スティーブン・マーカソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スティーブン・マーカソン (Stephen Marcussen) は、カリフォルニア州ハリウッドにあるマーカソン・マスタリングの創設者であり、そのチーフ・マスタリング・エンジニアである。マーカソンによるマスタリングは音楽業界において極めて高い人気があり、長年にわたり世界中のアーティストの羨望の対象となっている[1]。彼の30年以上に渡るキャリアは、ローリング・ストーンズトム・ペティバーブラ・ストライサンドエルトン・ジョンフランク・ザッパR.E.M.ストーン・テンプル・パイロッツアリス・イン・チェインズサーティー・セカンズ・トゥー・マーズベン・ハーパードワイト・ヨアカムマッチボックス・トゥエンティコーンシャナイア・トゥエイン、日本の浜崎あゆみなどといった著名アーティストとの強い結びつきによって培われている[2]

経歴[編集]

ジンバブエに生まれ、イングランドの寄宿学校で青年期を過ごす。ロサンゼルスに移ったのち、音楽業界への強い憧れから、音楽プロデューサーのリチャード・ペリーが経営する、LAで最も著名なスタジオであったスタジオ55で用務員として働き始める。用務員を2週間務めたのち、スタジオ内の雑用係になるチャンスを獲得し、その立場を利用してサウンド・エンジニアの技術を観察し習得していった。しばらくして、リチャード・ペリーの個人アシスタント・エンジニアとなった。

1979年に、プレシジョン・ラッカーという当時スタートを切ったばかりのマスタリング施設に力を貸すべくスタジオ55を去るが、これをきっかけにマスタリングを行うようになり、その手腕で名を上げるようになる。ここで務めた20年間でプレシジョンをレコードからデジタル・レコーディングの世界へと主導した[3]

2000年、カリフォルニア州ハリウッドにマーカソン・マスタリングをオープンさせる。以来、マーカソンの名は現在の全てのオーディオ形式に精通していることで名高い[4]。マスタリングを手がける作品の幅は広く、エアロスミススティーヴィー・ワンダーポール・マッカートニーB.B.キングプリテンダーズベックカウンティング・クロウズソロモン・バークスマッシング・パンプキンズウィリー・ネルソンロッド・スチュワートカーク・ウェイラムラヴ・クラブワールド・エンターテイメント・ウォーレッド・ホット・チリ・ペッパーズプリンスニルヴァーナなどの作品にクレジットされている[5]。またジャンル、国、メジャーとインディーズの境なくマスタリングを手がける。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Murphy, Stephen (2002-07). “Par Files,” Pro Audio Review.
  2. ^ Marcussen, Stephen. “Selected Discography.” www.marcussenmastering.com.
  3. ^ Jackson, Blair (1999-12). “Studio Spotlight: Precision Mastering Two Decades in Hollywood.” Mix
  4. ^ Walsh, Christopher (2001-04-07). “Alice In Chains DVD Inspires Innovative Surround Work,” Billboard Magazine.
  5. ^ Marcussen, Stephen. “Credits”. www.allmusic.com.