シーズ・ア・レインボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シーズ・ア・レインボー
ローリング・ストーンズシングル
初出アルバム『サタニック・マジェスティーズ
B面 2000光年のかなたに
リリース
規格 シングル
録音 1967年5月
ジャンル サイケデリック・ポップ[1]
バロック・ポップ[2]
時間
レーベル イギリスの旗 デッカ・レコード
アメリカ合衆国の旗 ロンドンレコード
作詞・作曲 ジャガー/リチャーズ
プロデュース ローリング・ストーンズ
ローリング・ストーンズ シングル 年表
イン・アナザー・ランド
(1967年)
シーズ・ア・レインボー
(1967年)
ジャンピン・ジャック・フラッシュ
1968年
サタニック・マジェスティーズ 収録曲
魔王讃歌(二部)
(5)
シーズ・ア・レインボー
(6)
ランターン
(7)
テンプレートを表示

シーズ・ア・レインボー」(She's a Rainbow )は、ローリング・ストーンズの楽曲。1967年のアルバム『サタニック・マジェスティーズ』収録。作詞・作曲はミック・ジャガーおよびキース・リチャーズアメリカ他数カ国でシングル・リリースされた。

解説[編集]

レコーディングは1967年5月、ロンドンオリンピック・スタジオで行われた[3]サイケデリックな作風となった『サタニック・マジェスティーズ』の中で、最もポップなメロディーを持つが、執拗に同じテーマを繰り返す曲構成や、間奏の奇妙なストリングス、エンディングの不協和音など、サイケデリックロックの要素も多分に含まれている。ストリングス編曲は、後にレッド・ツェッペリンベーシストキーボーディストとなるジョン・ポール・ジョーンズが担当し、アルバム・カバーにもその名が記載されている。曲全体をリードするピアノニッキー・ホプキンストランペットの音はブライアン・ジョーンズの弾くメロトロンによるものである[3]

イギリスではシングルカットされていないが、アメリカやヨーロッパの数カ国でシングルカットされ、アメリカでは25位にランクインしている[4](B面は「2000光年のかなたに」)。尚、シングルやコンピレーションアルバムに収録されたものには、『サタニック…』収録時にあった冒頭のストリートノイズは削除されている。

この曲は、1990年代後半にiMacテレビCMに使用された。また、日本では2015年進研ゼミのCMにも使用された。ミック・ジャガーは、『サタニック…』自体には低評価を下しているが、この曲と「2000光年のかなたに」だけは「いい曲だ」としている[5]

コンサートパフォーマンス[編集]

『サタニック…』収録曲は、ステージでの再現が難しいものが多く、この曲もリリースから30年もの間、全くストーンズのコンサートで披露されてこなかったが、1997年の「ブリッジズ・トゥ・バビロン」ツアーで初めて演奏された。また直近の2016年のツアーでも披露されている[3]

参加ミュージシャン[編集]

[3]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Philippe Margotin; Jean-Michel Guesdon (25 October 2016). Rolling Stones All the Songs: The Story Behind Every Track. Hachette Books. p. 433. ISBN 978-0-316-31773-3.
  2. ^ Nigel Williamson (2008). The Rough Guide to the Best Music You've Never Heard. Rough Guides. p. 181. ISBN 978-1-84836-003-7.
  3. ^ a b c d She's a Rainbow:” (英語). 2016年12月13日閲覧。
  4. ^ The Rolling Stones - Chart history | Billboard:
  5. ^ SIGHT VOL.14 特集「ロックの正義!!ストーンズ全100ページ」株式会社ロッキング・オン(2003年)、50頁