名誉教授

アンジェラ・デイヴィス(Angela Davis、1944年1月26日 - )は、アメリカ合衆国活動家[2]著作家[3]学者である[4][注 1]カリフォルニア大学サンタクルーズ校名誉教授である。マルクス主義者で、アメリカにおける左翼運動の重要な活動家として知られる。また、デイヴィスは階級フェミニズム、アメリカの刑務所制度、産獄複合体などの専門家として知られる。

経歴[編集]

1944年1月26日[6]アラバマ州バーミングハムに生まれる[7]ブランダイス大学ではフランス語専攻[8]の優等学生マグナ・クム・ラウデ、3代目の Phi Beta Kappa として表彰され(1965年卒業[9])、フランクフルト大学では哲学を専攻した[10][11]フランクフルト学派の著名哲学者ヘルベルト・マルクーゼのもとで勉強したことで、マルクス主義に興味を持つ[12]

アメリカに帰国し、カリフォルニア大学サンディエゴ校で学業のかたわら学生非暴力連帯委員会(SNCC=Student Nonviolent Coordinating Committee)、ブラックパンサー、共産主義活動の主流にあり、1969年に修士号[9]を授与されると東ドイツフンボルト大学ベルリンに進み博士号を取得する[13][9]

中心の人物がデイヴィス。カリフォルニア大学、1969年10月。
デイヴィスのポスター(1971年)

再びアメリカに帰国し、マルクス主義フェミニストとして共産党に入党する。この時期に、第二波フェミニズムブラックパンサー党、反ベトナム戦争運動などに関わる[14]。1969年には、カリフォルニア大学ロサンゼルス校にて助教授となる[15]が、直後に共産党との関わりなどから理事会により免職となる[16]。ディヴィスは異議を申し立て、裁判により大学側の判断は違法だとされ復職するが、すぐさま過激な発言を理由に懲戒解雇される[17][18]。アメリカ大学教授協会(AAUP)は理事会のこの決断を非難した[19]

1970年、デイヴィスの名で登録された銃がカリフォルニア州の裁判所襲撃殺人事件に使われると、主犯にデイヴィスと面識のあるブラックパンサー党員がいたこと、デイヴィスと黒人政治犯釈放運動との関わり、指名手配中に逃亡したとして[20]誘拐、殺人ならびに脱獄の共謀の嫌疑をかけられる。起訴後も保釈を許されないまま、1年半を刑務所で過ごす[20][21]。全米でデイヴィス釈放運動が行われ、オノ・ヨーコジョン・レノンなどの著名人も参加した[22]。1972年、ラテン系1名を除く裁判官全員が白人の法廷において全ての罪状で無罪となる[23]

1980年代はサンフランシスコ州立大学の教授として教鞭をとった[24]。デイヴィスの研究の多くは刑務所廃止運動に関連し、1997年には産獄複合体英語版 [注 2]解体を目指す「Critical Resistance英語版」を共同で立ち上げた[25]

共産党の副党首に推されるものの1980年代に2度とも敗れ、1991年に離党し、民主主義と社会主義の通信委員会 (Committees of Correspondence for Democracy and Socialism) に参加した。また同年、カリフォルニア大学サンタ・クルーズ校のフェミニスト研究学科で教鞭をとり学部長を経て2008年に退官[26]。貢献のあった名誉教授に加わる[27]

教職を離れた後も執筆活動を続け、「ウォール街を占拠せよ」、ボイコット、投資撤収、制裁などのアメリカにおける政治活動に積極的に参加している。

各地で講演を行い、南アメリカで国連の国際女性デーや差別撤廃の普及[28][29]、人身売買[30]や麻薬取引撲滅の啓発に携わり、2019年3月23日にウルグアイの共和国大学(モンテビデオ)より表彰を受けた[31]。また共産主義者でアフリカ系であることから、キューバにおける影響を示唆する研究がある[32]

UCLA 復職[編集]

2014年にはカリフォルニア大学ロサンゼルス校のジェンダー研究学部で春学期を教えた。ジェニー・シャープ学部長は1970年当時、学問の自由を盾に教授会がデイヴィスを擁護しきれなかった遺恨と、学内からデイヴィスの復職が支持されたことに触れ、解雇した理事会の推薦枠という処遇は勧善懲悪であると述べた[33]

受賞、名誉[編集]

レーニン平和賞(1979年)[34]を含む多くの賞[どれ?]を受け[31]、2019年に全米女性殿堂にも加えられた[35] 。2020年にタイム誌は「100人のウーマン・オブ・ザ・イヤー」で1971年の代表に選んでいる[36]

アンジェラ・デイヴィスの名を冠した教育施設はフランスに数ヶ所見られる。

私生活[編集]

1980年から1983年まで、写真家でサンフランシスコ州立大学教授のヒルトン・ブレイスウェイトと結婚していた[42]。1997年、『Out』のインタビューでレズビアンであることを公表した。2020年現在、フェミニストでカリフォルニア大学サンタクルーズ校の研究者のジーナ・デントと共に暮らしている[43]

主な著作[編集]

書籍[編集]

  • If They Come in the Morning: Voices of Resistance』ニューヨーク:Third Press、1971年、ISBN 0-893-88022-1
    • 袖井林二郎(訳)『もし奴らが朝にきたら : 黒人政治犯・闘いの声』現代評論社、1972年、NCID BN05432959
  • 『Angela Davis: An Autobiography』ランダムハウス、1974年9月、ISBN 0-394-48978-0
    • 加地永都子(訳)『アンジェラ・デービス自伝』現代評論社、1977年、NCID BN02726498
  • 『Joan Little: The Dialectics of Rape』ニューヨーク:Lang Communications、1975年[44]
  • Women, Race and Class』1981年、ISBN 0-394-71351-6
  • 『Violence against women and the ongoing challenge to racism』初版、Kitchen Table〈Freedom organizing series、#5〉、1985年、ISBN 0913175110NCID BA81609465
  • 『Women, Culture & Politics』Vintage、1990年2月、ISBN 0-679-72487-7
  • 『The Angela Y. Davis Reader』 Joy James(編)、Wiley-Blackwell、1998年、ISBN 0-631-20361-3
  • Blues Legacies and Black Feminism: Gertrude "Ma" Rainey, Bessie Smith, and Billie Holiday』、Vintage Books、1999年、ISBN 0-679-77126-3
  • トニ・モリスンコーネル・ウェスト(共著)『The house that race built : original essays by Toni Morrison, Angela Y. Davis, Cornel West, and others on Black Americans and politics in America today』Lubiano, Wahneema H.(編)、Vintage Books、1998年、ISBN 9780679760689NCID BA37427899
  • 『Another world is possible : conversations in a time of terror』Kim, Jee (編)、第2版、Subway & Elevated Press、 New Mouth from the Dirty South(販売)、2002年、ISBN 9780966646962、NCID BB02778704。
  • Are Prisons Obsolete?Seven Stories Press、2003年、ISBN 1-58322-581-1
    • 上杉忍(訳)『監獄ビジネス グローバリズムと産獄複合体』岩波書店、2008年、ISBN 9784000224871
  • 『Abolition Democracy: Beyond Prisons, Torture, and Empire』Seven Stories Press、2005年、ISBN 1-58322-695-8
序文

インタビュー、出演[編集]

1971年

  • 『An Interview with Angela Davis』。カセット、音声資料。ニューヨーク:Radio Free People、1971年。
  • Myerson, M.「Angela Davis in Prison」『Ramparts Magazine』、1971年3月、pp.20–21。
  • Seigner, Art『Angela Davis: Soul and Soledad』音声ディスク。ニューヨーク:Flying Dutchman、1971年。
  • Walker, Joe『Angela Davis Speaks』音声ディスク。ニューヨーク:スミソニアン協会 Folkways Records、1971年[45]

1972年–1985年

  • WNETBlack Journal; 67; Interview with Angela Davis」、1972年6月20日放送。映像資料。司会者トニー・ブラウン(Tony Brown)の取材を受けるデイヴィス。サン・ラファエル法廷銃撃殺人事件の控訴に勝ち、初めて全国放送(PBS系列)のテレビ番組に出演[46]
  • 「Angela Davis Talks about her Future and her Freedom」『Jet』1972年7月27日、pp.54–57。
  • 『I Am a Black Revolutionary Woman』 初版は1971年、音声ディスク。ニューヨーク:スミソニアン協会Folkways、1977年。
  • Phillips, Esther『Angela Davis Interviews Esther Phillips』、音声カセット。ロサンゼルス:Pacifica Tape Library、1977年。
  • Cudjoe, Selwyn『In Conversation with Angela Davis』、ビデオカセット、映像資料。イサカコーネル大学 ETV Center、1985年。21分。

1992年–1997年

  • Davis, Angela Y.「Women on the Move: Travel Themes in Ma Rainey's Blues」『Borders/diasporas』。音声資料。カリフォルニア州立大学サンタクルーズ校、Center for Cultural Studies、1992年。
  • Davis, Angela Y.『Black Is... Black Ain't』。記録映像。Independent Television Service (ITVS)、1994年。
  • 『Interview Angela Davis』PBS、映像資料、1997年春[47]

2000年–2002年

  • Davis, Angela Y.『The Prison Industrial Complex and its Impact on Communities of Color』ビデオカセット、映像資料。ウィスコンシン大学マディソン校、2000年。
  • Barsamian, D.「Angela Davis: African American Activist on Prison-Industrial Complex」『Progressive』第65巻第2号 (2001): pp.33–38。
  • September 11 America: an Interview with Angela Davis」『Policing the National Body: Sex, Race, and Criminalization』。ケンブリッジ:South End Press、2002年。

2011年–2016年

アーカイブ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

[編集]

  1. ^ 日本語では「アンジェラ・デイビス」と表記されることもある[5]
  2. ^ 産獄複合体の定義は英語版ウィクショナリーの項目「prison-industrial complex」も参照。

出典[編集]

  1. ^ Angela Davis: A Birmingham Native Who Made the World Stand Still”. The Birmingham Times (2016年2月18日). 2016年5月25日閲覧。
  2. ^ Angela Davis Film Explores The 'Terrorist' And Scholar”. NPR (2013年4月18日). 2016年5月25日閲覧。
  3. ^ Angela Davis on Not Endorsing Any Presidential Candidate: "I Think We Need a New Party"”. Democracy Now! (2016年3月28日). 2016年5月25日閲覧。
  4. ^ Angela Davis and Johanna Fernandez”. East Bay Express (2016年2月16日). 2016年5月25日閲覧。
  5. ^ 30年間眠っていたフィルムから構成、ブラックパワー運動の熱気を捉えた記録映画”. CINRA.NET (2012年3月29日). 2016年5月25日閲覧。
  6. ^ UPI Almanac for Tuesday, Jan. 26, 2016”. United Press International (2016年1月26日). 2016年5月25日閲覧。
  7. ^ 'We used to think there was a black community'”. The Guardian (2007年11月8日). 2016年5月25日閲覧。
  8. ^ Brandeis girls gone wild”. Boston.com (2007年4月11日). 2016年5月25日閲覧。
  9. ^ a b c Gavins, Raymond (2016). The Cambridge Guide to African American History. Cambridge: Cambridge University Press. doi:10.1017/cbo9781316216453.082. ISBN 978-1-316-21645-3. http://ebooks.cambridge.org/ref/id/CBO9781316216453 
  10. ^ Jada Pinkett Smith on Her New Angela Davis Documentary”. The Daily Beast (2013年4月4日). 2016年5月25日閲覧。
  11. ^ Davis, Angela Yvonne『Peace, friendship, solidarity: Angela Davis in the GDR』Zeit im Bild、1969年、NCID BA70518936
  12. ^ Davis, Angela Yvonne (March 1989). “Waters”. Angela Davis: An Autobiography. New York City: International Publishers. ISBN 0-7178-0667-7 
  13. ^ Mechthild Nagel (2005年5月2日). “Women Outlaws: Politics of Gender and Resistance in the US Criminal Justice System”. SUNY Cortland. 2010年10月21日閲覧。
  14. ^ The Angela Y. Davis Reader. Blackwell. (1998). ISBN 9780631203612. https://books.google.com/books/about/The_Angela_Y_Davis_Reader.html?id=Peut8UbchIsC 2019年7月18日閲覧。 
  15. ^ UCLA's 'Optimist' tribute to avowed communist Angela Davis blasted”. Fox News (2014年11月16日). 2016年5月25日閲覧。
  16. ^ Wolfgang Saxon (1997年4月14日). “Jerry Pacht, 75, Retired Judge Who Served on Screening Panel”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1997/04/14/us/jerry-pacht-75-retired-judge-who-served-on-screening-panel.html 2019年8月26日閲覧。 
  17. ^ Davies, Lawrence (2011年4月28日). “UCLA Teacher is Ousted as Red”. The New York Times 
  18. ^ Turner, Wallace (2011年4月28日). “California Regents Drop Communist From Faculty”. The New York Times 
  19. ^ “University Censured for Dismissing Angela Davis”. Jet (Johnson Publications) 42 (9). (1972年5月25日). https://books.google.com/books?id=rrEDAAAAMBAJ&printsec=frontcover&hl=en#v=onepage&q=board&f=false 2019年8月26日閲覧。 
  20. ^ a b “Search broadens for Angela Davis”. Eugene Register-Guard. Associated Press. (1970年8月17日). https://news.google.com/newspapers?id=4BkRAAAAIBAJ&sjid=NuEDAAAAIBAJ&pg=6482%2C3554926 2009年9月14日閲覧。 
  21. ^ Charleton, Linda (2011年4月28日). “F.B.I Seizes Angela Davis in Motel Here”. The New York Times. https://www.nytimes.com/books/98/03/08/home/davis-fbi.html?-r=1 2011年4月26日閲覧。 
  22. ^ Blaney, John. 2005 John Lennon: Listen to this Book. PaperJukebox. p. 117
  23. ^ Earl Caldwell, Angela Davis acquitted on all charges, The New York Times, 1972-06-04; 2016年8月5日閲覧。
  24. ^ Brooke, James (1984年7月29日). “Other Women Seeking Number 2 Spot Speak Out”. The New York Times. https://www.nytimes.com/books/98/03/08/home/davis-vp.html?_r=2 2011年4月26日閲覧。 
  25. ^ Davis, Angela (2003). Are prisons Obsolete?. Canada: Open Media Series 
  26. ^ Activist Angela Davis Returns to UCLA”. NBC 4 Los Angeles (2014年5月11日). 2016年5月25日閲覧。
  27. ^ Angela Davis | American activist” (英語). Encyclopedia Britannica. 2021年1月26日閲覧。
  28. ^ Angela Davis en Uruguay” (スペイン語). Intendencia de Montevideo. (2019年3月11日). 2021年1月27日閲覧。
  29. ^ Entradas agotadas para conferencia de Angela Davis” (スペイン語). radiouruguay.uy (2019年3月13日). 2021年1月27日閲覧。
  30. ^ Davis, Angela Y. (2018). “The Past, Present, and Future of Assata’s Message”. Women's Studies Quarterly 46 (3 & 4): 232–234. doi:10.2307/26511344. ISSN 0732-1562. https://www.jstor.org/stable/26511344. 
  31. ^ a b Activist Angela Davis to speak in Little Rock on October 8th” (英語). thv11.com. 2021年1月27日閲覧。
  32. ^ Seidman, Sarah J. (2020-01-01). “Angela Davis in Cuba as Symbol and Subject” (英語). Radical History Review 2020 (136): 11–35. doi:10.1215/01636545-7857227. ISSN 0163-6545. https://read.dukeupress.edu/radical-history-review/article/2020/136/11/148070/Angela-Davis-in-Cuba-as-Symbol-and-Subject. 
  33. ^ Lopez, Andrew (2014年5月11日). “Activist Angela Davis Returns to UCLA” (英語). NBC Los Angeles. 2021年1月26日閲覧。
  34. ^ Angela Davis Now : On a Quiet Street in Oakland, the Former Radical Activist Has Settled In but Not Settled Down (3/4)”. Los Angeles Times (1989年3月8日). 2016年5月25日閲覧。
  35. ^ National Women's Hall of Fame, Angela Davis
  36. ^ 100 Women of the Year”. Time Magazine. 2020年6月2日閲覧。
  37. ^ Ecole maternelle publique Angela Davis” (フランス語). Ministère de l'Education Nationale de la Jeunesse et des Sports. 2021年1月27日閲覧。
  38. ^ Ecole maternelle Angela Davis à Grigny (91350)”. www.journaldesfemmes.fr. 2021年1月27日閲覧。
  39. ^ Lycée polyvalent Angela Davis (ex Plaine commune)” (フランス語). Ministère de l'Education Nationale de la Jeunesse et des Sports. 2021年1月27日閲覧。
  40. ^ Tremblay-en-France, Ville de. “Espace Angela Davis” (フランス語). Ville de Tremblay-en-France : Site Internet. 2021年1月27日閲覧。
  41. ^ Monuments et architecture - Groupe scolaire Angela Davis - 2014 (Archi5) - Bezons” (フランス語). www.cirkwi.com. 2021年1月27日閲覧。
  42. ^ Angela Davis, Sweetheart of the Far Left, Finds Her Mr. Right”. People (1980年7月21日). 2011年10月20日閲覧。
  43. ^ George, Nelson (2020年10月19日). “Angela Davis Still Believes America Can Change”. The New York Times. 2021年9月7日閲覧。
  44. ^ Ms. Magazine | From the Archives”. msmagazine.com. 2018年4月27日閲覧。
  45. ^ Smithsonian Folkways Recordings
  46. ^ (英語) Black Journal; 67; Interview with Angela Davis, http://americanarchive.org/catalog/cpb-aacip-512-1v5bc3tn06 2020年9月30日閲覧。 
  47. ^ Interview with Angela Davis | The Two Nations of Black America | FRONTLINE”. pbs.org. 2018年4月27日閲覧。
  48. ^ The Black Power Mixtape 1967–1975”. imdb.com (2011年4月1日). 2018年4月27日閲覧。
  49. ^ "Activist Professor Angela Davis"、『Woman's Hour』BBC ラジオ 4、2014年12月3日。
  50. ^ Criminal Queers Screening & Conversation - Henry Art Gallery”. henryart.org. 2021年1月26日閲覧。
  51. ^ The Filmmakers Behind ‘Criminal Queers’ Explain Why “Queer Liberation is Prison Abolition”” (英語). In These Times. 2021年1月26日閲覧。
  52. ^ National United Committee to Free Angela Davis (1970–07-02). “National United Committee to Free Angela Davis records, circa 1970–1972” (英語). searchworks.stanford.edu. 2017年3月2日閲覧。
  53. ^ Using the Law | Bancroft Library”. mcli.org. Meiklejohn Civil Liberties Institute. 2017年3月2日閲覧。
  54. ^ The Bancroft Library, University of California, Berkeley(カリフォルニア州立大学バークレー校バンクロフト図書館). “Publications of the Meiklejohn Civil Liberties Institute” (英語). bancroft.berkeley.edu. 2017年3月2日閲覧。
  55. ^ Hong, Sarah J. (2018年2月14日). “Angela Davis Donates Papers to Schlesinger Library”. radcliffe.harvard.edu. Radcliffe Institute for Advanced Study. 2018年2月27日閲覧。
  56. ^ Collected materials about Angela Davis (University Archives Record Series 815) (Report). UCLA Library Special Collections: UCLA University Archives. http://pdf.oac.cdlib.org/pdf/ucla/uarc/uars0815.pdf 2020年3月12日閲覧。. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]