愚か者の涙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
愚か者の涙
ローリング・ストーンズシングル
初出アルバム『ブラック・アンド・ブルー
B面 クレイジー・ママ(US)
ホット・スタッフ(UK)
リリース
規格 シングル
録音 1974年12月、1975年10月、12月
ジャンル ロック
時間
レーベル ローリング・ストーンズ・レコード
作詞・作曲 ジャガーリチャーズ
プロデュース グリマー・ツインズ
チャート最高順位
  • #10 (U.S. Pop)
  • #4 (UK)
  • ローリング・ストーンズ シングル 年表
    エイント・トゥー・プラウド・トゥ・ベッグ
    (1974年)
    愚か者の涙
    (1976年)
    ホット・スタッフ
    (1976年)
    テンプレートを表示

    愚か者の涙(Fool To Cry)は、1976年に発表された、ローリング・ストーンズの楽曲。作詞作曲はミック・ジャガーキース・リチャーズ

    解説[編集]

    アルバム『ブラック・アンド・ブルー』収録曲。R&B色の強いバラードイギリスで4位、アメリカで10位にチャートインするヒットとなった。ギターはリチャーズの他にウェイン・パーキンスが参加。ピアノ及びシンセサイザーニッキー・ホプキンスが担当した。エレクトリックピアノはジャガー自らが弾いている。コンピレーション・アルバムに収録される際は、イントロが省略され、エンディングもフェイド・アウトで終了する短縮バージョンで収録されることが多い。

    歌詞の中に、幼い娘が父親に「なぜ泣くの?」と聞く描写があるが、実際にこの曲はジャガーと当時の妻のビアンカ・ペレス・モラ・マシアスとの間に生まれた娘ジェイドがまだ幼かった頃に作られた曲である[1]

    プロモーション・ビデオも製作され、YouTubeのストーンズ公式チャンネルで視聴できる。ここで聴ける音源は、伴奏はレコード音源そのままだが、ジャガーのボーカルだけレコード音源と異なっている。

    コンサート・パフォーマンス[編集]

    1976年のヨーロピアン・ツアー、1977年トロント公演、1995年の「ヴードゥー・ラウンジ・ツアー」、1997年から1999年にかけての「ブリッジズ・トゥ・バビロン・ツアー」~「ノー・セキュリティー・ツアー」で演奏された[2]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ ベストアルバム『ジャンプ・バック〜ザ・ベスト・オブ・ザ・ローリング・ストーンズ』収録のライナーノーツより。
    2. ^ [1]