スマッシング・パンプキンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スマッシング・パンプキンズ
The Smashing Pumpkins
SP2012STLChaifetz.jpg
2012年10月撮影
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イリノイ州 シカゴ
ジャンル オルタナティヴ・ロック[1]
グランジ[1]
オルタナティヴ・メタル[2]
プログレッシブ・ロック[3]
インディー・ロック[1]
ゴシック・ロック[3]
ドリーム・ポップ[3]
活動期間 1988年 - 2000年
2006年 -
レーベル キャロラインヴァージンリプリーズConstantinople RecordsBMG
公式サイト SMASHINGPUMPKINS.com
メンバー ビリー・コーガン
ジェフ・シュローダー
ジェームス・イハ
ジミー・チェンバレン
旧メンバー ダーシー・レッキー
メリッサ・オフ・ダ・マー
マイク・バーン
ニコール・フィオレンティーノ

スマッシング・パンプキンズ: The Smashing Pumpkins)は、アメリカロックバンド1988年イリノイ州シカゴで結成。日本における略称は「スマパン[4]2000年に解散するまでの間にグラミー賞に10度ノミネートされ、4枚のアルバムプラチナムに認定されるなど、90年代のオルタナティヴ・ロックを代表するバンドの一つであった。2006年にバンドメンバーを入れ替えて再始動。

来歴[編集]

結成からデビューまで[編集]

1988年、アメリカのシカゴにてビリー・コーガンジェームス・イハが出会う。意気投合した二人はバンドを組むことに決め、同年の7月9日にスマッシング・パンプキンズとしての初ライヴを行う。その後、ベーシストとしてダーシー・レッキー、ドラマーとしてジミー・チェンバレンが加入。サブ・ポップなどのインディーレーベルからシングルを出した後1991年に初のアルバム『ギッシュ』を発表する。

絶頂と転落[編集]

パンプキンズのデビューアルバムが発売された1991年は、ちょうどニルヴァーナネヴァーマインドが発表され、グランジブームを巻き起こしていた年でもあった。当時、パンプキンズは数多あるオルタナティヴ・バンドの一つにすぎないとみなされており、バンドの中心であるビリーは「次のアルバムで成功しなければ、その次はない」と考えるようになっていた。このようなプレッシャーの中で、2作目のアルバム『サイアミーズ・ドリーム』(1993年)は制作された。代表曲のひとつ「トゥデイ」を収録した同作は聴衆と評論家の双方に受け入れられ、プラチナに認定されるなど商業的にも成功した。

さらに、続く2枚組の大作アルバム『メロンコリーそして終りのない悲しみ』(1995年)は米国のみで一千万枚近くのセールスを記録。グラミー賞では7部門にノミネートされ、『タイム』誌による年間ベストアルバムに選ばれるなど、音楽的にも高い評価を得る。しかし、1996年7月、ツアー中のニューヨーク市においてヘロインによる薬物中毒によりサポートメンバーのジョナサン・メルビンが死亡、同室で薬物を摂取していたドラマーのジミー・チェンバレンが逮捕されるという事件が起きてしまう。バンドは苦渋の決断の末、チェンバレンを解雇する。

1998年に発売されたアルバム『アドア』は正式なドラマーの不在のもとで制作され、音楽的にもギターを中心としたサウンドから打ち込みを駆使したサウンドへと変貌を遂げた。しかし、アメリカ国内では前作ほどセールスが伸びず、商業的には失敗作とみなされる結果となった。

1999年、ビリーはジミーと連絡をとり、バンドに復帰させる。2000年には『マシーナ/ザ・マシーンズ・オブ・ゴッド』が発表されるが、アルバムの完成と同時にダーシーが脱退。急遽、後任のベーシストとして元ホールメリッサ・オフ・ダ・マーを迎えることになった。

解散[編集]

2000年5月23日、ビリーはラジオのインタビューにてパンプキンズの解散を発表。有終の美を飾るべく、日本を含む世界各地を回るツアーが行われた後の同年12月2日、パンプキンズはデビュー時より縁のあるシカゴのライヴハウスで最後の公演を行い、解散した。

解散が発表された後、『マシーナ』の続編として制作された『Machina II/The Friends & Enemies Of Modern Music』が世界で25組のみプレスされ、バンドの友人やファンサイトなどに配られた。同作はインターネットを通じて無償で配信されリスナーのもとに届けられた[5]。このような形式をとった理由について、ビリーは「レコード会社に金儲けさせるくらいなら、ファンに無償提供していろんな人に広めてくれたほうがいいと思った」と語った。

パンプキンズの解散後、ビリーとジミーの二人は『ズワン』を結成。アルバム一枚を発表したが、ほどなくして解散した。

再結成[編集]

2005年6月21日にビリーは、新聞『シカゴ・トリビューン』の全面広告で、スマパンの再結成と活動再開を計画していることを発表した。

2006年4月20日、オフィシャルサイトにて活動を再開したことを発表。ビリーとジミーの二人以外のメンバーは明らかにならなかったが、アルバムを制作中であることが伝えられた。翌年4月、ジェームスとメリッサは再結成に参加する意思がないことを公表。

2007年5月22日、ビリーとジミーに新メンバーを加えたパンプキンズはフランス・パリにて約7年ぶりとなるライブを行う。さらに7月には新アルバムである『ツァイトガイスト』が発売。先行シングルとして「タランチュラ」がリリースされた。

2008年ビリーは今後スマッシング・パンプキンズとして新しいアルバムをリリースするつもりはないことを表明[6]

2009年3月、ジミーが再び脱退することを発表[7]。後任探しのオーディションが行われ[8]、19歳のマイク・バーンが正式メンバーに選ばれた。

同年9月、『ティアガーデン・バイ・カレイディスコープ』と題した新作のレコーディングが開始されたことを発表[9]。44曲が収録予定で、完成した曲はオフィシャル・サイトを通じて配信されることになった。

2010年5月、ヴェルーカ・ソルト等での活動歴のあるニコール・フィオレンティーノが加入。

2010年8月、パンプキンズは解散以来10年ぶりの来日を果たし、サマーソニック2010に参加したほか、東京で二晩続けて追加公演を行った。

2012年6月19日、『オセアニア〜海洋の彼方』を発表。セールス面では好調なスタートを切り[10]、ビルボード4位を記録した。

2014年3月にビリーは新しくBMGと契約したことを報告する。6月にはマイク・バーンがバンドを脱退したことと、フィオレンティーノもこれ以降のレコーディングに参加しないことが発表された[11][12][13]。12月にアルバム『モニュメンツ・トゥ・アン・エレジー』が発表され、好意的なレビューに迎えられた。11月からツアーを行い、ベーシストはザ・キラーズマーク・ストーマー、ドラマーはレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンブラッド・ウィルクが務めた[14]

2015年には、脱退したバーンの代役として、ジミーが二度目の復帰をし、2018年に正式メンバーとして加入、同年にはジェームスが正式メンバーとしてバンドに復帰することが公表された[15]

影響[編集]

スマッシング・パンプキンズが少年期に大きく影響を受けたのは、ビートルズ[16]レッド・ツェッペリン[17]ブラック・サバス[18]ジミ・ヘンドリックス[18]ニール・ヤング[19]ルー・リード[19]メタリカ[20]ザ・キュアー[16]スージー・アンド・ザ・バンシーズ[16]ジョイ・ディヴィジョン [21]、やマイ・ブラッディ・ヴァレンタイン,[16]

メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

サポートメンバー[編集]

ディスコグラフィ[編集]

2007年

スタジオ・アルバム[編集]

マシーナの続編。アルバム本体とB面を数曲収録したEP3枚を、ビリー自身が立ち上げたレーベル「Constantinople Records」からフリー・ダウンロードでリリースされた。
2009年から数年かけて全44曲を数ヶ月ごとに1曲、または4曲入りEPごとにフリー・ダウンロード(MP3)方式でリリースしている。

コンピレーション[編集]

DVD[編集]

日本公演[編集]

  • 1992年 2月21日 心斎橋CLUB QUATTRO 23日 名古屋CLUB QUATTRO 24日 CLUB CITTA 26日 渋谷CLUB QUATTRO
  • 1994年 2月9日 中野サンプラザ 11日 ON AIR WEST 12日 名古屋CLUB QUATTRO 13日 心斎橋CLUB QUATTRO
  • 1996年 2月19日 尼崎アルカイックホール 20日 松下IMPホール 21日 愛知勤労会館 23日・26日 とどろきアリーナ 27日 渋谷公会堂
  • 1998年 6月23日 日本武道館 24日 日本工学院八王子専門学校駐車場(ゲリラライブ)
  • 2000年 6月20日 パシフィコ横浜 21日 宮城県民会館 24日 広島厚生年金会館 25日 Zepp Fukuoka 27日 大阪城ホール 28日 愛知厚生年金会館 30日 日本武道館 7月2日 東京国際フォーラム・ホールA
  • 2010年 8月7日・8日 SUMMER SONIC 10 8月10日・11日 新木場STUDIO COAST
  • 2013年 SUMMER SONIC 13

脚注[編集]

  1. ^ a b c Smashing Pumpkins|Biography”. オールミュージック. All Media Guide. 2016年3月26日閲覧。
  2. ^ Author, Unknown (1993年10月29日). “Smashing Pumpkins cross music barriers”. Star Telegram. http://nl.newsbank.com/nl-search/we/Archives?p_product=ST&s_site=dfw&p_multi=ST&p_theme=realcities&p_action=search&p_maxdocs=200&p_topdoc=1&p_text_direct-0=0EAF8F2A18300FD1&p_field_direct-0=document_id&p_perpage=10&p_sort=YMD_date:D&s_trackval=GooglePM 2012年10月1日閲覧。 
  3. ^ a b c スマッシング・パンプキンズ 関連のニュース・プロフィール”. Aol News. AOL Online Japan. 2016年3月26日閲覧。
  4. ^ The Smashing Pumpkins - アーティスト情報”. RO69. rockin'on holdings inc.. 2016年3月26日閲覧。
  5. ^ スマッシング・パンプキンズがニューアルバムのブートレッグ配布にネットを利用
  6. ^ スマッシング・パンプキンズ「もうアルバムはリリースしない」
  7. ^ ジミー・チェンバレン、スマッシング・パンプキンズ脱退を語る
  8. ^ スマッシング・パンプキンズ、ドラマーを一般公募
  9. ^ スマッシング・パンプキンズ、44曲入りのニュー・アルバムを無料提供
  10. ^ スマッシング・パンプキンズ、5年ぶり新作が好調なスタート
  11. ^ Camp, Zoe. “Smashing Pumpkins Drummer Mike Byrne Leaves Band”. ピッチフォーク・メディア. 2015年2月22日閲覧。
  12. ^ NEWS ON TOMMY LEE PLAYING ON 'MONUMENTS TO AN ELEGY' / SP ALBUM UPDATE”. Smashingpumpkinsnexus.com. 2015年2月22日閲覧。
  13. ^ Buchanan, Brett (2014年7月15日). “Nicole Fiorentino Reunites With Former Smashing Pumpkins Bandmate Mike Byrne”. AlternativeNation.net. 2015年2月22日閲覧。
  14. ^ Smashing Pumpkins Tap Rage Against the Machine's Brad Wilk For Upcoming Shows”. Blabbermouth. 2015年2月22日閲覧。
  15. ^ 愛憎渦巻くスマッシング・パンプキンズの20年
  16. ^ a b c d Greene, Andy (2021年5月29日). “Billy Corgan Reflects on the 30th Anniversary of ‘Gish’”. Rolling Stone. 10-6-2021閲覧。 “I think for us, it was trying to find the balance between the sensuality and grace of the kind of shoegazer stuff that we were really into, whether it was the Cure, Siouxsie and the Banshees, or My Bloody Valentine, against what we were interested in — what we’d term “classic rock,” [...] And then we put those pieces together with the Beatles somewhere in the middle.””
  17. ^ Baltin, Steve (2012年7月18日). “Billy Corgan on Vocal Smashing Pumpkins Fans, Led Zeppelin’s Greatness”. Rollingstone.com. 2-2-2020閲覧。 “When you think of Led Zeppelin music his guitar is almost like a lead vocal, so you almost have like two lead vocals, which is kind of the insanity of Zeppelin.”
  18. ^ a b Mundy, Chris (1994年11月17日). “Q&A: Smashing Pumpkins”. Rolling Stone. 2-2-2020閲覧。 “I put on the Black Sabbath record, and my life is forever changed [...] With Jimi Hendrix, it was the ability to translate this other level of guitar.”
  19. ^ a b Mettler, Mike (2011年2月17日). “The S+V Interview: Billy Corgan Page 3”. soundandvision.com. 2-2-2020閲覧。 “I learned that from people like Lou Reed and Neil Young”
  20. ^ Owens, Palge (2020年12月1日). “Gerard Way and Smashing Pumpkins’ Billy Corgan Contemplate Rock ’n’ Roll”. altpress.com. 10-6-2021閲覧。 “what we realized is by picking up forms that didn’t belong together, heavy-metal and alternative ethos, Siouxsie And The Banshees meets Metallica, we found all this new language..”
  21. ^ Exposito, Suzy. “Smashing Pumpkins’ Billy Corgan has a lot to say”. Chicagotribune.com. 2021年6月2日閲覧。 “When I first heard Siouxsie and the Banshees, Sisters of Mercy and Joy Division, they were making very modern music by using the technology that they had at hand. So I had to get inside the choices that they made”

外部リンク[編集]