コンテンツにスキップ

藤岡裕大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
藤岡 裕大
千葉ロッテマリーンズ #7
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県岡山市中区
生年月日 (1993-08-08) 1993年8月8日(30歳)
身長
体重
178 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手三塁手二塁手
プロ入り 2017年 ドラフト2位
初出場 2018年3月30日
年俸 8000万円(2024年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

藤岡 裕大(ふじおか ゆうだい、1993年8月8日 - )は、岡山県岡山市中区出身のプロ野球選手内野手)。右投左打。千葉ロッテマリーンズ所属。

経歴

[編集]

プロ入り前

[編集]

岡山市立操明小学校では小学校1年から操明スポーツ少年団でソフトボールを始め、岡山市立操南中学校では硬式の赤磐ベースボールクラブに所属した[2]

岡山理大附高校に進学後、1年秋からサードのレギュラーを獲得し、強肩を活かし投手としても活躍した。同期の柴田竜拓と三遊間を組み、3年夏の岡山県大会準々決勝では渡邊雄貴を擁する関西高校と対決し、先頭打者本塁打を放った。8回のピンチでマウンドに上がるも同点打を許し、9回には勝ち越し打を打たれ1-2で敗戦した[3]

亜細亜大学に進学後は、1年春からサードのレギュラーとして活躍。1年春、3年秋、4年秋にサードでベストナインを受賞、3年秋には打率.380を記録し首位打者に耀いた[4]。4年秋にはリーグ史上23人目の100安打を達成する[5]など、東都大学リーグ6度の1部リーグ優勝に貢献(1年春~3年春、4年秋)。全国大会でも全日本大学野球選手権大会では2度の準優勝(1年春2年春)、明治神宮野球大会では2度の全国制覇(2年秋4年秋)に貢献した。

2年時には第39回日米大学野球選手権大会日本代表に選出。このとき、のちに千葉ロッテでチームメイトとなる三木亮中村奨吾岡大海と同時出場を果たしている。4年時にも2015年夏季ユニバーシアード野球日本代表に選出され、ドラフトでも指名有力視されたが指名漏れとなった[6]。リーグ通算、97試合、打率.296(351-104)、7本塁打33打点、17盗塁。大学には2学年先輩に嶺井博希九里亜蓮(高校も同じ岡山理大附属)、1学年先輩に山﨑康晃薮田和樹(高校も同じ岡山理大附属)、大下佑馬、同期に板山祐太郎、1学年後輩に宗接唯人木浪聖也 、2学年後輩に髙橋遥人北村拓己がいた。なお、宗接とは後にチームメイトとなる。

トヨタ自動車入社後、1年目は同じポジションに1年先輩の源田壮亮がいたために、出場機会を増やすために外野手に転向した。第87回都市対抗野球大会では1番ライトを任され、初戦の七十七銀行戦では5打数4安打の活躍を見せるなど[7]、全国制覇に貢献。若獅子賞に輝き、大会の優秀選手に選ばれた。2年目はドラフトで埼玉西武に指名された源田が抜けた穴を埋めるためにショートに再転向し、第88回都市対抗野球大会では初戦の九州三菱自動車戦で延長12回、一死満塁から始まるタイブレークで谷川昌希からサヨナラ満塁本塁打を放った[8]。秋には第28回BFAアジア選手権社会人日本代表に選ばれた。第43回社会人野球日本選手権大会では全試合3番ショートとして、全国制覇に貢献した。

2017年10月26日に行われたドラフト会議では、千葉ロッテマリーンズから2位指名を受け、11月27日に契約金8000万円、年俸1430万円(金額は推定)という条件で契約し、「一流と呼ばれる選手になりたいです」と意気込みを語った[9]。背番号は4。チームに同姓の藤岡貴裕がいたため、スコアボード表記は「藤岡裕」で、ユニフォームの背ネームは「Y.FUJIOKA」。なお、2018年7月27日に藤岡貴裕はトレードで北海道日本ハムファイターズへ移籍したため、ロッテにおいて藤岡姓の選手は1人だけとなった。

ロッテ時代

[編集]

2018年は、キャンプから同じ遊撃手の平沢大河とポジション争いを展開すると、オープン戦で好調を維持。3月31日の東北楽天ゴールデンイーグルスとの開幕戦(ZOZOマリンスタジアム)に「2番・遊撃手」として開幕から先発出場を果たした。また、同じくルーキーの菅野剛士も「6番・左翼手」で開幕から先発出場を果たした。ルーキー二人が開幕から先発出場したのは、1997年の小坂誠清水将海以来、21年ぶりであった[10]。試合では、初回のプロ初打席で則本昂大から左越え二塁打を放つなど3安打猛打賞の活躍を見せた。新人選手の開幕戦猛打賞は2009年・横浜ベイスターズ山崎憲晴以来11人目、球団では1997年の小坂以来21年ぶりとなった[11]。8月21日の対埼玉西武ライオンズ戦(東京ドーム)でシーズン100安打に到達。新人での到達は、球団(前身の毎日などを含む)では2011年の伊志嶺翔大以来、7年ぶり9人目、ドラフト制後に限れば5人目となった[12][13]。打撃に苦しみながらも、シーズンを通して全試合出場を果たし[14]、打率.230、5本塁打、42打点、14盗塁、リーグ最多の26犠打を記録したが、パ・リーグ最優秀新人の投票は、有効投票258票中17票のみにとどまった[15]。規定打席以上で、無走者時の相手投手の平均投球間隔の短かった選手が受賞するスピードアップ賞を受賞した。藤岡は12.0秒だった[16]

2019年は、右足膝窩筋腱炎で春季キャンプから二軍調整となった[17]が、3月8日に一軍に合流する[18]と、平沢とのポジション争いを制し、3月29日に行われた楽天との開幕戦(ZOZOマリン)に「9番・遊撃手」で出場。2年続けて開幕スタメンに名を連ねた。しかし、5月21日のオリックス・バファローズ戦(京セラドーム大阪)で途中交代し、右大腿二頭筋肉離れと診断され、翌日に出場選手登録を抹消された[19]。6月14日に一軍に復帰するも、7月19日の北海道日本ハムファイターズ戦の試合前練習で右足を痛め、同20日に札幌市内の病院で右大腿二頭筋損傷と診断され、再び登録を抹消された[20]。9月1日のオリックス戦(ZOZOマリン)で再び一軍に復帰し、「8番・遊撃手」で先発出場すると、自身の失策で同点に追いつかれるも、直後に近藤大亮から決勝の1号勝ち越し本塁打を放つ[21]など、9月は月間打率.353と活躍したが、怪我に悩まされるシーズンとなった。最終的に、81試合の出場で打率.264、2本塁打、21打点の成績を残した。

2020年は、新入団の福田光輝鳥谷敬らとのポジション争いを制し、6月19日の福岡ソフトバンクホークスとの開幕戦(福岡PayPayドーム)に「9番・遊撃手」で出場。3年続けて開幕スタメンとなった。「9番・遊撃手」として出場した8月27日の楽天戦(楽天生命パーク)では、チーム唯一の安打を放ち、ノーヒットノーランを免れた。9番打者の安打だけでチームの無安打を阻止したのは2005年4月10日に日本ハムの中嶋聡がロッテの小林宏之からチーム全安打(2安打)を記録して以来、15年ぶりの出来事であった[22]。この年も正遊撃手として出場を続け、チームの優勝争いを支えていた。だが、10月6日に荻野貴司角中勝也清田育宏ら複数の主力選手とともに新型コロナウイルスに感染したことが明らかになり、出場選手登録を抹消された[23]。10月20日に一軍に復帰すると、11月8日の西武戦(ZOZOマリン)では決勝の4号本塁打を放つなど11月は月間打率.364と活躍し、チーム13年ぶりの2位・4年ぶりのクライマックスシリーズ出場に貢献した[24]。クライマックスシリーズ出場を決めた翌日には一軍復帰後も、頭痛や嗅覚障害など、新型コロナウイルスの後遺症を残したままプレーしていたと報じられた[25]クライマックスシリーズでは第1戦・第2戦ともに「9番・遊撃手」として出場したが、5打数1安打に終わった[26]

2021年は、開幕遊撃手こそ鳥谷敬に明け渡すも、その後は例年通り正遊撃手として起用された。しかし、新外国人野手であるアデイニー・エチェバリアの遊撃手定着により、後半戦からは三塁手としての出場が多くなったが、ルーキーイヤー以来の規定打席到達。球団の2年連続2位に貢献した。

2022年は、3月25日に行われた楽天との開幕戦(楽天生命パーク宮城)に「7番・遊撃手」で出場したが、開幕直後から脇腹痛を抱え、打率.129と不振に苦しみ4月22日に登録抹消となる[27]。当初は右脇腹肉離れと診断されていたが一向に痛みが引かず、登録抹消から1か月経ってから肋骨骨折が判明した[28]。最終的にこの年はキャリアワーストとなる28試合の出場に終わった。

2023年は、3月31日に行われたソフトバンクとの開幕戦(福岡PayPayドーム)に「8番・遊撃手」で出場。10月16日のソフトバンクとのクライマックスシリーズのファーストステージ第三戦(ZOZOマリンスタジアム)では10回裏無死一・二塁の状況で同点3点本塁打を放ち、見事チームをファイナルステージへの進出へと導いた。シーズン終了後の契約更改で、かつて西岡剛鈴木大地が使用していた背番号7へ変更することとなった。

2024年は、開幕から二塁手として出場していたが、4月6日に左太腿裏の張りで登録を抹消される[29]。4月19日に一軍に合流したが、5月19日に右肩痛で再び登録抹消となる[30]。6月14日に一軍復帰を果たすと、翌15日の中日ドラゴンズ戦(ZOZOマリンスタジアム)で連敗中のチームを活気付ける本塁打を放った[31]

選手としての特徴・人物

[編集]

“走攻守”三拍子が揃う内野手[32]。逆方向への打撃が巧みで[33]、2018年には最多犠打を記録するなど主に打線のつなぎ役を担う[34]。守備では遠投120mの強肩を誇り、外野もこなせるユーティリティープレイヤー[32]。走塁では50mを5秒95で駆け抜ける俊足が持ち味[35]

愛称は「フジ[36]

大学4年時のドラフトで一度指名漏れを経験しており、その直後に行われた練習ではショックから気持ちが入らないまま参加したが、最後にチームメイトから「頑張れ頑張れ藤岡!」のコールが送られ、藤岡を慰めたという[37]。藤岡は「監督の発案だったようですが、本当に嬉しかったです。そこで気持ちが切り替わりました」と語っている[37]

詳細情報

[編集]

年度別打撃成績

[編集]
















































O
P
S
2018 ロッテ 143 611 535 58 123 15 5 5 163 42 14 13 26 1 44 1 5 97 9 .230 .294 .305 .599
2019 81 278 250 36 66 14 1 2 88 21 3 1 10 2 16 0 0 33 4 .264 .306 .352 .658
2020 106 370 314 34 72 11 2 4 99 33 8 2 16 2 36 1 1 60 5 .229 .309 .315 .624
2021 137 493 432 41 110 21 3 3 146 37 10 3 18 1 40 2 2 95 7 .255 .320 .338 .658
2022 28 81 68 4 12 2 0 0 14 1 0 0 5 1 7 0 0 17 0 .176 .250 .206 .456
2023 93 380 310 34 86 20 0 1 109 22 7 2 10 2 54 1 4 66 4 .277 .389 .352 .741
通算:6年 588 2213 1909 207 469 83 11 15 619 156 42 21 85 9 197 5 12 368 29 .246 .319 .324 .643
  • 2023年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績

[編集]


三塁 遊撃
























2018 ロッテ - 143 227 419 14 77 .979
2019 1 0 0 0 0 ---- 81 134 201 7 41 .980
2020 - 105 159 274 6 49 .986
2021 74 44 76 3 8 .976 93 121 225 6 41 .983
2022 1 1 1 0 0 1.000 26 31 60 2 7 .978
2023 - 88 138 231 6 58 .984
通算 76 45 77 3 8 .976 536 810 1410 41 273 .982
  • 2023年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最多

表彰

[編集]

記録

[編集]
初記録

背番号

[編集]
  • 4(2018年 - 2023年)
  • 7(2024年 - )

登場曲

[編集]
  • 「Follow Me」Hardwell(2018年 - )
  • 「Hold On To You」Omnia(2023年 - )偶数打席

代表歴

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ ロッテ - 契約更改 - プロ野球」日刊スポーツ。2023年12月6日閲覧
  2. ^ 藤岡 裕大|侍ジャパン選手プロフィール」野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト。2022年1月9日閲覧
  3. ^ 関西、岡山理大付に逆転勝ち 岡山学芸館は2年連続4強朝日新聞デジタル:高校野球
  4. ^ 国学院大2季連続2位、亜大・藤岡が初の首位打者に輝くスポニチアネックス 2014年10月24日
  5. ^ 亜大・藤岡 リーグ通算100安打 岡山から来た母親の前で3本スポニチアネックス 2015年10月8日
  6. ^ ロッテ2位・藤岡 2年越しの“リベンジ” 亜大時代に指名漏れ「トラウマもあった」デイリースポーツ 2017年10月26日
  7. ^ 7月16日 東京ドーム 第2試合 1回戦
  8. ^ トヨタ自動車連覇へ タイブレークサヨナラ満弾!藤岡が決めたスポニチアネックス 2017年7月15日
  9. ^ ロッテ2位藤岡裕大が契約「一流と呼ばれる選手に」 日刊スポーツ 2017年11月27日配信
  10. ^ ロッテルーキー藤岡裕大&菅野剛士、開幕スタメンへ 日刊スポーツ 2018年3月25日配信
  11. ^ ロッテ藤岡裕 鮮烈デビュー!ルーキー21年ぶり開幕戦猛打賞」『Sponichi Annex』2018年3月31日。2022年1月9日閲覧
  12. ^ 球団新人9人目も…ロッテ・藤岡、苦笑い100安打「思ったより時間がかかった」」サンケイスポーツ、2018年8月22日。2020年11月9日閲覧
  13. ^ ロッテ新人藤岡、メモリアル試合で100安打達成」日刊スポーツ、2018年8月22日。2020年11月9日閲覧
  14. ^ ロッテ・藤岡、倍増以上で3500万円「源田さん追い抜きたい」」『サンケイスポーツ』2018年12月3日。2022年1月9日閲覧
  15. ^ 2018年度 表彰選手 投票結果(最優秀新人)」『NPB.jp』日本野球機構。2019年8月24日閲覧
  16. ^ ロッテ藤岡スピードアップ賞「せっかくなので意識」」日刊スポーツ、2018年10月18日。2022年1月9日閲覧
  17. ^ ロッテ藤岡が右足膝窩筋腱炎で別メニュー調整」日刊スポーツ、2019年2月1日。2020年11月9日閲覧
  18. ^ ロッテ藤岡1軍合流「平沢に負けない」遊撃争い自信」日刊スポーツ、2019年3月8日。2020年11月9日閲覧
  19. ^ ロッテ・藤岡は肉離れで登録抹消 代わりには平沢が昇格」スポーツニッポン、2019年5月22日。2020年11月9日閲覧
  20. ^ ロッテ 藤岡が右大腿二頭筋損傷で抹消 平沢を登録へ」スポーツニッポン、2019年7月20日。2020年11月9日閲覧
  21. ^ ロッテ藤岡が昇格即弾「働いてない分」巻き返し誓う」日刊スポーツ、2019年9月1日。2020年11月9日閲覧
  22. ^ ロッテ藤岡の安打でノーノー免れた 9番05年以来」日刊スポーツ、2020年8月27日。2020年11月9日閲覧
  23. ^ ロッテ鳥谷、角中、清田ら新たに11人がコロナ陽性」日刊スポーツ、2020年10月6日。2020年11月9日閲覧
  24. ^ ロッテ「粘ってつなぎ」CS決定!下克上の再現へ」日刊スポーツ、2020年11月8日。2020年11月9日閲覧
  25. ^ 119試合目 苦しみ抜いて手にしたCS切符」千葉日報スポーツ 2020年11月9日ツイート
  26. ^ 2020年度 千葉ロッテマリーンズ 千葉ロッテマリーンズ 個人打撃成績(クライマックスシリーズ)」『NPB』。2021年2月2日閲覧
  27. ^ 【ロッテ】井口監督「ファームで調子を上げてもらって」藤岡裕大、安田尚憲の抹消を説明」日刊スポーツ、2022年4月22日。2024年4月6日閲覧
  28. ^ ロッテ藤岡、今季大不振の原因は骨折だった…、肉離れの診断から骨折判明まで1カ月」スポニチアネックス、2022年12月13日。2024年4月6日閲覧
  29. ^ 【ロッテ】藤岡裕大が左太もも裏張りで登録抹消 吉井監督「急仕上げで開幕。しっかり治して」」日刊スポーツ、2024年4月6日。2024年6月20日閲覧
  30. ^ ロッテ・藤岡が右肩痛で登録抹消 代わって池田が1軍昇格」スポニチアネックス、2024年5月19日。2024年6月20日閲覧
  31. ^ ロッテ・藤岡裕大、前日14日に右肩痛から1軍復帰して初の3号2ラン「思い切っていきました!」」サンスポ、2024年6月15日。2024年6月20日閲覧
  32. ^ a b 千葉ロッテマリーンズのドラフト - ドラフト会議2017」『日刊スポーツ』。2021年11月12日閲覧
  33. ^ 内野の要の現状は? パ・リーグ6球団「遊撃手」事情 | 野球コラム」『週刊ベースボールONLINE』2020年9月15日。2021年11月12日閲覧
  34. ^ 藤岡裕大~不動のレギュラー取りへ。強肩を生かした守備で魅せる内野手~(千葉ロッテマリーンズ)【インサイト的選手名鑑】」『パ・リーグ.com』2020年4月3日。2021年11月12日閲覧
  35. ^ 50M5秒9 ロッテ快足ルーキー・藤岡裕 “アグレッシブ”走塁で勝利に貢献」『Full-Count』2018年3月29日。2021年11月12日閲覧
  36. ^ 4 藤岡 裕大 選手名鑑2023」『千葉ロッテマリーンズ』。2023年4月18日閲覧
  37. ^ a b ロッテ・藤岡裕大内野手「指名漏れの後のみんなの気持ちがうれしかったです」/ドラフト会議 | 野球コラム」『週刊ベースボールONLINE』2018年10月30日。2023年6月21日閲覧

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]