ハイドパーク・フリーコンサート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハイドパーク・フリーコンサート(Hyde Park Free Concert)は、1969年7月5日ロンドンハイドパークで行われたローリング・ストーンズ主催のコンサート。当初は新メンバーのミック・テイラーのお披露目コンサートとして開かれる予定だったが、開催2日前に元メンバーのブライアン・ジョーンズが急逝し、急遽ジョーンズの追悼コンサートとして行われることとなった。

概要[編集]

ストーンズにとって丸2年ぶりとなる公式コンサートであった。1969年6月8日、ストーンズのギタリストであり創設者でもあったブライアン・ジョーンズが脱退し、新たなギタリスト、ミック・テイラーが加入する。このコンサートはテイラーのお披露目コンサートとして計画され、リハーサルが6月12日から始められた。ジョーンズもこのコンサートに招待される予定だったが、当時ストーンズのツアーマネージャーだったトム・キーロックがそれを伝えると、ジョーンズは「俺はなんてついてないんだ」と言うだけだったという。だが開催予定日の2日前にジョーンズが自宅のプールで溺死し、コンサートは中止されるのではという気運になったが、ミック・ジャガーは「このコンサートをブライアンのために行う」と宣言、コンサートは急遽ジョーンズへの追悼という名目で開かれる事となった。

ストーンズ2年ぶりのライヴに30万人もの観客が集まった。前座は、この年センセーショナルなデビューを飾ったキング・クリムゾンの他、サード・イヤー・バンド、スクリュー、アレクシス・コーナーズ・ニュー・チャーチ・ファミリー、バタード・オーナメンツ。ストーンズの出番直前、ジャガーは観客に静かにするよう呼びかけ、ジョーンズのためにパーシー・ビッシュ・シェリーアドネ英語版」を朗読した。朗読が終ると同時に、ジョーンズが生前好きだったというジョニー・ウィンターの「I'm Yours And I'm Hers」のカヴァーでストーンズのステージが始まった。また曲の開始と同時に約2000匹の白いが空に放たれた。だがこの演出は、蝶が長い時間ダンボール箱の中に閉じ込められていたために窒息し、ほとんどが飛ばずに落ちてしまい、失敗に終った。トム・キーロックによれば事実は少し違うようで、当日警護に当たっていたヘルズ・エンジェルスの一人が転んで蝶の入った箱を押しつぶしてしまったために蝶のほとんどが死んでしまったと証言している。

だが2年もの間ステージから遠ざかり、さらにミック・テイラーはストーンズに加入してから日が浅い上、当日はかなりナーバスになっていたために、この日のストーンズの演奏は上出来とは言いがたいものになってしまった。当時のストーンズの取巻きであったトニー・サンチェスは、暴露本『悪魔を憐れむ歌』の中でこのコンサートを「テイラーは必死に弾いてはいるがリズムが完全にずれている。そのとき俺は、ブライアンのギターがストーンズにとってどれほど大きな役割を果たしていたかまざまざと思い知らされた」と綴っている。

ストーンズの演奏の出来はさておき、観客が暴徒化しけが人が出る事も珍しくなかった1960年代当時のストーンズのコンサートに比べ、このイベントは大きな混乱もなく平穏無事に終らせる事ができた(とは言え、数人の逮捕者が出ている)。観客は皆帰る際にゴミを所定の場所に捨てていき、公園の管理者も100ポンド程度の少ない損害で済んだと述べている。また、このイベントで警備を担当したヘルズ・エンジェルスが、セキュリティ面で大きく貢献したと評価され、同年12月に行われたストーンズの全米ツアー最終日のオルタモント・フリーコンサートにおいてもエンジェルスが警備係に起用されたが、この判断が惨事を招くことになる。

ストーンズはその後、2013年にもこの地で44年ぶりにコンサートを行っている。このコンサートには1974年に脱退したテイラーも参加した。

映像[編集]

コンサートは全編ITVのクルーによって、テレビ放映向けに撮影されている。映像にはコンサート本編のみならず、バックステージの様子や、当時ジャガーの恋人だったマリアンヌ・フェイスフルと彼女の息子、さらに家路につく観客達の姿なども映されている。映像は「The Stones In The Park」と題され、53分に編集されて1969年9月2日に放映された。当日演奏された曲のうち数曲が割愛され、さらにほとんどの曲が途中でカットされている。前座として出演したアーティスト達は一切映されていない。

ソフト化[編集]

1983年VHSにて発売[1]2000年に初DVD[1]2006年には世界初公開となる3曲の映像を含めたリマスター版DVDが、2011年に旧版DVDに収録されなかった映像を含むブルーレイ版が発売されている。

日本での商品化[編集]

メディア 発売年月日 発売元 規格品番
DVD(初版) 2002年12月11日 日本コロムビア COBY-91015
DVD(リマスター版) 2006年7月5日 avex rush AVBF-22866
Blu-ray Disc 2011年9月21日 日本コロムビア COXY-1031

当日のセットリスト[編集]

☆は映像化された曲、★は2006年版DVDで新たに発掘された曲。

  1. アイム・ユアーズ・アンド・アイム・ハーズ ☆
  2. ジャンピン・ジャック・フラッシュ ☆
  3. アイム・フリー ☆
  4. マーシー・マーシー ★
  5. ストレイ・キャット・ブルース ★
  6. ダウン・ホーム・ガール
  7. ノー・エクスペクテーションズ ★
  8. むなしき愛 ☆
  9. ラヴィング・カップ
  10. ホンキー・トンク・ウィメン ☆
  11. ミッドナイト・ランブラー ☆
  12. サティスファクション ☆
  13. ストリート・ファイティング・マン ☆
  14. 悪魔を憐れむ歌 ☆

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『ローリングストーンズ/グッド・タイムズ・バッド・タイムズ』 (テリー・ロウリングス/アンドリュー・ネイル/キース・バッドマン著、 筌尾正訳、シンコーミュージック刊、2000年)ISBN 978-4401616541
  • アーカイヴシリーズvol.4「ザ・ローリング・ストーンズ['69-'74]」(シンコー・ミュージック刊、2002年) ISBN 4-401-61774-6

外部リンク[編集]