実践学園中学・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
実践学園中学・高等学校
Jissen Gakuen Junior & Senior High School.JPG
2013年平成25年〉11月撮影)
過去の名称 東京堂教習所
実践商業学校
実践商業高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人実践学園
理念 豊かな人間味のある人材の育成
設立年月日 高校:1948年昭和23年)3月10日
中学校:1995年平成7年)2月24日
4月18日
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型(外部混合無)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 特別進学コース
文理進学コース
リベラルアーツ&サイエンスコース
スポーツサイエンスコース
学期 3学期制
高校コード 13665E
所在地 164-0011

北緯35度42分0.2秒 東経139度40分47.4秒 / 北緯35.700056度 東経139.679833度 / 35.700056; 139.679833座標: 北緯35度42分0.2秒 東経139度40分47.4秒 / 北緯35.700056度 東経139.679833度 / 35.700056; 139.679833
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
実践学園中学・高等学校の位置(東京都内)
実践学園中学・高等学校

実践学園中学・高等学校(じっせんがくえん ちゅうがく・こうとうがっこう、Jissen Gakuen Junior & Senior High School)は、東京都中野区中央二丁目にある私立中学校高等学校。併設型中高一貫校で、中学校から入学した内部進学の生徒と、高校から入学した外部進学の生徒とで、高校3年間別クラスになる[1]。前身は昭和初期1935年千代田区神田錦町に設置された実業学校(商業学校[2])。

概要[編集]

前身は1935年昭和10年)に設置された実践商業学校修業年限4年間、入学資格高等小学校卒業程度)。太平洋戦争後の学制改革により、新制の高等学校として設置された。

高等学校の教育課程は、普通科。希望進路や学力別に応じて、(中高一貫コース・文理進学コース・特別進学コース・リベラルアーツ&サイエンス(LA&S)コース・スポーツサイエンス(SS)コースが設置されている。

沿革[編集]

年表[編集]

     -5月、建学80周年記念式典[4]

諸活動[編集]

部活動[編集]

中学・高校の男子卓球部、高校女子バスケットボール部はインターハイなど全国大会出場の常連校。また、中学男子バスケットボール部、高校男子サッカー部、高校女子バレーボール部、高校男子バドミントン部も全国大会に出場。このほか、高校硬式野球部は全国選抜大会の21世紀枠にノミネートされたことがある。

棋道同好会は、2年連続で全国大会に出場している。

  • バスケットボール
  • バレーボール
  • バドミントン
  • ソフトテニス
  • ダンス
  • サッカー
  • ゴルフ
  • 陸上競技
  • 硬式野球
  • 空手道
  • 柔道
  • 剣道
  • 卓球
  • 吹奏楽
  • 家庭科
  • 華道
  • 書道
  • 茶道
  • 美術
  • 写真
  • 合唱
  • 演劇
  • 科学
  • 英語
  • マンガ倶楽部
  • パソコン同好会
  • 棋道同好会
  • 青少年赤十字同好会
  • クイズ研究同好会
  • 鉄道研究同好会
  • 箏曲同好会

学校施設[編集]

校舎の屋上に「武蔵野の自然」をテーマにしたビオトープ(実践の森)がある。また、各教室に教員がパソコンで作った板書事項をプロジェクターでホワイトボードに投影しながら、画像・音声・動画を表示でき、専用のペン(アクティブペン)を使うことで、字や線を書いたり動かしたりすることができる電子黒板(IWB)とホワイトボードが設置されている。

このほか、八王子市内に総合グラウンド(後述)および研修センターを設置している。

アクセス

年表[編集]

総合グラウンド[編集]

実践学園中学・高等学校高尾総合グラウンド
施設情報
所在地 東京都八王子市狭間町1935番地
開場 2006年11月
所有者 実践学園中学・高等学校
グラウンド 内野:クレー
外野:人工芝
ピッチサイズ 105m×68m、中堅:120m、両翼:98m
照明 鉄塔式6基(LED)
使用チーム、大会
実践学園中学・高等学校サッカー部・野球部、第90回全国高校サッカー選手権大会東京都大会
収容能力
500人

実践学園中学・高等学校高尾総合グラウンド(じっせんがくえんちゅうがく・こうとうがっこうたかおそうごうグラウンド)は、当学校が所有・運営するサッカーおよび野球の兼用スタジアムである。当学校の創立80周年を記念し、2006年11月に開場した。

全国高校サッカー選手権大会の東京都予選の試合会場として使用されている。また、隣接して人工芝の小サッカー場(スタンドなし)やクラブハウスも建設されており、中学・高校では比較的充実した設備となっている。当学校のサッカー部や野球部の練習・試合会場としてだけでなく、大規模な公式戦や地域のスポーツクラブなど、幅広く利用されている。

施設概要[編集]

野球使用時は、内野部分がクレー、外野部分が人工芝となるほか、人工芝部分には国際規格のサッカーフィールドが入るように建設されている。また、客席はサッカー使用時に対応したバックスタンドのみが設置されている。なお、野球使用時にはスタンドの端部から外野フェンスまで、ラッキーゾーンのようなエリアが設けられる。

  • ピッチ : 内野はクレー、外野は人工芝
  • フィールド : サッカー、野球とも1面
  • 収容人数 : 500人(全席座席)
  • 照明設備
  • 得点板(サッカー用、野球用それぞれ設けられている)
  • 高尾駅より徒歩7分

著名な出身者[編集]

芸能界
文化
サッカー
籠球
その他

脚注及び参照[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 実践学園高校の学校情報(高校受験パスナビ)(旺文社)の「ワンポイント情報」の冒頭に「●内部進学生とは3年間別クラス。」と掲載されている。
  2. ^ a b 官報昭和10年(1935年)4月20日第2487号
  3. ^ 東京堂”. 千代田区立図書館. 2021年1月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e 2020shs.pdf - 実践学園中学・高等学校(学校案内パンフレット2020年版)”. 実践学園中学・高等学校. 2021年1月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]