渡邉啓太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渡邉 啓太
千葉ロッテマリーンズ #35
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福島県いわき市
生年月日 (1993-09-13) 1993年9月13日(26歳)
身長
体重
177 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2017年 ドラフト5位
初出場 2018年5月17日
年俸 1,100万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

渡邉 啓太(わたなべ けいた、1993年9月13日 - )は、福島県いわき市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校から常磐軟式野球スポーツ少年団で軟式野球を始め、4年生の時に捕手から投手に転向した。中学校ではいわき東ボーイズに所属した[2]

福島県立いわき光洋高等学校では1年秋から控え投手としてベンチ入り。2011年に発生した東日本大震災で被災し、1カ月以上にわたり高校に通えず、その後も放射能の問題で練習時間が限られるなど苦労を強いられる。厳しい環境を乗り越え、3年夏の福島大会ではエース兼二塁手としてチームの中心を担いベスト4入りに貢献したが、甲子園出場はならなかった[3]

神奈川工科大学創造工学部ロボット・メカトロニクス学科に一般受験で入学し、1年春から神奈川大学リーグ戦に出場。2年秋からエース格となり、4勝を挙げベストプレーヤー賞を受賞。4年秋には5勝0敗、防御率1.43の成績を残し、最優秀投手賞を獲得した。大学通算16勝[4]

大学卒業後は、NTT東日本野球部に入部。1年目から都市対抗野球に出場し、2試合に登板して無失点。同年8月に行われたワールド・ベースボール・チャレンジの社会人日本代表にも選出される。このときの代表メンバーに、のちに千葉ロッテでチームメートとなる土肥星也菅野剛士の名もあった。

2年目にも都市対抗野球に出場。決勝の日本通運戦で救援し3回無失点で胴上げ投手となるなど、チームの優勝に貢献した[5]

2017年10月26日に行われたドラフト会議千葉ロッテマリーンズから5位指名を受け、11月17日に仮契約を結んだ[6]

選手としての特徴[編集]

直球の最速は147km/h、常時140km/h台前半と、目立って速くはないが、変化球はフォーク、カットボール、スライダー、ツーシーム、チェンジアップを投げ分け、低めに制球し大崩れしない投球が持ち味[7]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2018 ロッテ 6 6 0 0 0 0 1 0 0 .000 129 28.0 37 2 10 0 0 12 2 0 18 15 4.82 1.68
NPB:1年 6 6 0 0 0 0 1 0 0 .000 129 28.0 37 2 10 0 0 12 2 0 18 15 4.82 1.68
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録

背番号[編集]

  • 35 (2018年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]