松本剛 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松本 剛
北海道日本ハムファイターズ #12
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県川口市
生年月日 1993年8月11日(23歳)
身長
体重
181 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2011年 ドラフト2位
初出場 2013年10月4日
年俸 630万円(2016年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

松本 剛(まつもと ごう、1993年8月11日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

埼玉県川口市出身[1]青木北小学校1年生の時に「青北サンクス」で野球を始め、青木中学校時代は硬式野球の「川口シニア」でプレーし[1]、世界大会で準優勝した経験がある一方[2]、中学では陸上部に所属し[1]、400メートル走では埼玉県優勝の経験がある[3]

帝京高校では1年生の春にベンチ入り[1]。その年の夏の甲子園・全国大会では全3試合に8番または9番・遊撃手で先発出場し、計10打数2安打2盗塁、打率.200だった[4]。2年生時の春の選抜大会では全3試合に6番または7番・遊撃手で先発出場し、計12打数4安打1盗塁、打率.333だった[5]。秋の大会後に主将になり[6]迎えた3年生時の夏の甲子園東東京大会では27打数16安打3本塁打12打点、打率.593の成績で、チームは2年ぶり12度目の甲子園出場を果たした[7]。全国大会では全2試合に4番・遊撃手として先発出場し、計9打数4安打1本塁打4打点1盗塁、打率.444だった[8]花巻東との1回戦では、後にプロでチームメイトになる大谷翔平から決勝の適時打を放ち[9]八幡商業との2回戦でも先制の本塁打を放ったが、9回に逆転満塁本塁打を打たれ敗退した[10]。高校通算では33本塁打を放ったが、2年生までは10本塁打。冬に肉体改造を行い、3年生時の1年間で23本放った[3]

2011年10月27日に行われたプロ野球ドラフト会議北海道日本ハムファイターズに2巡目で指名され[11]、契約金6,000万円、年俸600万円(金額は推定)で合意し[12]、入団。背番号は12に決まった[13]。高校での同級生でチームメイトだった伊藤拓郎横浜ベイスターズから9位指名を受け、入団した。

プロ入り後[編集]

2012年、二軍でチームトップの103試合に出場[14]。遊撃手部門でイースタン・リーグ最多の28失策を記録した[15]

2013年、10月4日にプロ初昇格すると、同日の対ソフトバンク戦にて8番・三塁手として初出場初先発し[16][17]、初打席は三塁手へのライナーだった[18]

2014年、二軍の二塁手部門でリーグ最多の12失策を記録した[19]

2015年、4月7日に同年初の一軍昇格[20]。17日の対楽天戦の9回に代打で出場し、プロ初安打を放った[21][22]

2016年、4月15日の対ロッテ戦に2番・中堅手で先発出場し、1死満塁で迎えた2回の第2打席で2点適時打を放ってプロ初打点を挙げ[23][24]、翌16日の対ロッテ戦の4回にはプロ初盗塁(二盗)を記録した[25]

選手としての特徴[編集]

高校通算33本塁打を放ったが、自身について長距離打者ではなく中距離打者だと語っていた[3][9]

高校時代で50メートル走のタイムは6秒1[12]

エピソードなど[編集]

  • 入団1年目の2012年から新たにチームの監督を務めた栗山英樹は、監督就任前年は高校野球を扱ったテレビ朝日系のテレビ番組「熱闘甲子園」のナビゲーターを務めており、松本が高校1年生の時から取材を行っていたが、3年生時の夏の甲子園で帝京が敗れた際、番組のブログに松本宛てに激励を込めたメッセージ記事を投稿していた[12]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2013 日本ハム 2 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
2015 11 14 11 2 2 1 0 0 3 0 0 0 2 0 1 0 0 5 0 .182 .250 .273 .523
通算:2年 13 19 16 2 2 1 0 0 3 0 0 0 2 0 1 0 0 7 0 .125 .176 .188 .364
  • 2015年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]


二塁 三塁 外野
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2013 - 2 2 6 0 1 1.000 -
2015 1 0 1 0 0 1.000 1 0 1 0 0 1.000 3 4 0 0 0 1.000
通算 1 0 1 0 0 1.000 3 2 7 0 1 1.000 3 4 0 0 0 1.000
  • 2015年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 12 (2012年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d ハムドラ2松本 遊撃一本で金子誠超えだ 日刊スポーツ 2011年11月2日紙面から
  2. ^ 【日本ハム】ドラ2松本が地元川口市訪問 日刊スポーツ 2011年12月16日掲載
  3. ^ a b c 【日本ハム2位】松本剛 肉体改造で通算33本塁打 それでも「僕は中距離打者」 スポニチ Sponichi Annex 2011年10月27日掲載
  4. ^ 第91回高校野球選手権 8月16日第2試合結果8月19日第4試合結果8月22日第1試合結果 スポニチ Sponichi Annex
  5. ^ 第82回選抜高校野球 3月26日第2試合結果3月30日第1試合結果3月31日第3試合結果 スポニチ Sponichi Annex
  6. ^ 帝京・伊藤“大人の投球”/東東京大会 日刊スポーツ 2011年7月16日紙面から
  7. ^ 帝京・松本32号「完璧」/東東京大会 日刊スポーツ 2011年8月1日紙面から
  8. ^ 第93回高校野球選手権 8月7日第3試合結果8月13日第2試合結果 スポニチ Sponichi Annex
  9. ^ a b 帝京“怪物”大谷退治/夏の甲子園 日刊スポーツ 2011年8月8日紙面から
  10. ^ 先制本塁打で殊勲、最終回に悪夢 帝京・松本剛主将 朝日新聞デジタル 2011年8月14日掲載
  11. ^ 「2011年 新人選手選択会議」交渉権獲得選手のお知らせ 北海道日本ハムファイターズ 公式サイト 2011年10月27日配信
  12. ^ a b c ハム2位松本、栗山監督のエールに応える 日刊スポーツ 2011年11月20日紙面から
  13. ^ 2011年新入団選手発表 北海道日本ハムファイターズ 公式サイト 2011年12月3日配信
  14. ^ 2012年度 北海道日本ハムファイターズ 個人打撃成績(イースタン・リーグ) 日本野球機構オフィシャルサイト
  15. ^ 2012年度 イースタン・リーグ リーダーズ(守備部門) 失策(遊撃手) 日本野球機構オフィシャルサイト
  16. ^ 【日本ハム】2年目松本プロ初昇格&先発 日刊スポーツ 2013年10月4日掲載
  17. ^ 公示(出場選手登録・抹消) 2013年10月 北海道日本ハムファイターズ 公式サイト
  18. ^ 2013年10月4日 北海道日本ハム 対 福岡ソフトバンク 成績詳細 北海道日本ハムファイターズ 公式サイト
  19. ^ 2014年度 イースタン・リーグ リーダーズ(守備部門)失策(二塁手) 日本野球機構オフィシャルサイト
  20. ^ ハム4年目松本が昇格、負傷陽岱鋼のカバーに期待 日刊スポーツ 2015年4月7日掲載
  21. ^ ハム松本プロ初安打「次は勝ちに貢献できる場面で」 日刊スポーツ 2015年4月18日紙面から
  22. ^ 2015年4月17日 楽天イーグルス 対 北海道日本ハム 成績詳細 北海道日本ハムファイターズ 公式サイト
  23. ^ 日本ハム最多タイ17安打13点!松本プロ初打点 日刊スポーツ 2016年4月16日紙面から
  24. ^ 2016年4月15日 北海道日本ハム 対 千葉ロッテ 成績詳細 北海道日本ハムファイターズ 公式サイト
  25. ^ 2016年4月16日 北海道日本ハム 対 千葉ロッテ 一球速報 北海道日本ハムファイターズ 公式サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]