ユーティリティープレイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ユーティリティープレイヤー(Utility Player、UT)は、スポーツ、特に球技において、1人でいくつものポジションをこなす選手を指す言葉である。

概要[編集]

レギュラー選手の故障や、長期連戦途中の休養による穴を埋める役目を果たすことができるため重宝される。

野球においてのユーティリティープレイヤー[編集]

野球では、主にバッテリー以外の複数ポジションを守ることができる選手を指す傾向にある。日本では内外野問わず、2つ以上のポジションを守れる選手を指すことが多いが、MLBでは内野手外野手の両方を守ることができる選手を指す。内野のみで複数のポジションを守れる選手は、ミドル・インフィールダー(Middle-Infielder 略称:MI)と呼ばれ、ユーティリティープレイヤー(略称:UT)とは分けられて表記されている[1]

また、捕手登録ながら一塁手三塁手左翼手右翼手などを兼任する選手も存在する。日本の場合は、捕手はより専門的な動きを要求されるため、捕手から別のポジションにコンバートされることが多く、いずれかのポジションに一本化されることが大半である。ただし、捕手登録のまま一塁手を兼任する例は他のポジションとの兼任よりは比較的多く見られる。捕手と他のポジションを兼任し、その後コンバートされた例では、関川浩一秦真司宮里太和田一浩などがいる。複数ポジションをこなしながら捕手登録のままだった例では、西山秀二[2]矢野輝弘[3]など。
MLBでも同様の起用法が多いが、攻撃型捕手と守備型捕手を併用する傾向が強い。そのため攻撃型捕手はやがて一塁手、左翼手などに一本化される。また捕手として優秀であっても、他のポジションで捕手以上の活躍が見込める選手がコンバートされることもある。クレイグ・ビジオブランドン・インジなどが該当する。また、MLBでは他のポジションの選手が捕手を兼任して、最終的に捕手にコンバートされる例も少なくない。日本と異なりMLBでは基本的に打力が求められるポジションは、一塁手、三塁手、捕手であるため。
投手との兼任は非常に稀だが、MLBでは投手を使い果たした場合、野手が登板することも珍しくない。しかし、この場合はユーティリティープレイヤーとは呼ばれない。さらに大谷翔平のように投手でも打者でも主力級の働きを見せる、いわゆる「二刀流」はユーティリティプレイヤーではなく「Two-Way」と呼ばれる。ケンリー・ジャンセンは捕手から投手に転向した珍しい例だが、投手転向後も捕手として出場経験がある。また、国際大会ではオランダ代表で捕手として出場経験もある。

さらに、打力に秀でた選手の出場機会を増やすために複数のポジションを守らせる起用法がある。どのポジションでもレギュラークラスの実力を発揮できる選手であれば、それはユーティリティープレイヤーと呼ばれる。ベン・ゾブリストウィリー・ブルームクイストマイケル・ヤングなどが該当する。また、1シーズン通してポジションは固定されるが、シーズンごとにポジションが変わる選手も該当する。ピート・ローズマーク・マクレモアショーン・フィギンズなど。日本でも種田仁元木大介アンディ・シーツなどがこれに当たる。
日本では守れるポジションが多い選手=ユーティリティープレイヤーと考える傾向が強いが、守備技能は度外視されている。例えば、守備に難のある外国人選手が左翼手と一塁手を兼任するパターンである。ブラッド・エルドレッドギャレット・ジョーンズなどはMLB時代からこの方法で起用されていた。他のポジションに比べて守備技能がそれほど要求されないため、ドミンゴ・マルティネスロベルト・ペタジーニのように外野手経験がほぼ皆無な選手を守備力を無視して強引に外野手で出場させた例もある。これらも近年、日本ではユーティリティープレイヤーとして分類される傾向にある一方で、MLBでは本来ユーティリティーが意味する「便利な」からはかけ離れており、どれだけ多くのポジションを守れても守備技能が劣っていればユーティリティーではない(便利ではない)ため、そうは呼ばれない。MLBではプラトーン・システムと呼ばれており、これはかつて日本でも普通に言われていた言葉だが、近年のMLB人気の影響によってユーティリティーという目新しい言葉を好んで使う傾向になっている。

日本プロ野球において、投手を含めた全9ポジションを守る1試合全ポジション守備高橋博士が記録し、全ポジション守備は加えて五十嵐章人マイク・ディアズがいるが、彼らが投手を務めたのはいずれも全ポジション守備という記録を達成するための、ファンサービス的な1試合のみである。特にディアズは「ディアズ・デー」と呼ばれたファンサービスの試合で記録している。MLBではバート・キャンパネリスシーザー・トーバースコット・シェルドンシェーン・ホルターの4人が1試合全ポジション守備を記録し、全ポジション守備クッキー・ロハスホセ・オケンドードン・ケリージェイク・エルモアの4人が加わる。[要出典]

サッカーにおいてのユーティリティープレイヤー[編集]

サッカーにおいても意味合いは変わらず、ディフェンダーミッドフィールダーフォワードといったフィールドプレーヤーの複数ポジションをこなせる選手を指す。DFの中でサイドバックとセンターバックを両方こなせたり、MFの中で攻撃的なポジション、守備的なポジション、サイドのポジションを兼務できたりするだけでは通常ユーティーリティーとはみなされない。元サッカー日本代表監督のイビチャ・オシムは、そうした選手を「ポリバレント(「多価」を意味する化学用語)」と呼んで重用した。

ゴールキーパーとフィールドプレーヤーを兼務する選手は皆無と言っていいが、メキシコ代表ホルヘ・カンポスなどGKでありながら他のポジションで結果を残した選手も極稀に存在する。

またサッカーの例えで、「フリットが11人いるチームとマラドーナが11人いるチームではどちらが強いか?」と引き合いに出される元オランダ代表のルート・フリットは、DF・MF・FWの全てを完璧にこなすことのできる有名なユーティリティープレイヤーである。

バスケットボールにおいてのユーティリティープレイヤー[編集]

バスケットボールにおいては試合中に複数のポジションを行き来する選手を示す用語として、トゥイナー(Tweener;betweenからの派生語)、あるいは、ユーティリティープレーヤーがあり、コンボガード[4]スウィングマン[5]ポイントフォワード[6]フォワードセンター[7]などカバーするポジションによって呼び名がある。NBA選手のボリス・ディアウはポイントガードからセンターまでの全てのポジションをこなせる稀有なプレーヤーとして知られる。 NBAのレブロン・ジェームズはPGからPFまで、C以外の全てのポジションをこなすことが出来る。NBAのアンソニー・デイビスケビン・デュラントは高校から大学までに急激に身長が伸び、一流ガードのスキルをもったフォワードに変貌した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『Baseball Reference.com』のteamsなどを参照。http://www.baseball-reference.com/
  2. ^ 正捕手に達川光男がいたため捕手ながら三塁、左翼での出場が大半だった時期がある。
  3. ^ 正捕手に中村武志がいたため捕手ながら左翼、右翼での出場が大半だった時期がある。
  4. ^ A Combo Guard Is...”. scout.com (2005年9月15日). 2015年10月30日閲覧。
  5. ^ Basketball U on Swingmen” (2003年10月8日). 2015年10月30日閲覧。
  6. ^ Analysts say point forwards are few and far between”. webcitation.org (2012年7月20日). 2015年10月30日閲覧。
  7. ^ Era of the postmodern big man” (2012年3月22日). 2015年10月30日閲覧。

関連項目[編集]