池田隆英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
池田 隆英
東北楽天ゴールデンイーグルス #30
T ikeda20180605.jpg
東京ドームにて(2018年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県唐津市
生年月日 (1994-10-01) 1994年10月1日(23歳)
身長
体重
181 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト2位
初出場 2018年4月1日
年俸 1,200万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

池田 隆英(いけだ たかひで、1994年10月1日 - )は、佐賀県唐津市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

唐津市立成和小学校4年生の頃に捕手として野球を始め、後に投手に転向する[2]。中学時代は地元の硬式チーム「東松ワンダーズ(現佐賀東松ボーイズ)」に所属し、2年生の時には全国準優勝を果たした[3]

創価高等学校時代は3年時に右膝前十字じん帯を断裂し、創価大学進学後も高校時代の怪我のリハビリの影響で3年時まで未勝利であったが、4年時に初勝利を果たし東京新大学リーグでは最多勝の4勝と最優秀防御率の0・83でベストナインにも輝いたほか日本学生野球協会表彰選手にも選ばれた。[3] [4]

2016年10月20日に行われたプロ野球ドラフト会議にて東北楽天ゴールデンイーグルスから二巡目指名され[5]、 同年11月9日、東京都内で入団交渉を行い、契約金7000万円、年俸1200万円で契約合意に達し[5]、同月22日に仙台市内で入団発表会見が行われた[6]。背番号は30

楽天時代[編集]

2017年、度重なる怪我があり、一軍登板はならなかったもの、二軍では4勝1敗、防御率2.72を記録した。

選手としての特徴[編集]

  • 最速152km/hの直球と、120km/h台のスライダー、110km/h台のカーブを投げる。

人物[編集]

楽天からの指名を受けたドラフト会議の当日(2016年10月20日)には『ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう』(生放送によるTBSテレビ制作・全国ネットの特別番組)に父親と共に生中継を通じて同番組へ出演した[7]

福岡ソフトバンクホークス田中正義は高校・大学を通じてのチームメイトであり、大学時代はダブルエースとしてチームを支えた[7]

詳細情報[編集]

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 30 (2017年 - )

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 楽天 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2018年5月22日閲覧。
  2. ^ “ドラフト注目株 池田隆英投手(創価大、唐津市出身)”. 佐賀新聞LiVE. (2016年10月18日). http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10104/367186 2017年2月17日閲覧。 
  3. ^ a b “「楽天ドラ2活躍」の法則、創価大・池田継承だ”. 日刊スポーツ. (2016年11月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1735997.html 2017年2月17日閲覧。 
  4. ^ リーグ戦タイトル一覧(東京新大学野球連盟1部)”. 新東京大学野球連盟 (2017年2月17日). 2017年2月17日閲覧。
  5. ^ a b <楽天ドラ2>池田「チーム勝たせる投手に」”. 河北新報 (2016年11月1日). 2017年2月18日閲覧。
  6. ^ 2017年度新入団選手発表会見”. 東北楽天ゴールデンイーグルスオフィシャルサイト (2016年11月22日). 2017年2月18日閲覧。
  7. ^ a b 「頼む!指名を」ドラフト特番の舞台裏 創価大・田中生出演予定”. スポニチ Sponichi Annex 野球 (2016年10月20日). 2017年5月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]