藤岡裕大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
藤岡 裕大
千葉ロッテマリーンズ #4
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県岡山市
生年月日 (1993-08-08) 1993年8月8日(24歳)
身長
体重
178 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 2017年 ドラフト2位
初出場 2018年3月30日
年俸 1,430万円(2018年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

藤岡 裕大(ふじおか ゆうだい、1993年8月8日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手内野手)。岡山県岡山市出身。右投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

岡山市立操明小学校では小学校1年から操明スポーツ少年団でソフトボールを始め、岡山市立操南中学校では硬式の赤磐ベースボールクラブに所属した[1]

岡山理大附高校に進学後、1年秋からサードのレギュラーを獲得し、強肩を活かし投手としても活躍した。同期の柴田竜拓と三遊間を組み、3年の夏は岡山県大会準々決勝では渡邊雄貴を擁する関西高校と対決し、先頭打者ホームランを放ち、8回のピンチでマウンドに上がるも同点打を許し、9回には勝ち越し打を打たれ1―2で敗戦した[2]

亜細亜大学に進学後は、1年春からサードのレギュラーとして活躍。1年春、3年秋、4年秋にサードでベストナインを受賞、3年秋には打率.380を記録し首位打者に耀いた[3]。4年秋にはリーグ史上23人目の100安打を達成する[4]など、東都大学リーグ6度の1部リーグ優勝に貢献(1年春~3年春、4年秋)。全国大会でも全日本大学野球選手権大会では2度の準優勝(1年春2年春)、明治神宮野球大会では2度の全国制覇(2年秋4年秋)に貢献した。

2年時には第39回日米大学野球選手権大会日本代表に選出。このとき、のちに千葉ロッテでチームメートとなる三木亮中村奨吾と同時出場を果たしている。4年時にも2015年夏季ユニバーシアード野球日本代表に選出され、ドラフトでも指名有力されたが指名漏れした[5]。リーグ通算、97試合、打率.296(351-104)、7本塁打33打点、17盗塁。大学には2学年先輩に嶺井博希九里亜蓮(高校も同じ岡山理大附属)、1学年先輩に山崎康晃薮田和樹(高校も同じ岡山理大附属)、大下佑馬、同期に板山祐太郎、1学年後輩に宗接唯人、2学年後輩に高橋遥人北村拓己がいた。なお、宗接とは後にチームメイトとなる。

トヨタ自動車入社後、1年目は出場機会を増やすために外野手に挑戦した。第87回都市対抗野球大会では1番ライトを任され、初戦の七十七銀行戦では5打数4安打の活躍を見せるなど[6]、全国制覇に貢献。若獅子賞に輝き、大会の優秀選手に選ばれた。2年目は源田壮亮が抜けた穴を埋めるためにショートに転向し、第88回都市対抗野球大会では初戦の九州三菱自動車戦で延長12回、1アウト満塁から始まるタイブレークで谷川昌希からサヨナラ満塁ホームランを放った[7]。秋には第28回BFAアジア選手権社会人日本代表に選ばれた。第43回社会人野球日本選手権大会では全試合3番ショートとして、全国制覇に貢献した。

2017年のNPBドラフト会議千葉ロッテマリーンズから2巡目で指名された。契約金8,000万円、年俸1,430万円(金額は推定)という条件で入団し、「一流と呼ばれる選手になりたいです」と意気込みを語った[8]。背番号は4

プロ入り後[編集]

2018年はルーキーイヤーながらオープン戦で好調を維持し、同じくルーキーの菅野剛士と共に開幕スタメンとして出場した。ルーキー二人がスタメンに入るのは、1997年の小坂誠清水将海以来であった[9]

詳細情報[編集]

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 4 (2018年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]