ドン・ウォズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベースを演奏するドン・ウォズ。2010年撮影

ドン・ウォズDon Was 1952年9月13日 - )本名:ドナルド・フェイゲンソン(Donald Fagenson)はアメリカ合衆国のベーシスト/プロデューサー

人物[編集]

デトロイトにて生まれる[1]ミシガン大学に入学したが、一年で中退した。ジャーニーマンであり、デトロイト・ブルースジョン·コルトレーンマイルス·デイビスジャズを聴いて育った。

芸名ドン・ウォズを使って同級生デヴィッド・ワイス(芸名デヴィッド・ウォズ)とグループ「ウォズ(ノット・ウォズ)」を結成。1980年代にアルバムを四枚出し商業的に成功しいくつかヒットを出した。ハンク・ウィリアムズの歌をjazz/R&Bでカバーしたアルバム『Forever's A Long, Long Time』を1997年にOrquestra Was名義で発表。[2]2008年、ウォズ(ノット・ウォズ)を再結成し、新作を出してツアーを行った。

2012年1月に、ジャズ・レーベル「ブルーノート·レコード」の社長に就任。複数の大ヒット作を出している。ポリシーは「クソみたいなレコードを出さないこと」。

プロデューサーとして[編集]

プロデューサーとしてローリング・ストーンズボニー·レイットボブ·ディランジョン・メイヤー、ジギー・マーリー、ボブ・シーガー、アル・グリーンルシンダ・ウィリアムスガース・ブルックスリンゴ・スターイギー・ポップライル・ラヴェットクリス・クリストファーソンジョー・コッカーフーティー・アンド・ザ・ブロウフィッシュエイモス・リーウィリー・ネルソンエルトン・ジョンスティーヴィー・ニックスジョージ・クリントンランディ・ニューマン、ザブラッククロウズ、カーリー・サイモン、トラヴィス・トリット、ブライアン·ウィルソンジャクソン・ブラウン、ベアネイキッドレディース、オールドクロウメディシンショー、ロイ・オービソンウェイロン・ジェニングス、ジェシー・コルタ、リッチー・サンボラ、The Presidents of the United States of America、BBキング、ポール・ウェスター、カート・エリングポイズン、ヘプハレド、B-52'sズッケロ、トッド・スナイダー、エリザベス・クック、ジル・ソブール、ソロモン・バークなどを担当。

1994年、グラミー賞最優秀プロデューサー部門を受賞。 [3][4]

ボニー・レイットのアルバム『Nick of Time』は1989年グラミー賞最優秀アルバム部門を受賞した。[3]

ジギー・マーリーと共作した『Family Time』は2009年グラミー賞最優秀子供向けアルバム部門を受賞した。[3]

映画[編集]

多くの映画作品で音楽監督・顧問を務めてきた。 また、1997年、ブライアン・ウィルソンのドキュメンタリーを監督し、サンダンス映画祭で公開、サンフランシスコ映画祭のゴールデン·ゲート賞を受賞。サントラも制作した。映画『バックビート』のオリジナル・スコアで英国アカデミー賞受賞。

ストーンズ[編集]

1964年に12歳でコンサートを見て以来のローリング・ストーンズのファンで、彼らのアルバム『ヴードゥー・ラウンジ』『ストリップド』『ブリッジズ・トゥ・バビロン』『フォーティーリックス』『ライブリックス』『ビガー·バン』を制作。リマスターなどを担当した『メイン・ストリートのならず者』を2010年5月に、『女たち』を2011年10月にそれぞれ再発売した。

ディスコグラフィ[編集]

80年代[編集]

  • 1981: Was (Not Was)/Was (Not Was)(ベース、シンセサイザー、ボーカル、プロデューサー)
  • 1982: The Beat Goes On/Orbit featuring Carol Hall (共同プロデュース)
  • 1983: Born to Laugh at Tornadoes/Was (Not Was) (ベース、プロデューサー、キーボード、エンジニア)
  • 1984: Into the Hot/Floy Joy(プロデューサー)
  • 1985: Spoiled Girl/カーリー・サイモン (プロデューサー)
  • 1986: Weak in the Presence of Beauty/Floy Joy (プロデューサー)
  • 1986: Madness of It All/Ward Brothers(プロデューサー)
  • 1986: Cross That Bridge/Ward Brothers (プロデューサー)
  • 1988: What Up, Dog?/Was (Not Was) (ギター、ベース、プロデューサー、キーボード、エンジニア)
  • 1989: Nick of Time/ボニー・レイット (キーボード、エンジニア)
  • 1989: コズミック・シング Cosmic Thing/B-52's(プロデューサー)

90年代[編集]

2000年代[編集]

2010年代[編集]

音楽監督及び顧問[編集]

映画[編集]

参照[編集]