土肥健二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
土肥 健二
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 富山県新湊市(現:射水市
生年月日 (1950-05-17) 1950年5月17日(68歳)
身長
体重
170 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1968年 ドラフト4位
初出場 1970年
最終出場 1983年10月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

土肥 健二(どい けんじ、1950年5月17日 - )は、富山県新湊市(現:射水市)出身の元プロ野球選手捕手)。

来歴・人物[編集]

富山県立高岡商業高校では1968年、捕手、四番打者として、前田四郎とバッテリーを組み甲子園に春夏連続出場した。春の選抜では2回戦で名古屋電工に敗退、夏の甲子園では1回戦で津久見に敗れる。夏の県予選では2打席連続本塁打も記録した。

1968年のドラフト会議においてロッテオリオンズより4位指名を受け入団。1973年から村上公康の控え捕手として一軍に定着し、定評のある打撃を活かして外野手や代打としても出場した。1974年中日ドラゴンズとの日本シリーズでは4試合に出場。第2戦では途中出場で3安打、第3戦では先発マスクを被りチーム日本一に寄与した。1975年1976年は村上と併用されるが、1977年には高橋博士が移籍入団し捕手の定位置を獲得した。1979年から高橋とレギュラーを争い、1981年には正捕手として104試合に出場する。しかし翌年には袴田英利が台頭して出場機会が減り、1983年限りで引退した。

いわゆる「神主打法」が特徴で、ハンドリング(腕の使い方)がうまく、肩から下の腕の振りが素晴らしかった[1]。こねたりせず、バットを素直にそのまま送り出し、バットを放り投げるような感じであった[1]

後輩・落合博満の打撃フォームに多大な影響を与えた[1][2]

引退後は高岡カントリークラブ、小杉カントリークラブ[3]での勤務を経て、現在は故郷の富山県高岡市で野球の振興に精力的に活動している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1970 ロッテ 7 6 6 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .333 .333 .333 .666
1971 9 7 7 1 2 0 0 1 5 1 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .286 .286 .714 1.000
1972 44 51 47 6 17 2 0 1 22 5 0 0 0 0 3 0 1 3 0 .362 .412 .468 .880
1973 78 91 78 4 21 5 0 2 32 17 0 0 1 0 11 0 1 6 2 .269 .367 .410 .777
1974 66 94 83 3 22 1 1 2 31 12 0 1 0 2 9 0 0 10 3 .265 .330 .373 .703
1975 94 261 240 26 62 7 2 8 97 24 4 5 6 0 12 0 3 20 7 .258 .301 .404 .705
1976 90 237 225 19 67 7 0 3 83 15 1 2 3 1 7 0 1 25 9 .298 .321 .369 .690
1977 47 72 66 4 16 0 0 2 22 6 1 0 1 1 4 0 0 8 4 .242 .282 .333 .615
1978 66 134 125 5 34 7 0 1 44 15 0 0 3 2 4 0 0 13 4 .272 .291 .352 .643
1979 58 192 181 19 51 10 0 5 76 18 0 0 1 2 7 0 1 21 6 .282 .309 .420 .729
1980 89 223 206 23 64 9 1 7 96 32 3 1 1 1 13 0 2 20 5 .311 .356 .466 .822
1981 104 290 253 25 67 14 0 7 102 28 2 1 6 2 24 2 5 32 3 .265 .338 .403 .741
1982 50 122 111 6 18 3 0 1 24 9 0 1 0 1 10 0 0 20 3 .162 .230 .216 .446
1983 95 251 224 14 54 6 0 4 72 17 0 2 3 2 20 0 2 27 11 .241 .306 .321 .627
通算:14年 897 2031 1852 155 497 71 4 44 708 199 11 13 25 14 124 2 16 208 57 .268 .318 .382 .700

背番号[編集]

  • 43 (1969年 - 1983年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 落合博満『なんと言われようとオレ流さ』、講談社、1986年4月、ISBN 4062026295
  2. ^ SPORTS COMMUNICATIONS (2011年2月8日). “第425回 “オレ流”落合の「教わるよりも盗め」”. 2011年2月19日閲覧。
  3. ^ 二宮清純『プロ野球「衝撃の昭和史」』、文藝春秋、2012年、ISBN 9784166608812

関連項目[編集]