友を待つ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
友を待つ
ローリング・ストーンズシングル
初出アルバム『刺青の男
B面 リトルT&A
リリース
規格 レコード, シングル
録音 1972年 - 1973年, 1980年 - 1981年
ジャンル ロック
時間
レーベル Rolling Stones/Virgin
作詞・作曲 ジャガー/リチャーズ
プロデュース グリマー・ツインズ
チャート最高順位
ローリング・ストーンズ シングル 年表
"スタート・ミー・アップ"
(1981)
"友を待つ"
(1981)
"ハング・ファイヤー"
(1982)
テンプレートを表示

友を待つ」(ともをまつ - Waiting on a Friend )は、ローリング・ストーンズの楽曲。作詞・作曲はミック・ジャガーおよびキース・リチャーズ1981年発表のアルバム『刺青の男』収録。

解説[編集]

元々は『山羊の頭のスープ』(1973年)のためのセッションで、1972年11月から12月にかけて、ジャマイカキングストンにあるダイナミック・スタジオにおいて録音されたものに、1980年10月から11月にパリ、パテ・マルコーニスタジオおよび1981年4月から7月までのニューヨーク、アトランティック・スタジオでのオーバーダブを経て完成された[1]。ミック・ジャガーによれば1972年の時点ではベーシックトラックしか録音しておらず、『刺青の男』のために歌詞を入れたのだという。歌詞の内容について「すごく優しい愛に満ちた、バンド内の友情について歌ったものだ」と説明している[2]。最初に録音された1972年当時は、まだミック・テイラーが在籍していた頃であり、彼もこの曲に参加しているが、アルバム発売当時はクレジットが全く記載されず、テイラーはこの曲と同じく自分が参加した「トップス」の分の印税の支払いを求めて提訴を起こしている[3](テイラーは参加していないとする説もある[1])。ソニー・ロリンズによるサックスマイク・カラベロによるパーカッションは、1981年のニューヨークでのセッションで録音されたものである[4]

アルバムからのリカットシングルとして、1981年11月に「リトルT&A」をB面にしてリリースされ、アメリカでは13位にランクインした[5]イギリスでは50位止まりとなっている[6])。シングルのジャケット写真には、後述のプロモーションビデオからの一場面が使用された。

ミュージック・ビデオ[編集]

この曲にはプロモーションビデオも製作されている(監督はマイケル・リンゼイ=ホッグ)。歌詞の内容どおり、ジャガーがキース・リチャーズを待っているところから始まり、落ち合った二人が他の3人のメンバーが待つパブに向かい、最後にメンバーがそれぞれ楽器をつかんで演奏を始めようとするところで映像が終る。ジャガーがリチャーズを待っている場所はニューヨーク・マンハッタンセント・マークス・プレイス8丁目にあるアパートで[2]レッド・ツェッペリンのアルバム『フィジカル・グラフィティ』(1975年)のジャケット写真にも使われた建物である。映像はYou Tubeのストーンズ公式ページで視聴できる。

コンサート・パフォーマンス[編集]

リリース直後から開始された1981年の世界ツアーで披露され、その後しばらくセット・リストから外されるが、1997年の『ブリッジズ・トゥ・バビロン・ツアー』で再び採り上げられる。以降、2003年2005年2007年2013年2014年のツアーでも披露されている[1]。公式ライヴアルバムには1998年の『ノー・セキュリティ』に収録されている。また、1981年の世界ツアーでの映像が映画『レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー』(1983年)に収録されている。

参加ミュージシャン[編集]

[1][4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Waiting on a Friend:” (英語). 2017年3月31日閲覧。
  2. ^ a b 『刺青の男』リマスターCD(1994年)日本版の越谷政義による解説より。
  3. ^ アーカイヴシリーズvol.5「ザ・ローリング・ストーンズ['74-'03]」(シンコーミュージック刊、2003年、ISBN 4-401-61801-7) 123頁
  4. ^ a b The Complete Works of the Rolling Stones - Database” (英語). 2017年3月31日閲覧。
  5. ^ The Rolling Stones - Chart history | Billboard
  6. ^ The Rolling Stones | full Official Chart History | Official Charts Company