高橋博士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高橋 博士
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県宮崎市
生年月日 (1946-03-10) 1946年3月10日(71歳)
身長
体重
174 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手 内野手
プロ入り 1964年
初出場 1965年8月11日
最終出場 1982年10月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

高橋 博士(たかはし ひろし、1946年3月10日 - )は、宮崎県宮崎市出身の元プロ野球選手捕手内野手)。1966年から1973年までの登録名は「高橋 博」。

1974年9月29日南海戦(後楽園)で1試合で全守備位置を守ったことがある。

経歴[編集]

宮崎商業高校では捕手、三番打者として1963年夏の甲子園県予選決勝に進出。清俊彦投手を擁する高鍋高を破り、夏の甲子園への出場を決める。本大会では2回戦に進出するものの、甲府商大石勝彦堀内恒夫両投手の継投に敗れた[1]。高校同期に小川亨中堅手、1年下に山本真一三塁手、2年下には控え投手の水谷実雄がいた。

1964年南海ホークスに捕手として入団。同年2月11日村上雅則田中達彦らと共にサンフランシスコ・ジャイアンツ傘下の1Aフレズノに野球留学する。1971年から1975年までは内野手登録。1971年は遊撃手のレギュラーとして活躍し、ファン投票でオールスターに出場。同年は初の規定打席(26位、打率.265)に達する。

1972年江本孟紀佐野嘉幸との1対2のトレード東映フライヤーズへ移籍。同年は開幕から三塁手に抜擢され81試合に先発出場するが、故障もあって後半は出番を失う。その後は内野のユーティリティプレイヤーとして起用される。1974年9月29日1試合で全ポジションを守る[2]。消化試合のダブルヘッダーを盛り上げるために、三原脩球団社長の発案で、ファンサービスとして行われたものである。ポジショニングは、一塁手→捕手→三塁手→遊撃手→二塁手左翼手中堅手右翼手投手の順番で、投手経験は高校時代にかじった程度で初めて同然だったので、投手の野崎恒男をセンターフライに仕留めただけで降板した[2]。なお、選手生活を通しての全ポジション出場であれば、2000年五十嵐章人(当時オリックス)が達成している。1975年には正捕手として活躍、2度目の規定打席(18位、打率.269)に達するが、翌1976年には加藤俊夫に定位置を譲る。

1977年自由契約となり、ロッテオリオンズへ移籍。同年は一塁手も兼ね、打率.294の好成績を記録する。1978年には村上公康の引退によりレギュラーを獲得、その後も土肥健二らと併用される。1980年まで捕手では数少ない背番号「1」をつけていたが、1981年に入団した愛甲猛が1番を希望したため、自ら譲渡して15番に変更した。なお、これが縁で引退後も愛甲と交流があった。1982年には袴田英利が台頭し、出場機会が減少。同年限りで現役を引退。現在は相模原市で焼肉店とスナックを経営している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1965 南海 10 4 4 0 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .500 .500 .500 1.000
1966 31 3 3 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .333 .333 .333 .667
1967 18 23 21 1 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 2 0 0 9 2 .095 .174 .095 .269
1968 41 60 51 1 13 1 1 1 19 5 0 1 2 2 5 0 0 14 2 .255 .321 .373 .694
1969 88 258 235 18 60 7 3 1 76 19 5 0 4 1 15 0 3 41 7 .255 .308 .323 .632
1970 79 208 197 23 52 10 0 3 71 27 2 1 0 1 10 0 0 16 7 .264 .300 .360 .660
1971 109 408 378 59 100 14 5 9 151 34 3 1 0 1 20 0 9 25 13 .265 .317 .399 .716
1972 東映
日拓
日本ハム
89 320 281 36 68 11 0 6 97 29 5 8 5 1 28 3 5 33 7 .242 .322 .345 .667
1973 52 129 117 8 25 5 1 0 32 5 3 2 2 1 8 0 1 10 5 .214 .270 .274 .543
1974 76 158 145 15 41 4 1 7 68 22 2 2 1 1 10 0 1 12 1 .283 .333 .469 .802
1975 123 425 391 40 105 11 0 12 152 40 10 5 12 1 19 1 2 37 8 .269 .306 .389 .695
1976 70 178 156 20 43 6 0 4 61 19 2 1 3 3 15 2 1 18 4 .276 .343 .391 .734
1977 ロッテ 99 257 238 24 70 12 4 3 99 28 0 2 8 0 8 0 3 14 4 .294 .325 .416 .741
1978 88 258 232 20 61 7 0 5 83 30 0 1 9 4 10 1 3 24 9 .263 .302 .358 .660
1979 67 155 124 10 20 3 0 3 32 11 1 0 8 1 20 2 2 20 4 .161 .288 .258 .546
1980 111 313 278 27 69 9 0 5 93 20 4 1 6 1 24 0 4 23 7 .248 .317 .335 .652
1981 94 216 195 14 48 7 0 1 58 19 0 2 6 1 13 0 1 13 2 .246 .297 .297 .594
1982 43 76 63 2 10 2 0 0 12 3 0 0 2 1 10 0 0 13 0 .159 .274 .190 .464
通算:18年 1288 3449 3109 318 790 109 15 60 1109 314 37 27 68 20 217 9 35 324 82 .254 .310 .357 .667
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 東映(東映フライヤーズ)は、1973年に日拓(日拓ホームフライヤーズ)に、1974年に日本ハム(日本ハムファイターズ)に球団名を変更

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1974 日本ハム 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 1 0.1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 0.00
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 1 0.1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0.00 0.00

記録[編集]

初記録
全ポジション出場に関する記録
  • 初登板:1974年9月29日、対南海ホークス後期13回戦(後楽園球場)、9回表に9番手で救援登板、1/3回無失点
  • 全ポジションでの出場:同上 ※史上初(後に五十嵐章人が2000年に達成)
  • 1試合での全ポジションでの出場:同上 ※史上初
その他の記録

背番号[編集]

  • 25 (1964年 - 1971年)
  • 5 (1972年 - 1976年)
  • 1 (1977年 - 1980年)
  • 15 (1981年 - 1982年)

登録名[編集]

  • 高橋 博士 (たかはし ひろし、1964年 -1965年、1974年- 1982年)
  • 高橋 博 (たかはし ひろし、1966年 - 1973年)

出典[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ a b 【9月29日】1974年(昭49) 日ハム・高橋博士、日本初!1試合で全ポジション守る”. スポーツニッポン (2007年9月29日). 2012年12月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]