1968年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プロ野球ドラフト会議 > 1968年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

1968年度新人選手選択会議(1968ねんどしんじんせんしゅせんたくかいぎ)は1968年に行われた第4回のプロ野球ドラフト会議である。

概要[編集]

  • 1968年11月12日東京・日比谷日生会館において開催された。
  • 第3回まで非公開で行われていたが、本年より会議の一部始終がマスコミに公開されるようになった。
  • 予備抽選で選択指名順を決定し、1位・3位・5位などの奇数順位の指名順は予備抽選の1番→12番、2位・4位・6位などの偶数順位の指名順は奇数順位とは逆に予備抽選の12番→1番に遡る選択指名順を取った。
  • 予備抽選の結果は東映 - 広島 - 阪神 - 南海 - サンケイ - 東京 - 近鉄 - 巨人 - 大洋 - 中日 - 阪急 - 西鉄
  • 指名選手数は無制限。
  • 長嶋茂雄の持っていた東京六大学リーグ通算本塁打記録を大幅に更新した法政大学田淵幸一を筆頭に、田淵と共に法政三羽ガラスと呼ばれた山本浩司富田勝、法政三羽ガラスのライバルと言われ東京六大学リーグで通算23勝(内ノーヒットノーラン1回)を挙げた明治大学星野仙一東都大学リーグ通算20本塁打の新記録を打ち立てた亜細亜大学大橋穣や、近畿大学有藤通世、第18回日本産業対抗野球大会で優勝した全鐘紡のダブルエース、藤原真水谷宏が注目された。また、金田正一の弟の金田留広も東映に4位指名され入団した。
  • 指名順位1番の東映は大橋、2番の広島は山本、3番の阪神は田淵、4番の南海は富田、5番のサンケイは藤原、6番の東京は有藤、7番の近鉄は水谷をそれぞれ1位指名した。
  • 田淵は巨人入りを希望していたが、阪神が強行指名。巨人はこの時、田淵が指名できなかった時は星野を指名すると約束していたが、この約束を反故にして武相高校のエース・島野修を指名[1]。星野はこれを聞いて「ホシとシマの間違いじゃないのか」と激怒したと言われ、この出来事が星野を後に「巨人キラー」として活躍させる原動力になったとされている[1]
  • 富田は阪神から1位指名を確約されていたが、上記の様に阪神は田淵を指名。後に富田は「田淵、星野、自分と希望球団以外から指名された場合は河合楽器に入社予定だった」と告白している。[要出典]
  • 陸上男子100mで当時の日本記録を更新し、1964年東京オリンピックメキシコオリンピックに日本代表として陸上男子100mに出場した茨城県庁飯島秀雄も東京に9位指名され話題を集めた。
  • のちに名球会会員となる大島康徳山田久志加藤秀司福本豊東尾修もこの年にプロ入りしている(山本、有藤も同会会員。同じく会員の門田博光も指名されたが、入団せず)。また山本、田淵、星野、大島、山田、東尾、有藤は現役引退後に一軍監督を務めている。
  • 同年に指名された選手のうち野村収が全球団勝利、富田勝と加藤秀司が全球団から本塁打という記録を達成している。
  • この年は、プロ野球の歴史に名前を残す名選手が数多く指名され入団を果たした事から、「空前絶後の大豊作の年」と呼ばれている[2]。ドラフト会議の対象となった選手は、大卒が1946年(昭和21年)生まれ、高卒が1950年(昭和25年)生まれといわゆる「団塊の世代」であり、最も層が厚かった世代である。

指名リスト[編集]

セントラル・リーグ[編集]

読売ジャイアンツ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 島野修 投手 武相高 入団
2位 田中章 投手 日本通運 入団
3位 矢部祐一 内野手 常磐炭砿 入団
4位 吉村典男 投手 リッカーミシン 入団
5位 松本正幸 投手 熊本工業高 入団
6位 杉山茂 捕手 銚子商業高 入団
7位 大下正忠 内野手 別府鶴見丘高 入団
8位 池島和彦 投手 明治大学 拒否・三協精機入社
9位 梅田邦三 内野手 日本新薬 入団
10位 富田清吾 投手 中央大学 入団

阪神タイガース[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 田淵幸一 捕手 法政大学 入団
2位 植木一智 投手 龍谷大学 入団
3位 猪狩志郎 投手 佼成学園高 拒否・駒澤大学進学
4位 小島健郎 投手 近畿大学 拒否・日本生命入社
5位 楠橋高幸 内野手 今治西高 入団
6位 太田進 外野手 日産自動車 拒否
7位 幡野正秋 内野手 三協精機 拒否
8位 長崎慶一 外野手 北陽高 拒否・法政大学進学

広島東洋カープ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 山本浩司 外野手 法政大学 入団
2位 水沼四郎 捕手 中央大学 入団
3位 山口喜司 投手 陸上自衛隊西部 入団
4位 石川政雄 捕手 宇部鴻城高 入団
5位 前保洋 投手 鹿児島玉龍高 拒否・明治大学進学
6位 稲葉光雄 投手 日本軽金属 拒否
7位 益田芳樹 内野手 南宇和高 拒否・中央大学進学
8位 六條誠一 投手 高松第一高 拒否・日本鋼管入社
9位 上林成行 投手 国府高 拒否・法政大学進学

サンケイアトムズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 藤原真 投手 全鐘紡 入団
2位 溜池敏隆 内野手 日本熱学工業 入団
3位 詫摩和文 外野手 鹿児島照国高 入団
4位 千藤和久 投手 北海道拓殖銀行 拒否
5位 安木祥二 投手 クラレ岡山 入団
6位 山口芳夫 投手 岩国高 拒否・千葉工業大学進学
7位 千葉博夫 内野手 県立川崎高 拒否・東京理科大学進学
8位 篠原政夫 内野手 作新学院高 拒否・駒澤大学進学
9位 村越稔 捕手 神奈川大学 入団
10位 磯部満 投手 電電信越 拒否

大洋ホエールズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 野村収 投手 駒澤大学 入団
2位 辻博司 投手 和歌山・熊野高 入団
3位 井上幸信 投手 尾道商業高 入団
4位 鎌田幸雄 投手 大森工業高 入団
5位 長野哲 投手 熊谷組 入団
6位 粟田良孝 捕手 新居浜商業高 拒否・駒澤大学進学
7位 鈴木哲夫 投手 猪苗代高 入団
8位 渡辺孝博 投手 東海大学 拒否・日立製作所入社

中日ドラゴンズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 星野仙一 投手 明治大学 入団
2位 水谷則博 投手 中京高 入団
3位 大島康徳 投手 中津工業高 入団
4位 北野幸作 内野手 北陸高 拒否・法政大学進学
5位 三好真一 内野手 南宇和高 入団
6位 竹田和史 投手 育英高 入団
7位 今村信彦 外野手 西濃運輸 拒否
8位 小林浩二 外野手 大牟田南高 拒否・九州産交入社
9位 島谷金二 内野手 四国電力 入団

パシフィック・リーグ[編集]

阪急ブレーブス[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 山田久志 投手 富士製鐵釜石 翌年シーズン中に入団
2位 加藤秀司 内野手 松下電器 入団
3位 長谷部優 投手 岸和田高 拒否・慶應義塾大学進学
4位 柳橋明 投手 日本大学山形高 拒否・日本石油入社
5位 新井良夫 投手 埼玉・大宮高 入団
6位 島崎基慈 内野手 大分商業高 入団
7位 福本豊 外野手 松下電器 入団
8位 柿本進 内野手 星林高 拒否・青山学院大学進学
9位 切通猛 外野手 東芝 翌年シーズン中に入団
10位 三好行夫 内野手 日本鉱業佐賀関 拒否
11位 村上義則 投手 小豆島高 拒否・大倉工業入社
12位 門田博光 外野手 クラレ岡山 拒否
13位 石井清一郎 外野手 大宮工業高 入団
14位 鈴木博 投手 栃木・小山高 拒否・日本大学進学
15位 坂出直 投手 倉吉東高 拒否・明治大学進学

南海ホークス[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 富田勝 内野手 法政大学 入団
2位 緒方修 投手 巌木高 入団
3位 松井優典 捕手 星林高 入団
4位 藤原満 内野手 近畿大学 入団
5位 松村彰士 内野手 御所工業高 拒否・法政大学進学
6位 前田四郎 投手 高岡商業高 入団
7位 西浦秋夫 外野手 日南工業高 入団
8位 東出康博 内野手 星林高 入団
9位 鶴橋鉄行 投手 焼津水産高 拒否・金指造船所入社
10位 梅村好彦 捕手 龍谷大学 入団
11位 藤目功治 投手 津田高 入団

東京オリオンズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 有藤通世 内野手 近畿大学 入団
2位 広瀬宰 内野手 東京農業大学 入団
3位 池田信夫 投手 平安高 拒否・法政大学進学
4位 土肥健二 捕手 高岡商業高 入団
5位 八塚幸三 投手 四国電力 拒否
6位 山口円 内野手 鳴門高 拒否・関西大学進学
7位 佐藤敬次 投手 大宮工業高 入団
8位 三浦健二 投手 日本石油 拒否
9位 飯島秀雄 外野手 茨城県庁 入団
10位 安藤峰雄 投手 日本コロムビア 入団
11位 藤田康夫 投手 成東高 拒否・中央大学進学
12位 舞野健司 捕手 飯塚商業高 入団
13位 市原明 内野手 銚子商業高 入団
14位 飯塚佳寛 内野手 鷺宮製作所 入団

近鉄バファローズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 水谷宏 投手 全鐘紡 入団
2位 川島勝司 内野手 日本楽器 拒否
3位 岡田光雄 投手 松下電器 入団
4位 秋山重雄 内野手 立教大学 入団
5位 芝池博明 投手 専修大学 入団
6位 井上重信 投手 陸上自衛隊西部 入団
7位 吉村健二 内野手 高松商業高 拒否・松下電器入社
8位 半田実 投手 大鉄高 入団
9位 大島太治 捕手 トヨタ自動車 拒否
10位 服部敏和 外野手 日本楽器 入団
11位 藤井信行 外野手 協和発酵 拒否
12位 佐々木辰夫 内野手 四国電力 拒否

西鉄ライオンズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 東尾修 投手 箕島高 入団
2位 乗替寿好 投手 若狭高 入団
3位 宇佐美和雄 投手 木更津中央高 入団
4位 阿部良男 外野手 オール常磐 入団
5位 春日一平 捕手 中津工業高 入団
6位 稲津憲司 内野手 鎮西高 入団
7位 水本信雄 投手 宇部鴻城高 拒否・クラレ岡山入社
8位 川野雄一 捕手 臼杵高 入団
9位 大田卓司 外野手 津久見高 入団
10位 石井吉左衛門 投手 津久見高 拒否・鐘紡化学入社
11位 秋葉敬三 投手 鹿児島鉄道管理局 翌年シーズン中に入団
12位 西村俊二 内野手 河合楽器 拒否
13位 瀬戸和則 投手 大槌高 拒否・盛岡鉄道管理局入社
14位 高橋明 外野手 柳川商業高 入団
15位 片岡旭 捕手 クラレ岡山 拒否
16位 西村昌幸 捕手 三菱化成 拒否

東映フライヤーズ[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 大橋穣 内野手 亜細亜大学 入団
2位 加藤譲司 投手 藤沢商業高 入団
3位 宮本孝男 投手 竜ヶ崎第一高 入団
4位 金田留広 投手 日本通運 入団
5位 中原勝利 内野手 電電九州 入団
6位 小山田健一 捕手 日本大学山形高 入団
7位 佐藤正治 外野手 河合楽器 拒否
8位 今野俊男 内野手 関東学院大学 拒否・電電東北入社
9位 伊達義城 投手 電電九州 拒否
10位 長持健一 投手 小西電機 入団
11位 星野孝保 投手 波崎高 拒否・住友金属入社
12位 住友秀雄 投手 第一製薬 入団
13位 渋谷修二 内野手 帝京高 拒否・常磐炭砿入社

脚注[編集]

  1. ^ a b 週刊ベースボール2013年12月2日号 P36
  2. ^ 史上最高ドラフトは46年前 山本浩二、山田久志ら名球会入り7人”. スポーツニッポン. 2014年10月23日閲覧。

外部リンク[編集]