伊藤大海 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊藤 大海
北海道日本ハムファイターズ #17
2021年10月7日 京セラドーム大阪
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道茅部郡鹿部町
生年月日 (1997-08-31) 1997年8月31日(26歳)
身長
体重
176 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2020年 ドラフト1位
初出場 2021年3月31日
年俸 1億1000万円(2024年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
五輪 2021年
WBC 2023年
伊藤 大海
人物
生誕 (1997-08-31) 1997年8月31日(26歳)
日本の旗 日本
北海道茅部郡鹿部町
職業 プロ野球選手
YouTube
チャンネル
活動期間 2019年10月21日 -
ジャンル スポーツ
登録者数 1.91万人
総再生回数 63.9万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2023年11月22日時点。
テンプレートを表示
獲得メダル
日本の旗 日本
ワールド・ベースボール・クラシック
2023
オリンピック
2020 野球

伊藤 大海(いとう ひろみ、1997年8月31日 - )は、北海道茅部郡鹿部町出身のプロ野球選手投手)。右投左打。北海道日本ハムファイターズ所属。

愛称は「ヒロ[2]、「ひろみん[3]、「ミスター・ホワイトスモーク[4]など。

戸籍上、名前は正確には旧字体を使用した「大海」であり[5]日本野球機構での登録名もこの字体となっている[6]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

祖父と父がタコつぼ漁師の家系[7]に長男として生まれる。父は同郷の元プロ野球選手盛田幸妃と同級生であり、幼少期には盛田から直接指導を受けたこともある[8]

小学校では鹿部クラップーズに[9]、中学校では函館東シニアに所属した[9]

中学卒業後は駒澤大学附属苫小牧高等学校に入学し、2年春に第86回選抜高等学校野球大会へ出場。初戦の創成館高等学校戦で完封勝利を挙げた。1学年下には若林楽人がいた。

その後は駒澤大学に進学し硬式野球部へ入部したが、「4年間プレーするビジョンを描けなかった」として1年時の10月に中途退学[9][10]。翌春に苫小牧駒澤大学(現・北洋大学)へ再入学した。北海道学生野球連盟の規定で公式戦への出場が1年間できなかったが[9]、この間を強化期間と位置付けてトレーニングを積み、2年時に公式戦デビューを果たしてリーグ戦で6勝を記録すると、大学日本代表に選出されて3年時に抑えを務めた[9]

2020年10月26日に行われたドラフト会議では、北海道日本ハムファイターズから1位指名を受け[8]、契約金1億円+出来高払い、年俸1500万円(金額は推定)で入団に合意した[11]。日本ハムが北海道に移転した2004年から初めてとなる、北海道出身のドラフト1位入団選手となった[12]背番号17

日本ハム時代[編集]

2021年は開幕ローテーション入りを果たし、3月31日の埼玉西武ライオンズ戦でプロ初登板初先発。6回4安打1失点、毎回の8奪三振と好投するも勝敗はつかなかった[13]

その後は球団記録・NPB新人記録である木田勇の『初登板の初回から23イニング連続奪三振』に並ぶ快投を続けたが、なかなか勝ち星に恵まれなかった[14]。4月28日の福岡ソフトバンクホークス戦でも6回4安打無失点と好投し、5試合目の先発登板でようやくプロ初勝利を挙げた[15]。交流戦では3勝・防御率0.90で2冠に輝き『日本生命賞』を受賞すると[16]、5月28日の中日ドラゴンズ戦から7月9日の千葉ロッテマリーンズ戦までの6試合で6勝を記録[17]

東京オリンピックではリリーフとして活躍し(詳細後述)、レギュラーシーズン再開後は調整登板を経ずに一軍で先発起用となったが[18]、先発予定試合が2連続で雨天中止となるハプニングに見舞われた[19]。後半戦初先発となった8月20日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では自己ワーストとなる10安打6失点を喫したが[20]、同29日の西武戦では9回4安打3四球9奪三振無失点、自己最多となる134球の熱投でプロ初完投・初完封を記録した[21]

レギュラーシーズン最終戦かつ栗山英樹監督が指揮を執る最後の試合となった10月30日のロッテ戦では7回1失点の好投で10勝目を挙げ、パ・リーグ新人で唯一の2桁勝利を達成。

球団新人としては2006年の八木智哉以来であった[22]。ルーキーイヤーは一軍で23試合全てに先発登板して17度のQSを記録[23]

安定した投球で年間を通して先発ローテーションを守り、規定投球回に到達し、10勝9敗・防御率2.90と好成績を残した[24]。オフに2600万円増の推定年俸4100万円で契約を更改し[25]NPB AWARDS 2021ではパ・リーグの新人特別賞を受賞した[26][注 1]

2022年は1月30日に無症状ながら新型コロナウイルス陽性判定を受け[28]、春季キャンプに出遅れたものの、開幕一軍入りを果たした[29]。ソフトバンクとの開幕カードはBIGBOSSの方針で小刻みな継投が行われ[30]、伊藤は開幕戦で4番手として5回裏から登板。これがレギュラーシーズンでは初のリリーフ登板となり[31]、2イニングを無失点に抑え、プロ初ホールドを挙げた[32]。4月2日のオリックス・バファローズ戦でシーズン初先発となり、6回2失点と試合を作るも敗戦投手[33]。続く同8日の楽天戦では自己ワーストの6四死球を与え、6回3失点で敗戦投手となった[34]

4月15日の先発予定試合が雨天中止となり、翌16日のロッテ戦は自身初のスライド登板となったものの[35]、5回3失点(自責点2)でシーズン初勝利を挙げた[36]。その後もやや不安定な投球が続いたが[37][38]、5月13日のソフトバンク戦では9回3安打2四球6奪三振無失点の好投でシーズン初の完封勝利[39]。続く同20日の西武戦でも7回2失点と好投して勝利投手となるなど[40]調子が上向いたが、6月2日の広島東洋カープ戦の3回裏に打球が右足すねに直撃[41]

志願の続投で4回まで無失点に抑えるも、5回裏に2者連続四球を与えて降板となり、リリーフ陣がこの回に逆転を許したことで敗戦投手となった[42]。6月6日に出場選手登録を抹消され[43]、同18日のロッテ戦で一軍復帰を果たし、6回3失点と粘投したものの敗戦投手[44]。続く6月25日のソフトバンク戦でも6回2失点と試合を作るも打線の援護が無く、自身3連敗となったが[45]、7月2日のオリックス戦では9回5安打4四球4奪三振無失点と好投し、シーズン2度目の完封勝利を挙げた[46]

9月2日の楽天戦でシーズン10勝目を挙げ、球団では34年ぶり(1988年の西崎幸広以来)となる新人から2年連続2桁勝利を達成するも[47]、同5日にBIGBOSSは「多分先発だからペース配分している。1回だけならおもしろいんじゃないかな」と伊藤のクローザー適正テストを行う考えを公表[48]

本人の先発希望もあり、一度は白紙となったが[49]、9月24日の西武戦でベンチ入りし、BIGBOSSは再度伊藤を抑えで起用する方針を明かすと[50]、同26日の楽天戦では1点リードの9回表に登板し、2奪三振を含む3者凡退の内容でプロ初セーブを記録[51]

BIGBOSSも「力あるでしょ?やっぱり真っすぐで、ああやって空振りが取れるっていうね」と大絶賛した一方、連投への耐性やリリーフとしての体力面が未知数であることから、翌年の起用法については明言を避けた[52]

この年は2年連続となる規定投球回に到達し、26試合(23先発)の登板で10勝9敗1ホールド1セーブ・防御率2.95を記録した[53]。オフの11月に開催された『侍ジャパンシリーズ2022』の日本代表に選出されており[54]、同シリーズの最終戦は札幌ドームで開催され[55]、この年限りでの本拠地移転が決まっている札幌ドームのマウンドで、1イニングを3者凡退に抑えてシーズンを終えた[56]。オフに4400万円増となる推定年俸8500万円で契約を更改した[57]

2023年は開幕前に開催された第5回WBCでリリーフとして活躍し(詳細後述)、開幕まで1週間を切った3月24日にチームへ合流した[58]。本人の強い希望もあってチームでは先発起用となり[59]、二軍での調整登板を経て、開幕5試合目のロッテ戦でシーズン初登板初先発[60]

この試合は5回無失点で勝敗は付かなかったが[61]、その後は乱調が続き[62][63]、4月25日のオリックス戦でも4回0/3を6安打5四球6失点という内容で敗戦投手[64]。防御率5.82で開幕3連敗となった[65]

開幕時はリリーフだった北山亘基[66]鈴木健矢[67]メネズが先発へ転向したチーム事情もあり[68]、BIGBOSS改め新庄剛志監督は「次も悪かったら考える。他にも投げたいピッチャーはいるので[69]」と先発ローテーションの剥奪を示唆[70]

ただ、続く5月2日の西武戦で7回1失点と好投し、シーズン初勝利を挙げて[71]以降は復調し、6月17日の中日戦では7回3失点で勝利投手[72]

また、5回表の第2打席では左中間へ適時二塁打を放ち、プロ初安打・初打点を記録した[73]。その後も先発ローテーションを回っていたが、後半戦初先発となった7月22日のオリックス戦で打球直撃の影響もあり、5回3失点で降板すると[74]、以降は2試合連続でノックアウトを喫した[75][76]

続く8月12日のソフトバンク戦で7回無失点と好投し、勝利投手となって[77]以降は、自身初の無四球完封[78]を含む3試合連続完投を記録したが[79]、9月10日の西武戦では味方の失策に苛立ち、ベースカバーを怠るなど、6失点を喫して自己ワーストの2回1/3で降板となり、敗戦投手[80]

建山義紀投手コーチは「打たれる打たれないじゃない。エラーだったり、自分がコントロールできないことにイライラしている。 投手としての責任を果たしていない。次の登板は決められない」と先発ローテーションの剝奪を示唆したが[81]、中7日で9月18日のソフトバンク戦に先発すると、7回1失点と力投し、入団から3年連続となる規定投球回に到達[82]

この年は24試合の先発登板で7勝10敗、防御率3.46という成績であった[83]

代表経歴[編集]

東京オリンピック[編集]

2021年7月5日、コンディション不良により東京オリンピック日本代表を辞退した菅野智之に代わって代表に選出され[84]、中継ぎとして起用された。準決勝・決勝では試合終盤の僅差の場面を任され、2試合とも無失点の好救援で日本の金メダル獲得に大きく貢献した[85]

第5回WBC[編集]

2023年1月26日に第5回WBC出場メンバー30名が発表され、リリーフとして選出された[86]イタリアとの準々決勝では、5回に2点を失い、なおも二死一・三塁という場面で降板した大谷翔平の後を受けて登板[87]。この試合は、前年のワールドシリーズ第2戦でボール/ストライクの正確性100%を記録したことで知られていたパット・ホバーグ英語版が球審を務めていたが[88]、MLB公式サイトのチャート図ではストライクを通過していた、2ボール2ストライクから投じた6球目のストレートはボール判定[87]。球場は大歓声からどよめきに変わる異様な雰囲気となったが[88]、7球目もストレートを投じてショートフライに打ち取り、好救援を見せた[89]アメリカとの決勝戦でも2点リードの6回に登板し、3者凡退に抑える好救援[90]で3大会ぶりとなる世界一に貢献した。

選手としての特徴[編集]

投球フォームはオーバースロー[91]。大学時代でストレートの最速は156km/h[92](プロ入り後の最速は153km/h[93])。変化球は厳密に言えば6種類あるというスライダー[94]を筆頭に、スプリットカーブチェンジアップツーシームカットボール[95]、さらには最遅72km/hを計測したスローカーブ[96][注 2]と非常に多彩な球種を投げ分ける[98]

人物[編集]

幼少期から日本ハムのファンで、ダルビッシュ有のファンでもある[99]

プロ入り前の2019年10月にYouTubeチャンネルを開設し、野球少年や高校球児のためにトレーニング法などを積極的に公開した[100]。日本ハムで同僚となった吉田輝星も伊藤のことを「YouTuberとして気になっていた。思っていたよりも真面目」と、キャンプ初日に伊藤をいじっている[101]

ロジンバッグを使う伊藤。粉が舞っている(2022年7月27日、オールスターゲーム

2021年、東京オリンピックの韓国代表との準決勝で相手ベンチからロジンバッグをつけすぎているという指摘を受けた直後、全く気にしていない素振りで伊藤が再びロジンをつけた姿が話題となり、対戦相手の韓国国内からは非難の声が上がった[102]。登板後、それに対して伊藤は自身のTwitterで「#追いロジン」を添えて意見を発信した。このハッシュタグがトレンド入りし大きな反響を呼び、伊藤の代名詞にもなっている[103]。第5回WBCでは中継のアナウンスで、ロジンバックを多めにつけて白い粉が舞いながら投げる姿から「ミスター・ホワイトスモーク」の愛称で紹介されている[4]

東京オリンピック 野球日本代表侍ジャパン)として金メダルを獲得した栄誉をたたえ、2021年12月16日、北海道鹿部町の鹿部町役場前に記念のゴールドポスト(第30号)が設置された(ゴールドポストプロジェクト[104])。

日本ハム入団後の打席では“大海”つながりでかつて在籍した岡大海の応援歌が演奏されている(2023年から)[105]

2023年12月15日、一般女性との入籍を発表した[106]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2021 日本ハム 23 23 1 1 0 10 9 0 0 .526 610 146.0 125 8 53 1 6 141 1 0 51 47 2.90 1.22
2022 26 23 2 2 0 10 9 1 1 .526 653 155.2 140 5 49 0 5 112 5 0 60 51 2.95 1.21
2023 24 24 3 1 2 7 10 0 0 .412 649 153.1 147 11 41 0 8 134 2 0 64 59 3.46 1.23
通算:3年 73 70 6 4 2 27 28 1 1 .491 1912 455.0 412 24 143 1 19 387 8 0 175 157 3.11 1.22
  • 2023年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最多

オリンピックでの投手成績[編集]










































2021 日本 3 0 1 0 0 21 5.0 4 0 2 0 0 5 0 0 0 0 0.00

WBCでの投手成績[編集]










































2023 日本 3 0 0 0 0 7 2.1 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0.00

年度別守備成績[編集]



投手












2021 日本ハム 23 6 28 2 4 .944
2022 26 11 20 2 0 .939
2023 24 10 34 1 2 .978
通算 73 27 82 5 6 .956
  • 2023年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 17(2021年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ パ・リーグの新人特別賞は9年ぶり、球団では片岡篤史以来29年ぶり4人目[27]
  2. ^ このスローカーブは後に伊藤自ら「サミングボール」と名付けた[97]

出典[編集]

  1. ^ 日本ハム - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2023年12月5日閲覧。
  2. ^ 栗山監督「ヒロミは岡ちゃん」ドラ1伊藤をヒロ呼び”. 日刊スポーツ (2021年1月19日). 2021年9月28日閲覧。
  3. ^ 伊藤大海 Twitter 2022年5月22日”. Twitter. 2023年5月9日閲覧。
  4. ^ a b 侍J 伊藤大海の7球に大谷翔平も熱狂 解説では「ミスター・ホワイトスモーク」と紹介”. デイリースポーツ online. 2023年5月9日閲覧。
  5. ^ 伊藤大海 [@hiromi151] (2021年7月22日). "海の日!". X(旧Twitter)より2022年2月24日閲覧
  6. ^ 伊藤大”. 日本野球機構. 2022年6月29日閲覧。
  7. ^ 日本ハムD1位・伊藤、祖父と父はタコつぼ漁師 「元気なうちは」まだ継ぐつもりはない」『SANSPO.COM』、2021年2月19日、1面。2021年2月20日閲覧。
  8. ^ a b 【日本ハム】球団初 道産子ドラ1の伊藤大海、新球場開幕投手に名乗り”. スポーツ報知 (2020年10月27日). 2021年9月8日閲覧。
  9. ^ a b c d e 日本ハム、苫小牧駒大・伊藤を単独1位指名 北海道で花開いた 23歳の侍守護神」『スポーツニッポン』、2020年10月26日。2021年1月17日閲覧。
  10. ^ 「キャッチボールは必要?」。ドラフト候補が考えたいきなり全力投球の調整法”. web Sportiva (2020年6月20日). 2021年9月8日閲覧。
  11. ^ 【日本ハム】ドラフト1位伊藤大海が苫小牧漁港で仮契約 名産のホッキ貝を手に飛躍誓う”. スポーツ報知 (2020年12月1日). 2021年9月8日閲覧。
  12. ^ 日本ハム1位伊藤大海 目指す「17」を永久欠番に”. 日刊スポーツ (2020年12月13日). 2021年2月11日閲覧。
  13. ^ 日本ハム・ドラ1伊藤 プロ初登板で6回1失点好投、コーチも舌巻く器用さと大胆さで堂々投球”. Sponichi Annex (2021年4月1日). 2021年9月8日閲覧。
  14. ^ 【日本ハム】伊藤大海のプロ初勝利が9回2死から消滅 守護神・杉浦が逆転サヨナラ2ラン被弾”. スポーツ報知 (2021年4月21日). 2021年9月8日閲覧。
  15. ^ 日本ハムD1位・伊藤、全5戦QS男ようやくプロ1勝 3連勝導いた6回0封”. サンスポ (2021年4月29日). 2021年9月8日閲覧。
  16. ^ 交流戦史上初の新人投手2冠の日本ハム・伊藤 日本生命賞受賞「素直にうれしい」”. Sponichi Annex (2021年6月17日). 2021年9月8日閲覧。
  17. ^ 日本ハムD1位・伊藤、7回0封7勝 西崎以来34年ぶり新人6連勝”. サンスポ (2021年7月10日). 2021年9月8日閲覧。
  18. ^ 「肝っ玉侍」日本ハム伊藤大海が後半戦初先発へ 五輪で武器の精神力再認識”. 日刊スポーツ (2021年8月17日). 2023年6月17日閲覧。
  19. ^ 【日本ハム】オリックス戦は天候不良で中止 伊藤大海の五輪後初先発はお預け”. スポーツ報知 (2021年8月19日). 2023年6月17日閲覧。
  20. ^ 日本ハム・伊藤 五輪後初先発も5回を投げて自己ワースト10安打6失点で自身7連勝ならず”. Sponichi Annex (2021年8月21日). 2021年9月8日閲覧。
  21. ^ 日本ハム・伊藤大海 初完投が初完封!新人トップ8勝目 新人王争いオリ宮城を猛追”. Sponichi Annex (2021年8月30日). 2021年9月8日閲覧。
  22. ^ 【日本ハム】伊藤大海が7度目挑戦で2ケタ勝利 規定投球回も到達”. スポーツ報知 (2021年10月30日). 2021年10月30日閲覧。
  23. ^ 日本ハム伊藤大海「少しでも恩返し出来たのなら」球団15年ぶり新人2桁勝利”. 日刊スポーツ (2021年10月30日). 2021年10月30日閲覧。
  24. ^ 【2021主力選手通信簿|日本ハム】東京五輪でも活躍の伊藤は納得の最高評価。だが、西川や大田らは不甲斐ない結果に<SLUGGER>”. THE DIGEST (2021年12月3日). 2022年2月26日閲覧。
  25. ^ 日本ハム伊藤大海4100万円サイン「プロ野球選手の流れも勉強できた」”. 日刊スポーツ (2021年12月7日). 2021年12月8日閲覧。
  26. ^ 【日本ハム】伊藤大海が新人特別賞を受賞「苦しい時期もありましたが、少しは報われたかな」”. スポーツ報知 (2021年12月15日). 2021年12月15日閲覧。
  27. ^ 史上最も熱い新人王争い。過去の新人王&新人特別賞を振り返り激戦の行方を占う【プロ野球新人王2021】”. ベースボールチャンネル (2021年12月14日). 2022年2月26日閲覧。
  28. ^ 日本ハムが3投手の新型コロナ陽性を発表…上沢、伊藤、田中はキャンプ地で自主隔離”. BASEBALL KING (2022年1月30日). 2022年3月28日閲覧。
  29. ^ 【一覧】パ・リーグ開幕1軍登録選手”. 日刊スポーツ (2022年3月24日). 2022年3月28日閲覧。
  30. ^ 日本ハム・新庄監督 2戦連続マシンガン継投 方程式づくりが目的と明かす”. Sponichi Annex (2022年3月27日). 2022年3月28日閲覧。
  31. ^ 新庄BIGBOSS“奇策”ズバリ 伊藤大海、プロ入り初の中継ぎ登板 4番手で5回から登板”. Sponichi Annex (2022年3月25日). 2022年3月28日閲覧。
  32. ^ 2022年3月25日 【公式戦】 試合結果 (福岡ソフトバンクvs北海道日本ハム)”. 日本野球機構. 2022年3月28日閲覧。
  33. ^ 日本ハム・大海 今季初先発6回2失点も悔しい初黒星「降りることなく投げ切りたかった」”. Sponichi Annex (2022年4月3日). 2022年7月2日閲覧。
  34. ^ 【日本ハム】伊藤が四球禍からの脱却目指す「2戦2敗のピッチャーなので。6四死球やばいなってずっと思ってます」”. 中日スポーツ (2022年4月15日). 2022年7月2日閲覧。
  35. ^ 日本ハム伊藤大海 前回登板制球難の悪夢に「きのう寝られなかったので…」あすは雪辱果たす”. Sponichi Annex (2022年4月15日). 2022年7月2日閲覧。
  36. ^ 「不快な思いをさせ…」球審からおしかりの伊藤大海、再度の“土下座”にファンはドンマイ【日本ハム】”. 中日スポーツ (2022年4月16日). 2022年7月2日閲覧。
  37. ^ 新庄日本ハム今季最多12得点 万波!近藤!石井!だ3発 大海は10安打浴びるも粘投2勝目”. Sponichi Annex (2022年4月22日). 2022年7月2日閲覧。
  38. ^ 日本ハム・大海 6回途中6失点で3敗目「イニングの途中でマウンドを降りる形になり、悔しい」”. Sponichi Annex (2022年5月6日). 2022年7月2日閲覧。
  39. ^ 日本ハム・伊藤大海が今季初完封で4勝目 鷹・千賀との至極の投手戦を制す”. BASEBALL KING (2022年5月13日). 2022年7月2日閲覧。
  40. ^ 日本ハム・大海「粗品の呪い」はねのけリーグトップタイ5勝目”. Sponichi Annex (2022年5月21日). 2022年7月2日閲覧。
  41. ^ 日本ハム・伊藤 打球直撃でスタンドどよめき ど根性続投、ピンチ切り抜ける”. デイリースポーツ (2022年6月2日). 2022年7月2日閲覧。
  42. ^ 日本ハム・伊藤 打球直撃続投も5回に連続四球与え無念の降板”. Sponichi Annex (2022年6月3日). 2022年7月2日閲覧。
  43. ^ 日本ハム・伊藤が出場選手登録抹消 2日の広島戦で右足に打球直撃”. Sponichi Annex (2022年6月6日). 2022年7月2日閲覧。
  44. ^ 大海「悔しいですね」2週間ぶり復帰戦で今季5敗目”. 道新スポーツ (2022年6月18日). 2022年7月2日閲覧。
  45. ^ 日本ハム 零封負けで今季初の7連敗…伊藤は6回2失点ながら打線の援護なく6敗目”. Sponichi Annex (2022年6月25日). 2022年7月2日閲覧。
  46. ^ 日本ハム、オリ山本攻略で連勝 代打・上川畑が大仕事、伊藤は完封で6勝目”. BASEBALL KING (2022年7月2日). 2022年7月2日閲覧。
  47. ^ 【日本ハム】伊藤大海が球団34年ぶりの新人から2年連続2ケタ勝利到達”. スポーツ報知 (2022年9月1日). 2022年9月1日閲覧。
  48. ^ 新庄Bボス 伊藤大海の抑えテスト構想を明かす「2、3年で3億円いける」”. デイリースポーツ (2022年9月6日). 2022年9月26日閲覧。
  49. ^ 【日本ハム】新庄監督、伊藤大海の“抑えテスト”を断念 本人の「希望は先発」受け入れ白紙に”. 日刊スポーツ (2022年9月18日). 2022年9月26日閲覧。
  50. ^ 【日本ハム】ビッグボスが伊藤大海を抑え起用へ 1度は白紙も「気が変わった。ちょっと見てみたい」”. スポーツ報知 (2022年9月24日). 2022年9月26日閲覧。
  51. ^ 日本ハム・新庄監督が有言実行 救援テストで伊藤大海がプロ初セーブ!1点差9回に完璧救援”. Sponichi Annex (2022年9月26日). 2022年9月26日閲覧。
  52. ^ 新庄ビッグボス 「体力的にどうなのかも分からない」 伊藤の来季抑え起用は明言せず”. デイリースポーツ (2022年9月26日). 2022年10月8日閲覧。
  53. ^ 2022年度 パシフィック・リーグ 個人投手成績(規定投球回以上)”. 日本野球機構. 2022年10月8日閲覧。
  54. ^ 侍ジャパン、11月の強化試合代表メンバーを発表 栗山監督「ベストメンバーを選んだつもり」”. BASEBALL KING (2022年10月4日). 2022年12月8日閲覧。
  55. ^ 【侍ジャパン】完封白星でWBC本戦に向け4戦全勝フィニッシュ 佐々木朗希4回無失点 岡本和真&塩見泰隆が猛打賞”. スポーツ報知 (2022年11月10日). 2022年12月8日閲覧。
  56. ^ 侍J伊藤大海「感慨深い」札幌ラス投 来春WBCへ「気持ちは人一倍ある」”. BASEBALL KING (2022年11月11日). 2022年12月8日閲覧。
  57. ^ 日本ハム・伊藤大海 大幅アップの8500万円で更改 来季は「支配者」に”. デイリースポーツ (2022年12月8日). 2022年12月8日閲覧。
  58. ^ 【日本ハム】WBC優勝に貢献した伊藤大海がチームに合流「優勝に向かう」”. スポーツ報知 (2023年3月25日). 2023年6月17日閲覧。
  59. ^ 【日本ハム】伊藤大海は先発起用か…金村暁氏が「GAORA」で言及”. スポーツ報知 (2023年2月4日). 2023年6月17日閲覧。
  60. ^ 【日本ハム】伊藤大海、5日今季初登板初先発 WBCの「疲れはない」スピード調整も「大丈夫そう」”. スポーツ報知 (2023年4月3日). 2023年6月17日閲覧。
  61. ^ 日本ハム・伊藤大海 今季初先発で5回3安打無失点も勝ち負けつかず「次はいいリズムをもってこられるように」”. サンスポ (2023年4月5日). 2023年6月17日閲覧。
  62. ^ 【日本ハム】伊藤大海が7回途中5失点で今季初黒星「やりたいことが出来なかったのが悔しい」”. スポーツ報知 (2023年4月12日). 2023年6月17日閲覧。
  63. ^ 日本ハム・伊藤 2敗目に「魂を燃やしきれていない」次戦へ「自分がしっかりすればチームもいい方向に行く」”. デイリースポーツ (2023年4月19日). 2023年6月17日閲覧。
  64. ^ 2023年4月25日 【公式戦】 試合結果 (北海道日本ハムvsオリックス)”. 日本野球機構. 2023年6月17日閲覧。
  65. ^ 日本ハム、逆転負けで今季ワースト借金9…伊藤6失点KOで3敗目、防御率5.82”. BASEBALL KING (2023年4月25日). 2023年6月17日閲覧。
  66. ^ 日本ハム・新庄監督 北山を先発に配置転換「面白いかなと思って」北山自身も「ありがたいこと」”. デイリースポーツ (2023年4月14日). 2023年6月17日閲覧。
  67. ^ 【日本ハム】鈴木健矢が満塁ピンチ脱出の好投「チャンス生かしたい」20日ロッテ戦で今季初先発”. 日刊スポーツ (2023年4月16日). 2023年6月17日閲覧。
  68. ^ 日本ハム・メネズが先発転向 30日ソフトバンク戦に登板濃厚 ポンセ&金村離脱で白羽の矢”. Sponichi Annex (2023年4月28日). 2023年6月17日閲覧。
  69. ^ 【日本ハム】6失点KO伊藤大海に新庄監督「次も悪かったら考える。他にも投げたいピッチャー」”. 日刊スポーツ (2023年4月25日). 2023年6月17日閲覧。
  70. ^ 日本ハム・伊藤 5回途中6失点 新庄監督は「次もこういう投球だったら考える」”. Sponichi Annex (2023年4月26日). 2023年6月17日閲覧。
  71. ^ 日本ハム・伊藤大海、やっと勝った 開幕34日目「ラストチャンス」で!侍投手「先発」最遅”. サンスポ (2023年5月3日). 2023年6月17日閲覧。
  72. ^ マルティネスが古巣撃ち決勝3ラン 日本ハムが2連勝でカード勝ち越し、伊藤大海3勝目”. Full-Count (2023年6月17日). 2023年6月17日閲覧。
  73. ^ 【日本ハム】伊藤大海がプロ初安打初打点「泥くさく」“本業”の投球は初回から乱調も持ち直す”. 日刊スポーツ (2023年6月17日). 2023年6月17日閲覧。
  74. ^ 伊藤大海 左足に打球直撃も粘投 1点リード死守してリリーフにバトン”. 道新スポーツ (2023年7月22日). 2023年10月6日閲覧。
  75. ^ 【日本ハム】1点差負けで連勝は3でストップ 伊藤大海は自己最短3回4失点KO”. スポーツ報知 (2023年7月29日). 2023年10月6日閲覧。
  76. ^ 伊藤 続く苦心のマウンド 五回途中KOで4戦勝ちなし”. 道新スポーツ (2023年8月5日). 2023年10月6日閲覧。
  77. ^ 伊藤大海 好投の陰に先輩の助言「上沢さんのおかげです」 7回無失点で6勝目”. 道新スポーツ (2023年8月12日). 2023年10月6日閲覧。
  78. ^ 【日本ハム】伊藤大海が今季初完封で7勝目「抑えてやろうっていう気持ちに」野村の好返球に感謝”. 日刊スポーツ (2023年8月26日). 2023年10月6日閲覧。
  79. ^ 伊藤大海が3戦連続完投も8敗目 右腕を奮い立たせる本拠地ブルペンにある後輩たちからの〝メッセージ〟”. 道新スポーツ (2023年9月2日). 2023年10月6日閲覧。
  80. ^ 日本ハム 自己最短KOの伊藤に建山コーチ苦言「エラーを引きずってイライラ」「改善しないと」”. デイリースポーツ (2023年9月10日). 2023年10月6日閲覧。
  81. ^ 建山投手コーチ、自滅KO伊藤大海にローテ剥奪示唆「投手としての責任を果たしていない」【日本ハム】”. 中日スポーツ (2023年9月10日). 2023年10月6日閲覧。
  82. ^ 7回1失点と力投した伊藤大海 規定投球回の到達に「体だけは丈夫。親に感謝しています」”. 道新スポーツ (2023年9月18日). 2023年10月6日閲覧。
  83. ^ 2023年度 北海道日本ハムファイターズ 個人投手成績(パシフィック・リーグ)”. 日本野球機構. 2023年10月6日閲覧。
  84. ^ 日本ハム・伊藤大海 侍ジャパン・菅野の代役大抜てき 先発最近5戦5勝で中継ぎ&抑え適性◎”. Sponichi Annex (2021年7月5日). 2021年9月8日閲覧。
  85. ^ 強心臓!日本ハム伊藤大海、駒大苫小牧の大先輩を「マー君」と呼んでいた”. 日刊スポーツ (2021年8月10日). 2021年9月8日閲覧。
  86. ^ 【WBC】日本ハム・伊藤大海がリリーフとして侍選出「使い勝手のいい投手になれたら」”. 東スポ (2023年1月26日). 2023年3月22日閲覧。
  87. ^ a b 「普通に誤審だろ!」伊藤大海への“ボール判定”が物議!MLB公式が「ストライク判定」も、球審の「手は上がらず」【WBC】”. THE DIGEST (2023年3月18日). 2023年3月22日閲覧。
  88. ^ a b 「どう見てもストライク」伊藤大海6球目のボール判定物議 日本同点危機、解説も「取ってほしい」”. J-CAST ニュース (2023年3月17日). 2023年3月22日閲覧。
  89. ^ 侍ジャパン好救援の伊藤大海 先発・大谷から頭ポンポン 素顔は弟思いのお兄ちゃん”. 道新スポーツ (2023年3月17日). 2023年3月22日閲覧。
  90. ^ 【侍ジャパン】伊藤大海、好リリーフ6回1イニングを3者凡退 マウンドで吠える”. スポーツ報知 (2023年3月22日). 2023年3月22日閲覧。
  91. ^ 【ドラフト】北海道日本ハムファイターズ・1位 伊藤大海(苫小牧駒澤大) クローザー適性も高い右の豪腕/プロ野球ドラフト会議”. 週刊ベースボールONLINE (2020年10月26日). 2021年9月8日閲覧。
  92. ^ 日本ハム1位の苫小牧駒大・伊藤「一つの縁」に喜び 目標は「宮西投手」」『スポーツニッポン』、2020年10月26日。2021年1月17日閲覧。
  93. ^ 日本ハム・ドラ1伊藤が3勝目 菅野に投げ勝った プロ入り後最速153キロ計測”. デイリースポーツ online (2021年6月6日). 2021年9月8日閲覧。
  94. ^ 【日本ハム】伊藤大海が「6種類」のスライダーを駆使して7回1失点の好投 自身5連勝で6勝目”. スポーツ報知 (2021年7月1日). 2021年9月14日閲覧。
  95. ^ 【日本ハム】ドラ1伊藤大海“7色の変化球”披露 栗山監督「楽しみ。いい感じできている」”. スポーツ報知 (2021年2月3日). 2021年9月19日閲覧。
  96. ^ 「多田野の再来か?」 腕を振った72キロ“超遅球”にファン騒然「絶対打てない」”. Full-Count (2021年8月22日). 2021年9月14日閲覧。
  97. ^ 侍・伊藤、超遅球命名「サミングボール」 憧れダルと並んで投球「吸収していきたい」”. デイリースポーツ (2023年2月19日). 2023年2月19日閲覧。
  98. ^ <日ハムドラフト>1位 伊藤大海 10球種操る155キロ右腕」『北海道新聞』、2020年10月27日。2021年1月17日閲覧。
  99. ^ 日本ハム「初」の道産子1位、伊藤大海「ファンです」”. 朝日新聞 (2020年10月26日). 2020年10月26日閲覧。
  100. ^ 日本ハムD1位・伊藤、祖父と父はタコつぼ漁師 「元気なうちは」まだ継ぐつもりはない」『SANSPO.COM』、2021年2月19日、2面。2021年2月20日閲覧。
  101. ^ 吉田輝星7日初実戦先発へ 栗山監督「魂が見えた」」『日刊スポーツ』、2021年2月3日。2021年2月20日閲覧。
  102. ^ 「呆れた言い訳だ」伊藤大海の“ロジン問題”が韓国で物議!「打者の視界を白い粉で曇らせた」【東京五輪】”. THE DIGEST (2021年8月6日). 2021年9月21日閲覧。
  103. ^ 【日本ハム】「追いロジン」伊藤大海が金メダルお披露目 SNS中傷問題に「僕もいっぱい来た」”. スポーツ報知 (2021年8月10日). 2021年9月8日閲覧。
  104. ^ ゴールドポストプロジェクト”. 内閣官房 オリンピック・パラリンピックレガシー推進室. 2022年6月7日閲覧。
  105. ^ 木下大輔 (2023年6月3日). “【日本ハム】伊藤大海の応援歌は「エースを狙え」岡“大海”を踏襲!思わぬ快足ぶりに場内騒然”. 日刊スポーツ. 2023年6月17日閲覧。
  106. ^ 【日本ハム】伊藤大海が一般女性との結婚発表「支えてくれる家族とともに、1球でも多く投げ続けます」”. スポーツ報知 (2023年12月15日). 2024年1月22日閲覧。
  107. ^ 日本生命セ・パ交流戦 2021 表彰選手”. 日本野球機構 (2021年6月17日). 2021年6月17日閲覧。
  108. ^ 【日本ハム】伊藤大海がプロ初安打初打点 “本業”の投球は初回から乱調も持ち直す」『日刊スポーツ』、2023年6月17日。2023年6月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]