この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

北村拓己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北村 拓己
読売ジャイアンツ #52
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 石川県金沢市
生年月日 (1995-08-29) 1995年8月29日(24歳)
身長
体重
181 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2017年 ドラフト4位
初出場 2018年7月20日
年俸 860万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

北村 拓己(きたむら たくみ、1995年8月29日 - )は、石川県金沢市出身のプロ野球選手内野手)。読売ジャイアンツ所属。

経歴

プロ入り前

金沢市立十一屋小学校2年時から兄の影響で軟式野球(十一屋ファイターズ)[2][3]を始め、小学校高学年・星稜中学校・高等学校亜細亜大学では主将を務めた。

星稜高等学校入学後は1年春から三塁手のレギュラーを獲得し、2つ上の兄・祥治(現・トヨタ自動車硬式野球部)と三遊間を守っていた。高校3年夏に甲子園出場するも1回戦で敗退した。当時のチームメイトには1学年後輩の岩下大輝がいた。

亜細亜大学進学後は1年秋からリーグ戦に出場し、3年秋は三塁手、4年秋は遊撃手でベストナインに選出された。大学には3学年先輩に山崎康晃薮田和樹大下佑馬、2学年先輩に板山祐太郎藤岡裕大、1学年先輩に宗接唯人木浪聖也、同期に高橋遥人がいた。一部リーグ通算53試合に出場、163打数52安打、打率.319、2本塁打、35打点、10盗塁を記録。3年生時には第40回日米大学野球選手権大会の代表に選出された[2]

2017年度プロ野球ドラフト会議読売ジャイアンツより4位で指名を受け[4]、11月17日に年俸800万円で仮契約を結んだ[5]。背番号は52

巨人時代

2018年7月20日の対広島東洋カープ戦で代打として登場し、公式戦初出場を果たした。二軍では109試合に出場し、6本塁打、打率.270を記録。

2019年は5試合に出場、プロ初スタメンとなった5月6日の対横浜DeNAベイスターズ戦では、初盗塁を決めた。二軍では112試合に出場し、8本塁打、打率.290を記録し、出塁率.414で最高出塁率のタイトルを獲得。また、打率、安打数(107本)はリーグ3位だった。

2020年は開幕一軍入りし、6月22日、3戦目の対阪神タイガース戦では代打でプロ初ヒット初打点を記録した。翌23日には1番・二塁手でスタメン出場し、勝ち越し二塁打を放つ活躍で初のヒーローインタビューを受けた[6]。8月4日の対阪神戦(阪神甲子園球場)ではプロ初ホームランを記録し、試合後には元アイドリング!!!伊藤祐奈と1月に結婚していたことと[7]、試合前に第一子となる長女が生まれたことを報告した[8]

選手としての特徴・人物

守備のフットワークが良く、ドラフト時、内野守備三塁遊撃の両方を守れるとされ[9]、プロ入り後は一塁のレギュラー候補にあがったり[10]二塁の守備にもついていたりなど、内野全般を守れる。深い位置で守ることができ、これはスローイングに不安がないためであると、野球解説者の里崎智也は分析している[11]

幼い頃から巨人ファンであり、高橋由伸のパジャマを愛用していたり、自室の壁に「巨人にドラフト2位で入る」という少し控えめな目標を貼っていたりしていた[12]

前述の伊藤祐奈との結婚をすぐには公表しなかったが、これについて「結婚の報道で僕の名前が出るというのが、おこがましい部分があった。結婚で名前が出るより、プロ野球選手で名前を残していきたかった」と理由を説明している[13]

結婚報告の翌日である2020年8月5日の対阪神戦の試合前、円陣の声出しに抜擢され、巨人の球団公式Twitterアカウントにそのときの様子が動画として投稿された。この声出しで北村は「相手ピッチャー藤浪さんですけど、当てられる前にしっかりバットに当てて、初回からエンジン全開で行きましょう!」と発言。これが制球難に何年も苦しんでいる藤浪晋太郎を揶揄する発言ではないかと両軍のファンから疑問視され、同日中に動画は削除された[14][15]

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
2018 巨人 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2019 5 7 5 3 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 1 2 0 .000 .286 .000 .286
通算:2年 6 8 6 3 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 1 2 0 .000 .250 .000 .250
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績



三塁












2019 巨人 2 0 4 0 1 1.000
通算 2 0 4 0 1 1.000
  • 2019年度シーズン終了時

記録

初記録

背番号

  • 52(2018年 - )

登場曲

  • 『今すぐに逢いにゆくから』小山翔吾(2018年)
  • 『明日へ』小山翔吾(2019年)
  • 『CHAIN BREAKER』PKCZ(R) feat. 登坂広臣(2020年 - )

脚注

  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球 日刊スポーツ 2019年11月21日閲覧。
  2. ^ a b “北村 拓己|侍ジャパンプロフィール”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. https://www.japan-baseball.jp/jp/profile/201604015.html 2020年6月23日閲覧。 
  3. ^ “小中高大で主将のドラ4北村「存在感出す」”. スポーツ報知. (2018年2月4日). https://hochi.news/articles/20180204-OHT1T50026.html 2020年6月23日閲覧。 
  4. ^ “亜大・北村拓己、ドラ4で指名された憧れ巨人で「1軍」”. スポーツ報知. (2017年10月28日). https://www.hochi.co.jp/baseball/ama/20171028-OHT1T50008.html 2018年10月19日閲覧。 
  5. ^ “【巨人】ドラ4・北村、契約金5000万円で仮契約「背番号52といえば北村と言われる選手になりたい」”. スポーツ報知. (2017年11月17日). https://www.hochi.co.jp/giants/20171117-OHT1T50098.html 2018年10月19日閲覧。 
  6. ^ “巨人・北村拓己(星稜出身)が今季初スタメンで決勝打 星稜時代から見せてた能力の片鱗”. 高校野球ドットコム. (2020年6月24日). https://www.hb-nippon.com/news/36-hb-bsinfo/42129-bsinfo20200624003 2020年8月6日閲覧。 
  7. ^ 【巨人】北村拓己、パパになった日にプロ1号&元アイドルと結婚発表「次は僕が頑張る番」”. スポーツ報知 (2020年8月5日). 2020年8月6日閲覧。
  8. ^ 巨人・北村 元アイドリング・伊藤祐奈さんと結婚していた この日誕生の長女に贈るプロ1号。
  9. ^ “スカウトたちはドラフト候補のどこを見た? 球団コメントを一挙公開<セ・リーグ>”. ベースボールチャンネル. (2017年10月27日). https://www.baseballchannel.jp/npb/40775/2/ 2020年8月6日閲覧。 
  10. ^ “【巨人】北村拓己がサク越え連発「レベルアップしていきたい」内野のレギュラー狙う”. スポーツ報知. (2020年5月3日). https://hochi.news/articles/20200503-OHT1T50063.html 2020年5月3日閲覧。 
  11. ^ “里崎氏、巨人・北村の2回の好守備に「スーパープレー」”. ショウアップナイター. (2020年7月20日). https://baseballking.jp/ns/238332 2020年8月6日閲覧。 
  12. ^ “【巨人】プロ初安打の北村拓己、熱狂的G党 由伸パジャマ少年だった”. スポーツ報知. (2020年6月22日). https://hochi.news/articles/20200621-OHT1T50345.html 2020年8月6日閲覧。 
  13. ^ “【巨人】北村拓己、パパになった日にプロ1号&元アイドルと結婚発表「次は僕が頑張る番」”. スポーツ報知. (2020年8月5日). https://hochi.news/articles/20200805-OHT1T50029.html 2020年8月6日閲覧。 
  14. ^ “阪神・藤浪への〝失礼動画〟拡散! 巨人は慌てて削除も大騒動に”. 東スポWeb. (2020年8月5日). https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/2044224/ 2020年8月6日閲覧。 
  15. ^ “阪神・藤浪晋太郎「侮辱行為」で巨人・北村拓己、大炎上!? プロ3年目「当てられる前に、しっかりバットに当てて行きましょう!」今シーズン「死球0」を完全無視……”. Gambling Jornal. (2020年8月5日). https://biz-journal.jp/gj/2020/08/post_172490.html 2020年8月6日閲覧。 

関連項目

外部リンク