向谷拓巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
向谷 拓巳
東北楽天ゴールデンイーグルス #130
T mukaitani20180302.jpg
さいたま市営浦和球場にて(2018年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県桜井市
生年月日 (1997-02-24) 1997年2月24日(21歳)
身長
体重
170 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 二塁手
プロ入り NPB / 2016年 育成選手ドラフト3位
年俸 250万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

向谷 拓巳(むかいたに たくみ、1997年2月24日 - )は、奈良県桜井市出身のプロ野球選手内野手育成選手)。右投左打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

桜井市立織田小学校から野球を始め、桜井市立大三輪中学校では軟式野球部に所属した。

大和広陵高校に進学後、2年春の第85回記念選抜高等学校野球大会ではベンチから外れたものの、2年夏はセンターのレギュラーとして活躍。2年秋からはエース立田将太の勧めで捕手に転向[2]。3年夏は奈良県大会準決勝で岡本和真廣岡大志擁する智辯学園高校に敗れた[3]

独立リーグ・兵庫時代[編集]

兵庫ブルーサンダーズ入団後、1年目から二塁手のレギュラーとして、打率.304、38盗塁を記録した[4]。2年目も打率.373、盗塁37を記録し、首位打者と盗塁王を獲得した[5]

2016年10月20日に行われたプロ野球ドラフト会議東北楽天ゴールデンイーグルスに育成ドラフト3巡目で指名され、支度金200万円、年俸250万円で合意、入団[6]。背番号は130に決まった。BFL及び、兵庫ブルーサンダーズとして初のドラフト指名によるNPB入団選手となった。これを記念して向谷が兵庫で着用した背番号50は、12月28日にチームの永久欠番に指定された[7]

楽天時代[編集]

2017年二軍公式戦29試合に出場。試合数は多くないながらも、打率.304、1本塁打、3盗塁(盗塁死0)を記録し、西田哲朗に次いでチーム内2番目に多く二塁手のポジションに就いた。

2018年10月1日、球団から来季の契約を結ばないことが発表された。

詳細情報[編集]

独立リーグでの打撃成績[編集]











































O
P
S
2015 兵庫 44 191 48 58 2 3 0 16 17 18 1 3 0 38 16 0 .304 .367 .346 .713
2016 36 161 53 60 3 5 1 32 4 14 3 1 2 37 13 0 .373 .433 .472 .905
通算:2年 80 352 101 118 5 8 1 48 21 32 4 4 2 75 29 0 .335 .395 .403 .798
  • 各年度の太字はリーグ最高

独立リーグでのタイトル・表彰[編集]

タイトル(BFL)
  • 最高打率:1回 (2016年)
  • 最多盗塁:1回 (2016年)

背番号[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]