スティッキー・フィンガーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スティッキー・フィンガーズ
ローリング・ストーンズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1969年3月22日 - 31日12月2日 - 4日
1970年2月17日3月 - 5月6月16日 - 7月27日10月17日 - 31日
1971年1月
ジャンル ロック
時間
レーベル Rolling Stones
イギリスの旗Kinny UK(オリジナル盤)
AtlanticEMICBS UKVirginPolydor(リイシュー盤)
アメリカ合衆国の旗Atco(オリジナル盤)
Atlantic→Columbia→Virgin→Interscope(リイシュー盤)
日本の旗ワーナー・パイオニア(オリジナル盤)
東芝EMICBS/SONY→Sony RecordsEMIJ/Virgin→Universal Int'l(リイシュー盤)
プロデュース ジミー・ミラー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(アメリカ[1]、イギリス[2]
  • 9位(日本[3]
ローリング・ストーンズ 年表
ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト
1970年
スティッキー・フィンガーズ
1971年
メイン・ストリートのならず者
1972年
テンプレートを表示

スティッキー・フィンガーズ』 (Sticky Fingers) は、1971年に発表されたローリング・ストーンズオリジナルアルバム。全英、全米共に1位を記録。プロデューサーはジミー・ミラー。レコーディングエンジニアはグリン・ジョンズ、アンディ・ジョンズ、クリス・キムジー、ジミー・ジョンストン。

概要[編集]

本作は彼らが設立したローリング・ストーンズ・レコードからリリースされた初のスタジオ・アルバムである。『ベガーズ・バンケット』から見られるようになったサザン・ロック・サウンドをより深化させた内容となっている。本作に収録されている楽曲は全て後にライヴで一度以上取り上げられている。同様のオリジナルアルバムは本作の他は『ブラック・アンド・ブルー』(1976年)と『女たち』(1978年)のみである。本作は新メンバーのミック・テイラーが初めてフルで参加している作品であると共に、ブライアン・ジョーンズが全く関わっていない最初のストーンズ作品でもあった。ミック・ジャガー1995年のインタビューで「(制作中は)妙な感じがした。全く新しい世界だったよ。『ベガーズ・バンケット』が一時代前のものに思えたぐらいさ」[4]と当時を振り返っている。本作は『ベガーズ・バンケット』、『レット・イット・ブリード』、『メイン・ストリートのならず者』と並び、ストーンズの最高傑作として高評価を受けている。

経緯[編集]

本作収録曲のうち「シスター・モーフィン」のみ、前作『レット・イット・ブリード』のセッションの中で録音されており、他の曲はグループ6度目の北米ツアーの最中である1969年12月1日から4日にかけての、アラバマのマッスル・ショールズ・スタジオでのセッションから始まった[5]。この2日後に開催された「オルタモントの悲劇」で悪名高いオルタモント・フリーコンサートでは、この中から「ブラウン・シュガー」が披露されている[6]。翌1970年以降も断続的にロンドンオリンピック・スタジオと、スターグローヴスにあるミック・ジャガー邸に持ち込まれたモービル・スタジオで大半を録音した。次作『メイン・ストリート…』に収録された曲の初期ヴァージョンも、このレコーディング・セッションで録音されている。9月から始まったヨーロッパツアーと並行しながら、最終オーヴァーダビングとミキシングを1971年1月に行い完成させた[5]。『スティッキー・フィンガーズ』とは、元々は制作中の仮タイトルだったが、結局これがそのままアルバムのタイトルに使用された[7]

1970年はストーンズとして初めて新曲が1つも発表されない年だったが、一方では大変重要な年でもあった。デッカロンドンとの契約が切れたこの年、グループはプライベート・レーベル「ローリング・ストーンズ・レコード」を設立した(契約先はアトランティック・レコード)。これには1965年にストーンズのマネージャーとなり、グループの著作権と財政を意のままに操っていたアラン・クレインと決別する目的もあった。だがクレインとの契約は非常に複雑な法律がからんでおり、これから逃れるため、ストーンズのメンバーはイギリスから離れ、フランスへの移住を余儀なくされた。しかしグループとクレインの間で和解が成立せず、その後2年間にわたり法的闘争が行われることになる。裁判の結果、1970年以前のストーンズの作品の出版権はクレインと彼の会社アブコ・レコードの手に渡り、以降様々な編集盤がアブコからリリースされることとなる[8]。本作収録の「ブラウン・シュガー」や「ワイルド・ホース」がアブコ・レコードとローリング・ストーンズ・レコード双方の編集盤に収録されることがあるのはそのためである。

デッカとの契約は1970年7月末日を以って終了したが、デッカはストーンズに対しシングルをもう一枚リリースする義務があると通知した。それに対し彼らは、とても放送には耐えうる内容ではない「コックサッカー・ブルース」を提出し、デッカに意趣返しを試みた。デッカは代わりに「ストリート・ファイティング・マン」を1971年にシングルとしてリリースした[9]

ビル・ワイマン1989年、本作のタイトルを冠したレストラン「スティッキー・フィンガーズ」をロンドン、ケンジントンに開店している[10]

アートワーク[編集]

本作のジャケットデザインは、アンディ・ウォーホルが手がけた。表側はジーンズを穿いた男性の股間のクローズアップで、裏側では尻を向けている。表側には本物のジッパーが取り付けられており、実際に開くことが出来る。なお、このジッパーは英・米盤では無印だが、日本盤ではYKK製であることが確認できる[11]。このジッパーはCDケースでは再現不可能であることから、CD時代になってからは廃されるようになったが、一部のリイシューではジッパーが取り付けられているものもある。ジャケットの中には、ブリーフを穿いた男性の股間の写真が封入されている。モデルの正体については、ミック・ジャガーではないかという噂もあったが、ジャガーは「これはウォーホルの・・・"弟子"っていう上品な言葉を、当時の俺達は使ってたんじゃないかな」と語っている[4]

スペイン盤では、股間のふくらみが猥褻だとして、缶詰入りの女性の指が描かれた物に変更された。但し、こちらの方が問題だとする意見もある。そのスペイン盤では「シスター・モーフィン」が歌詞の内容に問題があるとして削除され、代わりにイギリス盤シングル「ブラウン・シュガー」のB面に収録された「レット・イット・ロック」(リーズ大学でのライヴ)のステレオ・ミックスが収録された[5]

評価[編集]

本作はイギリス、アメリカ共に4週連続1位に輝き、それまでのグループの売上枚数を更新した[5]。さらにオーストラリアカナダオランダスウェーデンノルウェースペインドイツでも1位となり、世界的な大ヒット作となった。セールスのみならず作品としての評価も高く、2002年には「ローリング・ストーン」誌のグレーティスト・アルバム500で64位に[12]、翌年のTVネットワークのVH1が本作を最も偉大なアルバム・ジャケットに選出し、グレーティスト・アルバムで46位となった。ジャガーは「このアルバムを誇りに思う」と語り、キース・リチャーズ1987年のインタビューで「やっぱり『ベガーズ…』と『レット・イット・ブリード』と『スティッキー…』、それと『メイン・ストリート…』の4枚がいいね」と答えている。ミック・テイラーも「僕がストーンズにいた頃のアルバムでは一番好きだ」とコメントしている[7]

リイシュー[編集]

1994年ヴァージン・レコードからリマスターCDがリリースされた。2009年にはユニバーサル・ミュージック・グループにより再リマスター版がリリース。2011年日本限定で最新リマスター版がSACDにてリリースされた。2015年には未発表テイクを追加収録した「デラックス・エディション」が、さらに、1971年のリーズ大学のライブを収めたCDと同年のマーキー・クラブでのライブを収めたDVD、また「ブラウン・シュガー」、「ワイルド・ホース」の7インチシングルを同梱した「スーパー・デラックス・エディション」が限定発売された(リマスターは2009年のもの)。2015年版は全英7位[13]、全米5位を記録した。

収録曲[編集]

特記なき限り、作詞・作曲はジャガー/リチャーズ

オリジナル[編集]

  • A面
  1. ブラウン・シュガー - Brown Sugar - 3:50
    • アルバムからの先行シングル。全米1位[14]、全英2位[13]を記録。
  2. スウェイ - Sway - 3:51
    • リズムギターはジャガーが担当し、リチャーズはコーラスのみの参加。コンサートで披露されたのが2005年と、本作収録曲中最も遅かった[15]。クレジットはされていないが、ザ・フーピート・タウンゼントフェイセズロニー・レイン、ビリー・ニコルズの3人がジャガーから招待され、コーラスで参加している(1970年12月、オリンピック・スタジオで録音)[16]
  3. ワイルド・ホース - Wild Horses - 5:42
    • アメリカでシングルカットされ、28位まで上昇[14]
  4. キャン・ユー・ヒア・ミー・ノッキング - Can't You Hear Me Knocking - 7:15
    • 曲の後半からテイラーによるギターとボビー・キーズのサックスによるジャム・セッションとなる。2002年のツアーで初めてコンサートで採り上げられた[17]
  5. ユー・ガッタ・ムーブ - You Gotta Move (Fred McDowell/Rev. Gary Davis) - 2:32
  • B面
  1. ビッチ - Bitch - 3:36
    • シングル「ブラウン・シュガー」のB面曲。リチャーズがリードギターを担当[18]
  2. アイ・ガット・ザ・ブルース - I Got the Blues - 3:53
  3. シスター・モーフィン - Sister Morphine (Jagger/Richard/Marianne Faithfull) - 5:31
    • 元々はジャガーのプロデュースでマリアンヌ・フェイスフルのシングル曲として製作されたが、歌詞が問題視され発禁処分となる[5]。本作で初めて発表された。1997年に初めてコンサートで採り上げられた[19]
  4. デッド・フラワーズ - Dead Flowers - 4:03
  5. ムーンライト・マイル - Moonlight Mile - 5:56
    • リチャーズが考案した「The Japanese Thing」を元にして作られた曲。テイラーが作曲に大きく関与しているが、作者としてクレジットされていない[5]。リズムギターはジャガーが担当しており、リチャーズはこの曲の録音には参加していない。1999年に初めてコンサートで採り上げられた[20]

2015年デラックス・エディション・ボーナスディスク[編集]

  1. ブラウン・シュガー(オルタネイト・バージョン with エリック・クラプトン) - Brown Sugar (Alternate Version with Eric Clapton) - 4:07
  2. ワイルド・ホース(アコースティック・バージョン) - Wild Horses (Acoustic version) - 5:47
  3. キャン・ユー・ヒア・ミー・ノッキング(オルタネイト・バージョン) - Can't You Hear Me Knocking (Alternate version) - 3:24
  4. ビッチ(エクステンテド・バージョン) - Bitch(Extended version) - 5:53
  5. デッド・フラワーズ(オルタネイト・バージョン) - Dead Flowers (Alternate version) - 4:18

-ライヴ・アット・ザ・ラウンドハウス 1971年-

  1. リヴ・ウィズ・ミー - Live with Me - 4:22
  2. ストレイ・キャット・ブルース - Stray Cat Blues - 3:38
  3. むなしき愛 - Love in Vain - 6:42
  4. ミッドナイト・ランブラー - Midnight Rambler - 11:27
  5. ホンキー・トンク・ウィメン - Honky Tonk Women - 4:14

2015年スーパー・デラックス・エディション・ボーナスディスク[編集]

-リーズ大学公演より(1971年)-

  1. ジャンピン・ジャック・フラッシュ - Jumpin' Jack Flash - 3:42
  2. リヴ・ウィズ・ミー - Live with Me - 3:33
  3. デッド・フラワーズ - Dead Flowers - 4:03
  4. ストレイ・キャット・ブルース - Stray Cat Blues - 4:37
  5. むなしき愛 - Love in Vain - 4:19
  6. ミッドナイト・ランブラー - Midnight Rambler - 9:15
  7. ビッチ - Bitch - 5:53
  8. ホンキー・トンク・ウィメン - Honky Tonk Women - 3:02
  9. サティスファクション - (I Can't Get No) Satisfaction - 3:44
  10. リトル・クイニー - Little Queenie - 4:26
  11. ブラウン・シュガー - Brown Sugar - 3:48
  12. ストリート・ファイティング・マン - Street Fighting Man - 3:15
  13. レット・イット・ロック - Let It Rock - 3:14

参加ミュージシャン[編集]

※レコード/CD記載のクレジットに準拠

ローリング・ストーンズ

ゲストミュージシャン

脚注[編集]

  1. ^ Sticky Fingers - The Rolling Stones : Awards : AllMusic
  2. ^ ChartArchive - The Rolling Stones - Sticky Fingers
  3. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.322
  4. ^ a b SIGHT VOL.14 特集「ロックの正義!!ストーンズ全100ページ」(株式会社ロッキング・オン2003年)62頁
  5. ^ a b c d e f 日本版リマスターCD(1994年)の越谷政義による解説より。
  6. ^ 『ローリングストーンズ/グッド・タイムズ・バッド・タイムズ』 (テリー・ロウリングス/アンドリュー・ネイル/キース・バッドマン著、筌尾正訳、シンコーミュージック刊、2000年ISBN 978-4401616541)203頁
  7. ^ a b Sticky Fingers:” (英語). 2016年12月21日閲覧。
  8. ^ 『ストーン・アローン/上』(ビル・ワイマン/レイ・コールマン著、野間けい子訳、ソニー・マガジンズ刊、1992年ISBN 4-7897-0780-6)21-25頁
  9. ^ アーカイヴシリーズvol.4「ザ・ローリング・ストーンズ['69-'74]」(シンコー・ミュージック刊、2002年、ISBN 4-401-61774-6)15頁
  10. ^ 『ストーン・アローン/上』(ビル・ワイマン/レイ・コールマン著、野間けい子訳、ソニー・マガジンズ刊、1992年ISBN 4-7897-0780-6)48頁
  11. ^ アーカイヴシリーズvol.4「ザ・ローリング・ストーンズ['69-'74]」(シンコー・ミュージック刊、2002年、ISBN 4-401-61774-6)103頁
  12. ^ The Zombies, 'Odessey and Oracle'” (英語). 2016年12月21日閲覧。
  13. ^ a b ROLLING STONES | full Official Chart History | Official Charts Company:
  14. ^ a b The Rolling Stones - Chart history | Billboard:
  15. ^ a b Sway:” (英語). 2016年12月21日閲覧。
  16. ^ 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、221頁
  17. ^ Can't You Hear Me Knocking:” (英語). 2016年12月21日閲覧。
  18. ^ Bitch:” (英語). 2016年12月21日閲覧。
  19. ^ Sister Morphine:” (英語). 2016年12月21日閲覧。
  20. ^ Moonlight Mile:” (英語). 2016年12月21日閲覧。


先代:
クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング
4ウェイ・ストリート
Billboard 200 ナンバーワンアルバム
1971年5月22日 - 6月12日(4週)
次代:
キャロル・キング
つづれおり