ルビー・チューズデイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルビー・チューズデイ
ローリング・ストーンズシングル
初出アルバム『ビトウィーン・ザ・バトンズ(US)』
A面 夜をぶっとばせ(Double A-side)
リリース
規格 シングル
録音 1966年11月8日12月3日
ジャンル バラード
時間
レーベル イギリスの旗 デッカ・レコード
アメリカ合衆国の旗 ロンドンレコード
作詞・作曲 ジャガー/リチャーズ
プロデュース アンドリュー・ルーグ・オールダム
チャート最高順位
  • 3位 (イギリス)
  • 1位 (アメリカ)
ローリング・ストーンズ シングル 年表
マザー・イン・シャドウ
(1966年)
夜をぶっとばせ/ルビー・チューズデイ
(1967年)
この世界に愛を/ダンデライオン (たんぽぽ)
(1967年)
テンプレートを表示

ルビー・チューズデイ」(Ruby Tuesday)は、ローリング・ストーンズの楽曲。作詞・作曲はミック・ジャガーおよびキース・リチャーズ1967年、シングル「夜をぶっとばせ」と両A面シングルとして発表された。

解説[編集]

イギリスでは1967年1月13日、アメリカではその翌日の1月14日にリリースされた[1]。元々この曲はシングルのB面として扱われたが、A面の「夜をぶっとばせ」が歌詞に性的な表現があり、アメリカの放送局でオンエアされなくなる恐れがあったため、マネージャーのアンドリュー・ルーグ・オールダムの機転で、両A面シングルとして発売することになった[2]。アメリカのビルボードでは「夜を…」が55位止まりなのに対し、この曲は1位となり[3]ゴールドディスクも獲得している[4]。イギリスでは3位を記録[5]

録音は1966年11月16日、ロンドンオリンピック・スタジオで行われた。ピアノリコーダーブライアン・ジョーンズが担当している(ピアノはジャック・ニッチェという説もある)。不安定な音のコントラバスは、キース・リチャーズとビル・ワイマンが二人がかりで弾いたもの(ワイマンが弦を押さえ、リチャーズが弓を弾いた)[6]

ジャガーは「俺はこの曲の作詞・作曲のどちらにも関わっていない」と語っているため[7]、リチャーズ単独で書かれたものと思われる。リチャーズはこの曲について、彼が1960年代中頃に交際していたリンダ・キースとの破局を書いたものだとしており、彼女と別れた日がちょうど火曜日だったという[6]。ジャガーは「メロディも歌詞もすごくいい」と、この曲を気に入っているようだが[7]、1970年代には「もうこの曲はやりたくない。何か馬鹿陽気になっちゃうんでね」とも語っていた[8]

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」で、303位にランクインした[9]

コンサートパフォーマンス[編集]

リリース当時の1967年にはコンサートのレパートリーに入れられており、また当時のテレビ出演時にもよく披露されていた。しかしその後20年以上にわたりセットリストから外され、1989年の「スティール・ホイールズ・ツアー」から再び披露されるようになった[6]1991年のライブアルバム『フラッシュポイント』に、1990年の日本公演の模様が収録されており、さらにシングルカットもされた。

カバー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ストーン・アローン/下』(ビル・ワイマン/レイ・コールマン著、野間けい子訳、ソニー・マガジンズ刊、1992年ISBN 4-7897-0781-4 )p380
  2. ^ 『ストーン・アローン/下』(ビル・ワイマン/レイ・コールマン著、野間けい子訳、ソニー・マガジンズ刊、1992年ISBN 4-7897-0781-4 )p165
  3. ^ The Rolling Stones - Chart history | Billboard:
  4. ^ 『ストーン・アローン/下』(ビル・ワイマン/レイ・コールマン著、野間けい子訳、ソニー・マガジンズ刊、1992年ISBN 4-7897-0781-4 )p382
  5. ^ ROLLING STONES | full Official Chart History | Official Charts Company:
  6. ^ a b c Ruby Tuesday:” (英語). 2016年8月21日閲覧。
  7. ^ a b SIGHT VOL.14 特集「ロックの正義!!ストーンズ全100ページ」(株式会社ロッキング・オン2003年)p50
  8. ^ アーカイヴシリーズvol.4「ザ・ローリング・ストーンズ['69-'74]」(シンコー・ミュージック刊、2002年ISBN 4-401-61774-6) p61
  9. ^ ローリングストーン誌の選ぶオールタイムグレイテストソング500” (日本語). 2016年8月21日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
バッキンガムズ
「カインド・オブ・ア・ドラッグ」
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1967年3月4日(1週)
次代:
スプリームス
恋ははかなく