一人ぼっちの世界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
一人ぼっちの世界
ローリング・ストーンズシングル
初出アルバム『ディッセンバーズ・チルドレン
B面 アイム・フリー (US)
シンガー・ノット・ザ・ソング (UK)
リリース
規格 シングル
録音 1965年9月6日 - 7日
ジャンル ブルースロック[1]
時間
レーベル イギリスの旗 デッカ・レコード
アメリカ合衆国の旗 ロンドンレコード
作詞・作曲 ジャガーリチャーズ[2]
プロデュース アンドリュー・ルーグ・オールダム[2]
チャート最高順位
ローリング・ストーンズ シングル 年表
サティスファクション
(1965年)
一人ぼっちの世界
(1965年)
19回目の神経衰弱
(1966年)
テンプレートを表示

一人ぼっちの世界」(Get Off of My Cloud)は、ローリング・ストーンズが1965年に発表した楽曲。

解説[編集]

1965年に大ヒットした前作「サティスファクション」の勢いもそのままにレコーディングされ、発表されたシングルである。前作以上にストレートかつパワフルなロックナンバーとなっている。ミックの畳み掛けるようなヴォーカルはボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」にインスパイアされている。

アメリカでは発表後すぐさま、アルバム『ディッセンバーズ・チルドレン』に収録され、こちらのアルバムも大ヒットしたが、イギリスではスタジオ・アルバムに収録されず、ベスト・アルバム『ビッグ・ヒッツ (ハイ・タイド・アンド・グリーン・グラス)』にて初めて収録されている。以後、代表曲の一つとして多数のベスト、コンピレーション盤に収録される。

キース・リチャーズは、この曲に於けるアンドリュー・ルーグ・オールダムのプロデュースを気に入っていない旨のコメントを残したと言われている[3]

演奏[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ Unterberger, Richie. “Rolling Stones: Get Off of My Cloud – Song Review”. AllMusic. 2018年10月12日閲覧。
  2. ^ a b c Rice, Jo (1982). The Guinness Book of 500 Number One Hits (1st ed.). Enfield, Middlesex: Guinness Superlatives. pp. 96–7. ISBN 0-85112-250-7. 
  3. ^ Greenfield, Robert. "Keith Richards – Interview". Rolling Stone (magazine) 19 August 1971.
先代:
ビートルズ
イエスタデイ
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1965年11月6日 - 11月13日(2週)
次代:
スプリームス
「一人ぼっちのシンフォニー」