切通猛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
切通 猛
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県姫路市
生年月日 1944年4月21日
没年月日 2015年6月15日(満71歳没)[1]
身長
体重
171 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1968年 ドラフト9位
初出場 1969年
最終出場 1978年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (1979 - 1988, 1991 - 1993)

切通 猛(きりとおし たけし、1944年4月21日 - 2015年6月15日[1])は、兵庫県姫路市出身のプロ野球選手外野手)・コーチ

来歴・人物[編集]

姫路南高では1963年、4番・左翼手として全国高等学校野球選手権兵庫大会決勝に進出するが、市西宮高に5-6で惜敗し甲子園出場を逸する[2]。卒業後は芝浦工業大学に進学したが、東都大学リーグでは優勝に届かず、2部降格も経験する[3]。1部リーグ通算42試合出場、84打数12安打、打率.143、0本塁打、4打点。卒業後は東芝に所属。阪急ブレーブス1968年のドラフトで9位指名されるが、これを保留したまま1969年都市対抗に出場。三菱重工川崎の補強選手として活躍し、チームを準々決勝に導いた[4]

その後は阪急に入団し、1970年ジュニアオールスターにも出場する。しかし一軍では出場機会に恵まれず、1975年オフに阪神タイガースに金銭トレードされる。1976年にはウエスタン・リーグで本塁打王を獲得する。1977年には74試合に出場、代打を中心に起用されたが、19試合に外野手として先発出場している。1978年オフに引退。

その後は阪神で2軍トレーニングコーチ・スコアラー・スカウトを務めた[1]。1983年7月10日の広島戦で岡田彰布が右足太もも筋肉を断裂し残りのシーズンを棒に振った際、マンツーマンで取り組んだリハビリトレーニングのおかげで見事に復活[5]。スカウトとしては関本賢太郎濱中治藤川球児を発掘した[5]

阪神退団後は宝塚市内でスナックを経営[5]。温和な性格で誰からも慕われた[5]2015年6月15日、宝塚市内の病院で死去。71歳没[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1969 阪急 1 2 2 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .500 .500 .500 1.000
1970 8 9 9 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1971 1 5 5 2 2 1 0 1 6 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .400 .400 1.200 1.600
1972 7 5 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .000 .200 .000 .200
1973 1 1 1 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000 1.000 2.000
1974 12 17 16 2 4 2 0 1 9 2 1 0 0 0 1 0 0 2 0 .250 .294 .563 .857
1975 7 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1976 阪神 20 24 21 2 3 0 0 0 3 1 0 0 0 1 2 0 0 3 0 .143 .208 .143 .351
1977 74 115 111 8 31 3 2 2 44 4 0 3 0 0 4 0 0 18 1 .279 .304 .396 .701
1978 57 86 77 4 17 0 0 1 20 3 0 1 0 1 8 0 0 17 3 .221 .291 .260 .550
通算:10年 188 265 247 18 59 6 2 5 84 12 1 4 0 2 16 0 0 43 4 .239 .283 .340 .623

背番号[編集]

  • 54 (1969年)
  • 27 (1970年 - 1975年)
  • 26 (1976年 - 1978年)
  • 79 (1979年 - 1981年、1984年 - 1987年)
  • 92 (1982年 - 1983年)
  • 85 (1988年)
  • 90 (1991年 - 1993年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “切通猛氏が死去 阪神でコーチ、スカウトなど歴任”. 日刊スポーツ. (2015年6月17日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1493599.html 2015年6月17日閲覧。 
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ 「東都大學野球連盟七十年史」 東都大学野球連盟編纂委員会 2001年
  4. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  5. ^ a b c d “【西井禎一のネット裏談義】「虎の子」発掘 名スカウトを悼む”. 産経west. (2015年6月23日). http://www.sankei.com/west/news/150623/wst1506230054-n1.html 2015年6月23日閲覧。 

関連項目[編集]