バズ (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バズ
BUZZ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル フォークソング
活動期間 1972年 - 1982年
2007年 -
共同作業者 高橋信之
公式サイト BUZZ公認HP~refrain~
メンバー 小出博志(ボーカル&ギター)
東郷昌和(ボーカル&ピアノ)

バズ(BUZZ)は、小出博志[1](こいで ひろし、1951年2月13日 - )と東郷昌和(とうごう まさかず、1952年4月29日 - )の2人による日本のフォークグループである。

概要[編集]

小出博志は東海大学在学中にバンド「インディアンアップル」を結成。その後高橋信之を中心としたグループ「ステージフライト」に参加した。東郷昌和は中学時代に同級生の高橋幸宏(高橋信之の弟)とバンド「ブッダズ・ナルシィーシィー」を結成。

1972年6月、高橋信之のプロデュースで「BUZZ」を結成[2]。高橋信之がCM業界で活躍していた縁で、日産スカイラインCMソングを担当することになり[2]、同年11月25日、同CMソングに起用された「ケンとメリー〜愛と風のように〜」でレコードデビュー。オリコンチャート19位まで昇るヒットとなり、33万枚[3]を売り上げた。なお、CMバージョンはレコード化されたものとは歌詞が異なる。

1979年吉田拓郎篠島コンサートにバックコーラスとして参加。 1980年代松任谷由実松田聖子の作品のバックコーラスを多数担当した。 1982年に解散。

2007年より25年ぶりに活動を再開。 2010年4月にはポニーキャニオンからアルバム『Back to the beginning』をリリースした。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

2002年福山雅治(FUKUYAMA ENGINEERINING GOLDEN OLDIES BAND名義)がアルバム『The Golden Oldies』でカバー。
2007年山崎まさよしがアルバム『COVER ALL HO!』でカバー。
  • 朝/夏の空(1973年4月10日)
  • インタビュー/朝のかくれんぼ(1973年11月25日)
  • さらばTOKYO/出来るだけいつものように(1974年3月25日)
  • あなたが消えそう/コンサート(1974年9月25日)
  • はつかり5号/サマー・ビーチ・ガール(1975年5月10日)
  • わかれ~詠訣~/雨ン中(1975年10月21日)
  • 記念日/チャラチャラ(1976年5月5日)
  • あなたを愛して/あの日の空も(1977年4月5日)
  • 風のゆくえ/あなたが消えそう(1978年3月21日)
  • センチメンタル・ブルー/一の橋から(1979年1月21日)
  • 風の盆/コバルトのつむじ風(1980年8月21日)
  • My・ヒーロー/ありふれた朝(1981年7月21日)
  • そして…瞳、少年風/ゆめのまた夢(1981年9月25日) - 『マックスファクター』CMソング
  • 明日へのフェアウェイ(1995年8月25日) - ゴルフ番組のエンディングテーマ

アルバム[編集]

  • BUZZ(1973年4月10日)
  • BUZZ LIVE(1973年9月10日) 1973年6月11日新宿厚生年金ホールで録音
  • レクヰエム・ザ・シティ(1974年5月10日)
  • 君を迎えに来たよ(1976年11月5日)
  • 風のゆくえ(1978年4月21日)
  • A New Day A New Time(1979年2月21日)
  • バズ・バザール(1979年8月5日) - キングレコード時代最後のアルバム
  • BUZZAGAIN(1981年7月21日)
  • Refrain (2007年4月28日) - ライブ会場・ホームページ限定販売
  • Back to the beginning (2010年4月21日)

東郷昌和ソロ[編集]

佐伯博志ソロ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 一時期「佐伯博志(さえき ひろし)」を名乗っていた時期あり
  2. ^ a b 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、194-195頁。ISBN 978-4-636-82548-0
  3. ^ “ケンとメリー”で一世風靡 「BUZZ」の東郷昌和さんは今、ニフティニュース(日刊ゲンダイDIGITAL)、2016年8月8日 9:26。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]