ハル・アシュビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハル・アシュビー
Hal Ashby
生年月日 (1929-09-02) 1929年9月2日
没年月日 (1988-12-27) 1988年12月27日(59歳没)
出生地 ユタ州オグデン
死没地 カリフォルニア州マリブ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 Joan Marshall
主な作品
さらば冬のかもめ』 (1973年)
 
受賞
アカデミー賞
編集賞
1967年夜の大捜査線
その他の賞
テンプレートを表示

ハル・アシュビーHal Ashby, 1929年9月2日 - 1988年12月27日)は、アメリカ合衆国ユタ州出身のフィルムエディター、映画監督である。

略歴[編集]

映画編集者として映画界に入ると、主にノーマン・ジュイソンの下で編集をしていた。『夜の大捜査線』(1967年)ではアカデミー編集賞を受賞した。

1970年代から監督業にも進出し、『ハロルドとモード 少年は虹を渡る』(1971年)、『さらば冬のかもめ』(1973年)、『シャンプー』(1975年)、『帰郷』(1978年)など、アメリカン・ニューシネマにおいて名を残す傑作を発表し続け、『帰郷』ではアカデミー監督賞にノミネートされた。

1988年12月27日、がんのためカリフォルニア州マリブの自宅で死去。59歳没。

キャメロン・クロウ著の「ワイルダーならどうする?」(宮本高晴訳 キネマ旬報社発行 ISBN 4873762367)でアメリカン・ニューシネマについてビリー・ワイルダーが言及している。「私はハル・アシュビーを全面的に支持していた。もうこの世にはいないがね。(略)…でも彼は優れた監督だった」

フィルモグラフィー[編集]

監督作品[編集]

編集作品[編集]

脚注[編集]

関連文献[編集]

外部リンク[編集]