アレクシス・コーナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクシス・コーナー

アレクシス・コーナーAlexis Korner1928年4月19日 - 1984年1月1日)は、イギリスのミュージシャン。多くのミュージシャンを育てた功績から、「ブリティッシュ・ブルースの父」と呼ばれる。

経歴[編集]

フランスパリで生まれ、様々な国に引っ越した後、1940年5月にロンドンに移る。1940年代後半にギターピアノを始め、1950年代中期には本格的にブルースを演奏するようになる。

1961年、ブルース・インコーポレイテッドを結成。初期の主要メンバーの一人は、後にコロシアムで活動するサクソフォーン奏者ディック・ヘクストール=スミス。また、多くの若手ミュージシャンが入れ替わり参加したが、その中にはジャック・ブルースチャーリー・ワッツ等もいた。ブライアン・ジョーンズもコーナーのライブに参加したことがあるが、その時にミック・ジャガーキース・リチャーズに見初められ、ローリング・ストーンズ結成のきっかけとなった[1]

1967年のアルバム『I Wonder Who』には、後にペンタングルリズム隊となるダニー・トンプソンテリー・コックスが参加。この頃、後に有名バンドとなるフリーの名付け親となり、デビューの後押しをした[2]

1968年、レッド・ツェッペリン加入前のロバート・プラントと共演した時の音源は、後に編集盤『Bootleg Him!』に収録された。

1970年、CCSを結成。レッド・ツェッペリンのカヴァー「Whole Lotta Love」がヒットする。1971年6月、ハンブル・パイのメンバー3人と共にB.B.キングのアルバム『イン・ロンドン』収録曲「アレクシス・ブギー」のレコーディングに参加[3]。1972年にはボズ・バレルイアン・ウォーレスメル・コリンズ(3人とも元キング・クリムゾン)とスネイプを結成し、翌年、アルバム『Accidentally Born In New Orleans』発表。

晩年には、教え子的存在のチャーリー・ワッツ、ジャック・ブルース、イアン・スチュワートと共にロケット88を結成して活動。1984年1月1日、肺癌で他界。

ディスコグラフィ[編集]

  • Blues from the Roundhouse 10" (1957) – Alexis Korner's Breakdown Group
  • R&B from the Marquee (1962) – Blues Incorporated
  • At the Cavern (1964) – Blues Incorporated
  • Red Hot from Alex (1964) – Blues Incorporated
  • Alexis Korner's Blues Incorporated (1965) – Blues Incorporated
  • Sky High (1966) – Blues Incorporated
  • I Wonder Who (1967)
  • Alexis Korner's Blues Incorporated – Blues Incorporated
  • A New Generation of Blues (1968)
  • Both Sides (1970) – New Church
  • CCS 1st (1970) – CCS
  • Alexis Korner (1971)
  • Bootleg Him! (1972)
  • CCS 2nd (1972) – CCS
  • Accidentally Borne in New Orleans (1973) - Snape

脚注[編集]

  1. ^ Brian Jones : AllMusic - Biography by Richie Unterberger
  2. ^ Free : AllMusic - Biography by Jason Ankeny
  3. ^ B.B. King - In London (Vinyl, LP, Album) at Discogs

外部リンク[編集]