ロンドンレコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ロンドンレコードは、デッカ・レコードのエドワード・ルイス(Edward Lewis)が1947年に設立したレコード会社[1]

概要[編集]

イギリス資本のデッカ・レコードは、ロンドンレーベルとして、日本ではキングレコードから配給されていた。その契約は無期限自動更改制だったが、デッカ・レコード本体がポリグラム(現:ユニバーサルミュージック)の傘下に入ったことから契約方式が変更された。

1981年9月30日、契約満了とともに東京都港区狸穴に設立されたポリグラム系のポリドール・インターナショナルが100%出資する完全子会社の日本法人「ロンドンレコード株式会社」に移管、流通面はいわば兄弟会社のポリドール株式会社に委託する形となった。

発足時の社長は、ブリアース・バッハ。副社長は、インターソング社長の高嶋弘之NEWSレコード社長の山本詔治であった。

日本国内においてはどちらかと言えば洋楽部門が中心で邦楽部門は制作メンバーも少なかった。また、1970年代以前のクラシックのタイトルはデッカ・レコードの意向によりキングレコードからも引き続き発売されたものと、ロンドンレコード→ポリドールに移行したものとがあった。(ローリング・ストーンズゾンビーズ等のポピュラーの旧譜はロンドンレコード→ポリドールに発売が完全移行している)。

なお、キングレコード配給時代にも、一部の邦楽ポップスや、自社制作および海外マイナーレーベルのクラシック音楽でロンドンレコードのレーベルで発売されたものがあった(下記参照)が、これらはロンドンレコード日本法人設立後は他レーベル(キングレコード・セブンシーズ・ファイアバードなど)に変更されている。

業績不振のため、1984年に兄弟関係にあったポリドール株式会社に吸収合併された。

日本のアーティスト[編集]

「ロンドンレコード」のレーベルを冠してレコード(録音物)を出したことのあるアーティスト。

以下はキングレコード配給時代。

脚注[編集]

  1. ^ Culshaw, John (1981). Putting the Record Straight. London: Secker & Warburg. pp. 82–83. ISBN 0-436-11802-5.