ラスト・タイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラスト・タイム
ローリング・ストーンズシングル
収録アルバム アウト・オブ・アワ・ヘッズ
B面 プレイ・ウィズ・ファイア
リリース
規格 シングル
録音 1965年1月11日-12日、1月17日-18日
ジャンル ロック
時間
レーベル ロンドン (US)
デッカ (UK)
作詞・作曲 ジャガー/リチャーズ
プロデュース アンドリュー・ルーグ・オールダム
チャート最高順位
  • #1 (UK)、#9 (US)
ローリング・ストーンズ シングル 年表
ハート・オブ・ストーン
1964年
ラスト・タイム
(1965年)
サティスファクション
(1965年)
テンプレートを表示

ラスト・タイム」(The Last Time)は、1965年に発表されたローリング・ストーンズの楽曲。作詞・作曲はミック・ジャガーおよびキース・リチャーズ

解説[編集]

イギリスアメリカ共に6枚目となるシングル。共にB面は「プレイ・ウィズ・ファイア」で、英米でAB面曲が同一となるのはこれで2枚目である。イギリスでは同じデッカ・レコードトム・ジョーンズの「よくあることさ」を蹴落としてグループ3度目のチャート1位を獲得、1965年3月18日付、25日付、4月1日付と3週間その地位を守った[1]。アメリカでは9位が最高位[2]

それまでのストーンズの曲の中でもとりわけキャッチーな曲であり、当時の日本のファンクラブでは「コマーシャルすぎるのではないか」と物議にまでなったという[3]。録音は1965年1月10日から11日にかけて、ロンドンのキングスウェイ・スタジオにて行われ、その後ハリウッドのRCAスタジオでボーカルの録り直しが行われている[4]ブライアン・ジョーンズがリードギターを、キース・リチャーズがバッキングのアコースティックギターと間奏のギターソロを担当。また、イアン・スチュワートピアノで、ジャック・ニッチェタンブリンで参加している[5]。曲はステイプル・シンガーズの「This May Be the Last Time」をヒントにしたといわれる[3]

批評筋のこの曲に対する評価は「よく出来ているが少し長い」というものから「これまでで最高の作品」という賛辞までまちまちだった。また、B面曲の「プレイ・ウィズ・ファイア」もA面曲に劣らない注目を集めた[6]。この曲はアメリカのBillboard Hot 100で96位にランクインしている[2]。アメリカでは同年にリリースされた『アウト・オブ・アワ・ヘッズ』に収録された。イギリスでは1966年のベストアルバム『ビッグ・ヒッツ (ハイ・タイド・アンド・グリーン・グラス)』でアルバム初収録となった。

コンサートパフォーマンス[編集]

ストーンズのコンサートでは、1965年から1967年にかけて披露されたが、以降は1997年まで30年もの間セットリストから外された。その後2012年から2013年にかけてのツアーでも披露されている[5]。公式のライブアルバムでは1966年の『ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット!』、1998年の『ノー・セキュリティ』に収録されている。

カバー[編集]

アンドリュー・オールダム・オーケストラのカバー[編集]

ストーンズの初代マネージャーであり、この曲のプロデューサーでもあるアンドリュー・ルーグ・オールダムが、1960年代中盤に企画したプロジェクト「アンドリュー・オールダム・オーケストラ」として、1966年にアルバム『The Rolling Stones Songbook』の中でカバーした。テンポをかなり落とし、全体的にシンフォニックなアレンジが施されており、原曲とはかなりかけ離れた仕上がりとなっている。

1997年、イギリスのロックバンド、ザ・ヴァーヴが自作曲「Bitter Sweet Symphony」で、このアンドリュー・オールダム・オーケストラのバージョンをサンプラーとして使用。ヴァーヴは曲の使用許可を得ていたが、デッカ時代のストーンズの楽曲の著作権所有者であるアラン・クレインが「協定の範囲を超えて使用している」として訴訟を起こし、結局ヴァーブはこの曲の著作権料を放棄させられ、作者クレジットも変更させられた。

ザ・フーのカバー[編集]

ザ・フーは、1967年に大麻所持の容疑でジャガー、リチャーズ、ジョーンズが起訴された事件を受け、ストーンズへの厳しすぎる処罰への抗議と、彼等を救援する目的でこの曲をカバーし、シングルリリースした(B面も同じくストーンズの「アンダー・マイ・サム」)。全英44位[7]。録音時、ベーシストのジョン・エントウィッスル新婚旅行に出かけており不在だったため、ベースはギタリストのピート・タウンゼントが兼任している。だが、ザ・フーのバージョンがリリースされる時には、すでにジャガーとリチャーズは釈放されていた[8]

その他、多数のアーティストによってカバーされている。

出典・脚注[編集]

  1. ^ ROLLING STONES | full Official Chart History | Official Charts Company:
  2. ^ a b The Rolling Stones - Chart history | Billboard:
  3. ^ a b 2002年リマスターCD『アウト・オブ・アワ・ヘッズ』日本版の越谷政義による解説より。
  4. ^ 『ローリングストーンズ/グッド・タイムズ・バッド・タイムズ』 (テリー・ロウリングス/アンドリュー・ネイル/キース・バッドマン著、 筌尾正訳、シンコーミュージック刊、2000年ISBN 978-4401616541 p77、P79
  5. ^ a b The Last Time:” (英語). 2016年8月21日閲覧。
  6. ^ 『ストーン・アローン/下』(ビル・ワイマン/レイ・コールマン著、野間けい子訳、ソニー・マガジンズ刊、1992年、ISBN 4-7897-0781-4 )p22
  7. ^ 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』(アンディ・ニール/マット・ケント著、佐藤幸恵/白井裕美子訳、シンコー・ミュージック刊、2008年ISBN 978-4-401-63255-8)p325
  8. ^ 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』(アンディ・ニール/マット・ケント著、佐藤幸恵/白井裕美子訳、シンコー・ミュージック刊、2008年ISBN 978-4-401-63255-8)p149
先代:
"よくあることさ" トム・ジョーンズ
全英シングルチャート首位
1965年3月18日 (3週)
次代:
"Concrete and Clay" Unit 4 + 2