トゥー・マッチ・ブラッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トゥー・マッチ・ブラッド
ローリング・ストーンズ楽曲
収録アルバム アンダーカヴァー
リリース 1983年11月7日 (1983-11-07)
規格 レコード
録音 1982年10月 - 11月、1983年5月 - 8月
ジャンル ロックヒップ・ホップ
時間 6分14秒
レーベル ローリング・ストーンズ・レコードヴァージン・レコード
作詞者 ジャガー/リチャーズ
作曲者 ジャガー/リチャーズ
プロデュース グリマー・ツインズ、クリス・キムジー
フィール・オン・ベイビー
(5)
トゥー・マッチ・ブラッド
(6)
プリティ・ビート・アップ
(7)
ミュージックビデオ
The Rolling Stones - Too Much Blood - Official Promo - YouTube

トゥー・マッチ・ブラッド」(Too Much Blood )は、ローリング・ストーンズの楽曲。作詞作曲はミック・ジャガーおよびキース・リチャーズ1983年発表のアルバム『アンダーカヴァー』収録。

解説[編集]

『アンダーカヴァー』収録曲中最も長尺で、ヒップ・ホップポスト・ディスコを取り入れたダンス・ナンバーである。実質的にはジャガー単独で書かれた曲で[1]、ジャガーは曲中でラップも披露している。歌詞は1981年に起こったパリ人肉事件に直接言及しており、おどろおどろしい内容になっている。『アンダーカヴァー』の録音はパリのスタジオで行われたが、ジャガー達は事件現場をよく通っていたという[2]。チョップスによるホーン・セクションと、スライ&ロビーのスライ・ダンバーらによるパーカッションが曲に独特のうねりをもたらしている[3]。リチャーズやロン・ウッドと共にこの曲でギターを弾いたジム・バーバーは、元々ストーンズのギター・テクニシャンだった人物で、その後ジャガーのソロアルバム『プリミティヴ・クール』(1987年)にも参加した[4]

アーサー・ベイカーによるリミックス・バージョンが存在し、これはアメリカ合衆国のみで12インチシングルとしてリリースされている。ダンス・バージョンとダブ・バージョンの2種類が存在するが、ダンス・バージョンの方は演奏時間が12分超とストーンズの全楽曲中最長である。未CD化のため2017年現在はレア・トラックとなっている。尚、ストーンズのコンサートで披露されたことはない。

プロモーションビデオ[編集]

ジュリアン・テンプル監督によるプロモーションビデオも製作されている。映像は歌詞世界を反映させたスプラッター映画さながらの内容であり、リチャーズとウッドがチェーンソーでジャガーを襲う場面も見られる。アメリカでリリースされた12インチシングルのジャケットは、この映像の一部から採られている。「アンダーカヴァー・オブ・ザ・ナイト」同様内容が問題視され、この映像も一部の放送局で締め出しを食らった[3]。2017年現在はYouTubeのストーンズ公式ページで視聴できる。

参加ミュージシャン[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Too Much Blood” (英語). 2017年6月8日閲覧。
  2. ^ アーカイヴシリーズvol.5『ザ・ローリング・ストーンズ['74-'03]』(シンコーミュージック刊、2003年ISBN 4-401-61801-7) P.55
  3. ^ a b 『アンダーカヴァー』2009年リマスターCD(日本版)付属の犬伏功による解説より。
  4. ^ アーカイヴシリーズvol.5『ザ・ローリング・ストーンズ['74-'03]』(シンコーミュージック刊、2003年、ISBN 4-401-61801-7) P.150