アンダー・マイ・サム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンダー・マイ・サム
ローリング・ストーンズ楽曲
収録アルバム アフターマス
リリース 1966年4月15日UK
1966年6月20日US
規格 レコード
録音 1966年3月6日 - 3月9日
ジャンル ロック
ブルースロック
時間 3分41秒
レーベル デッカ・レコードアブコ・レコードUK
アブコ・レコード(US
作詞者 ジャガー/リチャーズ
作曲者 ジャガー/リチャーズ
プロデュース アンドリュー・ルーグ・オールダム
その他収録アルバム
  • ギミー・シェルター (1971年)
  • ホット・ロックス (1972年)
  • マイルストーンズ (1972年)
  • ロールド・ゴールド (1975年)
  • スティル・ライフ (1982年)
アフターマス収録順
レディ・ジェーン
(3)
アンダー・マイ・サム
(4)
邪魔をするなよ
(5)

アンダー・マイ・サム」(Under My Thumb)は、1966年に発表されたローリング・ストーンズ楽曲。作詞作曲は、ミック・ジャガーキース・リチャーズ

概要[編集]

1966年発表のスタジオアルバムアフターマス』の収録曲として発表された。イギリスアメリカでは一度もシングル化していない(ただし、日本で独自にシングル・カットされている[1])。この曲の大きな特徴であるマリンバブライアン・ジョーンズによるものである。「どんな女も俺の言いなり」という内容の歌詞がフェミニストからの攻撃対象にされた事もあるが、ジャガーはこれについて「あれはちょっとしたジョーク・ナンバーで、実在する女性を指してるんじゃなく、カリカチュアなんだ」と弁解している[2]。コンサートでは度々取り上げられ、また複数のコンピレーション・アルバムにも収録されている。

参加ミュージシャン[編集]

[3]

コンサート・パフォーマンス[編集]

発表当時の1966年より、ストーンズのコンサートのレパートリーに入れられており、以降コンスタントに披露され続けている。公式ライブ盤では、『ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット!』(1966年)、『スティル・ライフ』(1982年)、 『ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト(40周年記念エディション)』(2009年)に収録されている。1969年のアメリカツアーでも演奏されたが、ツアー最終日の「オルタモントの悲劇」で名高いオルタモント・フリーコンサートでは、この曲の演奏中に観客の一人がイベントの警備を務めていたヘルズ・エンジェルスのメンバーに殺害される事件が起きた。映画『ギミー・シェルター』に、その一部始終が克明に記録されている。なお、文献の中には「悪魔を憐れむ歌」の演奏中に殺害事件が起きたとするものもあるが、誤りである。

カバー・バージョン[編集]

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Rolling Stones, The - Under My Thumb (Vinyl) at Discogs:
  2. ^ SIGHT VOL.14 特集「ロックの正義!!ストーンズ全100ページ」株式会社ロッキング・オン(2003年)、50頁。
  3. ^ Under My Thumb: