イッツ・オンリー・ロックン・ロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イッツ・オンリー・ロックン・ロール
ローリング・ストーンズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1972年12月6日 - 12月13日
1973年11月13日 - 24日
1974年2月20日 - 3月3日
1974年4月12日 - 5月27日
ジャンル ロック
時間
レーベル Rolling Stones
イギリスの旗Atlantic(オリジナル盤)
EMICBS UKVirginPolydor(リイシュー盤)
アメリカ合衆国の旗Atlantic(オリジナル盤)
Columbia→Virgin→Interscope(リイシュー盤)
日本の旗ワーナー・パイオニア(オリジナル盤)
東芝EMICBS/SONY→Sony RecordsEMIJ/Virgin→Universal Int'l(リイシュー盤)
プロデュース グリマー・ツインズ
専門評論家によるレビュー
ローリング・ストーンズ 年表
山羊の頭のスープ
1973年
イッツ・オンリー・ロックン・ロール
1974年
メイド・イン・ザ・シェイド
1975年
テンプレートを表示

イッツ・オンリー・ロックン・ロール』(It's Only Rock'n Roll )は、1974年にリリースされたローリング・ストーンズオリジナルアルバム。プロデュースはグリマー・ツインズ。レコーディング・エンジニアはアンディ・ジョンズおよびキース・ハーウッド。全英2位、全米1位を記録。

解説[編集]

1968年の『ベガーズ・バンケット』より続いてきたスワンプ・ロック路線から脱却し、本作ではソリッドかつストレートなロックサウンドに転換が図られた[1]。『スティッキー・フィンガーズ』(1971年)以降、ストーンズのサウンド面では欠かせなかったホーン・セクションも本作では一掃されている。本作はグリマー・ツインズ(ミック・ジャガーキース・リチャーズのプロデューサーとしての匿名クレジット)がプロデュースを行った初の作品である。『ベガーズ…』以降ストーンズの全作品のプロデュースを引き受けてきたジミー・ミラーは本作のセッションの途中で降板した。そして、1969年からストーンズのリードギタリストとして共に活動をしてきたミック・テイラーが、本作リリース直後の1974年12月にグループを脱退したため、テイラーが参加した最後のアルバムにもなった。テイラーの脱退理由には様々な憶測が流されたが、本人は「キースのドラッグが原因でメンバーがバラバラな状態だった」と語っている。あらゆる意味で本作はグループにとっての転換点になった[2]

本作のレコーディングは、1973年のヨーロピアン・ツアー終了直後の11月からドイツミュンヘンのミュージックランド・スタジオにて開始された。「ショート・アンド・カーリーズ」のみ、前作『山羊の頭のスープ』のセッションからのものである[3]。アルバムタイトル曲の「イッツ・オンリー・ロックン・ロール」は、当時フェイセズのギタリストであり、テイラーの後任として後にストーンズに加入するロン・ウッドの自宅の地下室で、ベーシック・トラックが作られている。ウッドは当時、自身初のソロ・アルバム『俺と仲間』の制作中であり、リチャーズとテイラーもその作品に参加している。このことでストーンズとの関係を深めたウッドが、後に新メンバーとして加入するのは自然な流れだった[2]

本作のパッケージはシングル・スリーブで、特にオマケもなくシンプルなものとなった。ジャケットの絵を手がけたガイ・ピーラートは、かつて「Rock Dreams」という画集でストーンズを描いたことからジャガーに気にいられ、本作のレコーディングにも立ち入りを許されていたという。ジャケットの絵はそのレコーディング中にイメージしたものだという[3]。内袋に前作同様、各曲のクレジットとゲストミュージシャンの写真が印刷されている。また、「イッツ・オンリー・ロックン・ロール」、「エイント・トゥー・プラウド・トゥ・ベッグ」、「ティル・ザ・ネクスト・グッドバイ」でプロモーションビデオが制作された。現在ではいずれもYou Tubeのストーンズ公式ページで試聴可能である。

この1974年には、ビル・ワイマンがストーンズのメンバーで初となるソロ・アルバム『モンキー・グリップ』をリリースし、全英39位にランクインしている[4]

1994年ヴァージン・レコードからリマスター版が、2009年にはポリドールから再リマスター版がリリースされた。2011年には日本限定で、ユニバーサルミュージックグループから最新リマスター版がSACDにて発売された。

評価[編集]

イギリスでは2位に留まり、1969年の『レット・イット・ブリード』以来続いていた連続1位の記録が途絶えた[5]アメリカでは1週のみだが1位となり[3]2000年プラチナ・ディスクを獲得するものの、売上は前作を超えることは出来なかった[6]。本作からはアルバムタイトル曲「イッツ・オンリー・ロックン・ロール」が先行シングルとして、また 「エイント・トゥー・プラウド・トゥ・ベッグ」(テンプテーションズのカバー)がリカットシングルとして発表されたが、「イッツ・オンリー…」はアメリカでトップ10を逃しており[7]、ストーンズは商業的スランプに陥っていた。

グレイト・ギタリスト・ハント~北米ツアー[編集]

テイラーの突然の脱退を受け、グループは1974年12月より、新ギタリストのオーディションを兼ねた新作のレコーディングを開始する。このオーディションは「グレイト・ギタリスト・ハント」と呼ばれ、誰が新メンバーになるか注目を集めた。候補と噂されたギタリストには、ジェフ・ベックミック・ロンソンなど10名以上にもおよび、はてはウィルコ・ジョンソンジミー・ペイジロバート・ジョンソンといったありえない名前までが挙げられたが[8]、4月14日までに旧知であったロン・ウッドが加入することで決定した[9]

1975年5月より、「NORTH AMERICAN TOUR 1975」が開始された(ツアー開始に合わせる形で、ベストアルバムメイド・イン・ザ・シェイド』もリリースされている)。ツアー告知は5月1日、ニューヨークの5thアベニューにおいてトラックの荷台で「ブラウン・シュガー」を演奏する形で行われた[10]。ツアーは6月1日のルイジアナ州バトンルージュのルイジアナ州立大学公演から始まり、8月8日のニューヨーク州バッファローのリッチ・スタディアム公演で終了した。このツアーではオープニングに「庶民のファンファーレ」が流され、巨大なペニスをかたどった風船扇風機でステージ上に膨らまされた。この演出は警察から「あれをまた使ったら今度は刑務所行きだ」と警告されたため一度しか行われなかった[11]。ウッドもこのツアーに同行したが当時はまだフェイセズが活動中であり、サポートメンバーという形で参加していた[12]。同ツアーでは本作から「イフ・ユー・キャント・ロック・ミー」「エイント・トゥー・プラウド・トゥー・ベッグ」「イッツ・オンリー・ロックン・ロール」「フィンガープリント・ファイル」などが演奏された。またサポートを務めたビリー・プレストンの曲も披露されている。

曲目[編集]

特筆無い限り、作詞・作曲はジャガー/リチャーズ ※#3のみ、"Inspiration by Ronnie Wood"と注釈がつけられている。

  • A面
  1. イフ・ユー・キャント・ロック・ミー - If You Can't Rock Me 3:47
  2. エイント・トゥー・プラウド・トゥ・ベッグ - Ain't Too Proud to Beg (Norman Whitfield/ Eddie Holland) 3:31
  3. イッツ・オンリー・ロックン・ロール - It's Only Rock'n Roll (But I Like It) 5:07
  4. ティル・ザ・ネクスト・グッドバイ - Till The Next Goodbye 4:37
  5. タイム・ウェイツ・フォー・ノー・ワン - Time Waits for No One 6:38
    • テイラーによる長いギターソロをフィーチャーした曲。テイラーも作曲に大きく関与したとされるが作者としてクレジットされておらず、彼はこのことに不満を漏らしている[13]。だがテイラーは「ほとんど自分が書いた」と言うこともあれば一方で「ジャガーが書いた」と答えることもあり、はっきりと明言はしていない[14]
  • B面
  1. 快楽の奴隷 - Luxury 5:01
    • 1994年版からオリジナル版より尺の長いバージョンに差し替えられた。
  2. ダンス・リトル・シスター - Dance Little Sister 4:11
  3. マイ・フレンド - If You Really Want to Be My Friend 6:17
  4. ショート・アンド・カーリーズ - Short and Curlies 2:44
  5. フィンガープリント・ファイル - Fingerprint File 6:33

参加ミュージシャン[編集]

ローリング・ストーンズ

ゲストミュージシャン

[15][16]

脚注[編集]

  1. ^ a b アーカイヴシリーズvol.4「ザ・ローリング・ストーンズ['69-'74]」(シンコーミュージック刊、2002年ISBN 4-401-61774-6)113頁
  2. ^ a b アーカイヴシリーズvol.4「ザ・ローリング・ストーンズ['69-'74]」(シンコーミュージック刊、2002年、ISBN 4-401-61774-6)22頁
  3. ^ a b c 日本版リマスターCD(1994年)の越谷政義による解説より。
  4. ^ BILL WYMAN | full Official Chart History | Official Charts Company:
  5. ^ ROLLING STONES | full Official Chart History | Official Charts Company:
  6. ^ Gold & Platinum - RIAA:
  7. ^ The Rolling Stones - Chart history | Billboard:
  8. ^ アーカイヴシリーズvol.5「ザ・ローリング・ストーンズ['74-'03]」(シンコーミュージック刊、2003年ISBN 4-401-61801-7)174-175頁
  9. ^ 『ストーン・アローン/上』(ビル・ワイマン/レイ・コールマン著、野間けい子訳、ソニー・マガジンズ刊、1992年ISBN 4-7897-0780-6 )36頁
  10. ^ 公式写真集『The Rolling Stones 50』(ローリング・ストーンズ著、佐藤志緒訳、ヤマハミュージックメディア刊、2012年ISBN 978-4-636-88707-5) 248-249頁
  11. ^ 公式写真集『The Rolling Stones 50』(ローリング・ストーンズ著、佐藤志緒訳、ヤマハミュージックメディア刊、2012年ISBN 978-4-636-88707-5) 252-253頁
  12. ^ ブラック・アンド・ブルー』日本版リマスターCD(1994年)の越谷政義による解説より。
  13. ^ アーカイヴシリーズvol.4「ザ・ローリング・ストーンズ['69-'74]」(シンコーミュージック刊、2002年、ISBN 4-401-61774-6)23頁
  14. ^ アーカイヴシリーズvol.4「ザ・ローリング・ストーンズ['69-'74]」(シンコーミュージック刊、2002年、ISBN 4-401-61774-6)165頁
  15. ^ It's Only Rock 'N' Roll - The Rolling Stones | Credits | AllMusic:
  16. ^ It's Only Rock 'n' Roll:” (英語). 2016年12月25日閲覧。