マディ・ウォーターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マディ・ウォーターズ
Muddy Waters.jpg
手前にいる人物がウォーターズ。1971年、トロントにて撮影。
基本情報
出生名 McKinley Morganfield
別名 シカゴ・ブルースの父
生誕 1913年4月4日
米国ミシシッピ州アイザッキーナ・カウンティ
死没 1983年4月30日(満68歳没)
米国イリノイ州ウェストモント
ジャンル ブルース
職業 ミュージシャン、シンガー
担当楽器 ギター
活動期間 1941年〜1983年
レーベル アリストクラット・レコード
チェス・レコード
ブルー・スカイ・レコード
公式サイト www.muddywaters.com

マディ・ウォーターズMuddy Waters, 1913年4月4日 - 1983年4月30日)は、米国ブルースシンガーギタリスト。本名は、マッキンリー・モーガンフィールド(McKinley Morganfield)。シカゴにおいてエレキ・ギターを使ったバンド・スタイルのブルースを展開し、シカゴ・ブルースの形成に大きな足跡を残したことから、「シカゴ・ブルースの父」と称される。生涯に6度グラミー賞を受賞し[1]、没後の1987年にはロックの殿堂入りを果たした[2]

その豊富で深淵な声、豪快なボトルネック・ギター、カリスマ的キャラクターで、ブルースの第一人者のひとりとなった。ロック界においても、ローリング・ストーンズエリック・クラプトンロリー・ギャラガーポール・ロジャースザ・バンドなど、彼から影響を受けたミュージシャンは多く、その影響力は計り知れない。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第53位[3]

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第17位。

2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第49位。

来歴[編集]

クラークスデイル郊外ストーヴァルのプランテーションにて幼少期を過ごす。泥んこになって遊ぶのが大好きだったことから、マディ・ウォーターズ(泥水)とのニックネームで呼ばれるようになった。7歳でハーモニカを始め、のちにギターに転向。当時の彼のアイドルは、サン・ハウスロバート・ジョンソンらであった。 なお、1915年ミシシッピ州ローリング・フォーク生まれとされてきたが、近年の研究[4]により1913年にミシシッピ州のアイザッキーナ・カウンティとするのが定説となっている。

1941年8月、国会図書館のフィールド・レコーディングのためにミシシッピ州を訪れたアラン・ローマックスが、ストーヴァルでウォーターズをレコーディングする。これが彼の初レコーディングとなった。1943年イリノイ州シカゴに移住。1946年にはコロンビアでレコーディングを行っている。

1947年、サニーランド・スリムに誘われ、アリストクラット・レーベル(後のチェス・レコード)のレコーディングに参加。これは、スリムのバッキングをするためであったが、マディも"Gypsy Woman"、"Little Anna Mae"の2曲をレコーディングした。これが彼のレーベルからのデビュー盤となった。このときの編成はスリムのピアノ、ビッグ・クロフォードのベースのみをバックにつけたもので、まだバンド・スタイルではなかった。

バンド・スタイルでレコーディングするようになったのは、1950年のパークウェイのセッションから。リロイ・フォスターリトル・ウォルターがヴォーカルを取るセッションではあったが、初めてウォルターがハーモニカをプレイするなど、実質的にマディ・ウォーターズ・バンドの始動とも言える内容であった。パークウェイに負けじと、続いてチェスもマディをバンド・スタイルでレコーディングするようになった。1953年にはオーティス・スパン1954年にはウィリー・ディクスンがレコーディングに加わるようになり、マディのバンドの形が完成する。同年、"I'm Your Hoochie Coochie Man"、"I Just Want To Make Love To You"など、彼の代表曲となる曲がレコーディングされた。1955年にも"Mannish Boy"などがヒットする。1958年には、初のイギリス・ツアーを体験する。

1963年、アメリカン・フォーク・ブルース・フェスティバル出演のために渡欧。翌年、当時のフォーク・ブームに乗る形でアルバム『Folk Singer』をリリースした。同作には、ギターにバディ・ガイが参加している。この年もフェスティバルのために再度渡欧した。

1968年、異色作『Electric Mud』をリリース。これは、ロック・ファンにアピールするために、大胆にサイケデリックなアレンジを施した作品であった。ロックへの傾向は続く1975年の『Woodstock Album』でさらに顕著となる。ここではザ・バンドリヴォン・ヘルムガース・ハドスンポール・バターフィールドなどロックミュージシャンが参加している。翌1976年には、ザ・バンドの解散コンサート、「ラスト・ワルツ」に出演。ザ・バンドをバックに"Mannish Boy"を歌う様子は、同名のドキュメント映画に記録されている。

1977年ジョニー・ウィンターと組んでブルー・スカイよりアルバム『Hard Again』をリリース。また、同年リリースされたウィンターのアルバム『Nothin' But the Blues』のレコーディングに参加。以後、ウィンターのサポートを得て1981年までに計4枚のアルバムをリリースした。

1980年5月、唯一の来日公演を行う。

1983年、イリノイ州ウェストモントにて68歳で死去。シカゴ近郊のオールシップにあるレストヴェール墓地に埋葬された。

エピソード[編集]

  • ローリング・ストーンズは渡米した際、チェス・レコードを訪れ、マディ本人と面会している。ストーンズのメンバー曰く、その時マディはスタジオの塗装工事をしていたという。
  • ZZトップのビリー・ギボンズは、見学で訪れたマディの生家が、ハリケーンで倒壊していたため、その生家の建材を利用したギターを制作し、実際これを使用している。
  • ジョニー・ウィンターは自身のレーベルから、マディの新譜を発売し、晩年の創作活動と生活を支える手助けをしていた。
  • 自身のバンドにギタリストとして参加したいと、売り込みに来た見どころのある若者にチェス・レコードを紹介する。その若者こそが、後のチャック・ベリーである。

ディスコグラフィー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Muddy Waters - Awards : AllMusic
  2. ^ Muddy Waters: inducted in 1987 | The Rock and Roll Hall of Fame and Museum
  3. ^ Rolling Stone. “100 Greatest Singers: Muddy Waters”. 2013年5月26日閲覧。
  4. ^ Gordon, Robert(2002). 「Can't Be Satisfied: The Life and Times of Muddy Waters」 ISBN 0-316-32849-9、3-5頁。

外部リンク[編集]