鳥取県立倉吉東高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鳥取県立倉吉東高等学校
倉吉東高等学校校舎
過去の名称 鳥取県立倉吉中学校
鳥取県立倉吉第一高等学校
鳥取県立倉吉高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 鳥取県の旗鳥取県
校訓 自主・自律
設立年月日 1909年(明治42年)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
設置学科 普通科
高校コード 31111B
所在地 682-0812
鳥取県倉吉市下田中町801番地
外部リンク 倉東高公式サイト
育友会(PTA)公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

鳥取県立倉吉東高等学校(とっとりけんりつ くらよしひがしこうとうがっこう)は、鳥取県倉吉市にある高等学校。略称は「倉東」(そうとう)。

概要[編集]

歴史
1909年明治42年)に設置された「鳥取県立倉吉中学校」(旧制中学校、男子校)を前身とする。1948年昭和23年)の学制改革により、新制の「鳥取県立倉吉第一高等学校」(男子校)となった。その翌年公立高校の統合・再編により総合制の「鳥取県立倉吉高等学校」(男女共学)となった後、1953年(昭和28年)に倉吉高等学校が東西の2校に分離され、現校名の「鳥取県立倉吉東高等学校」が発足した。2009年平成21年)で創立100周年を迎えた。
設置課程・学科
全日制課程 普通科
定時制課程 普通科(夜間部) ※通信制課程と併せて学ぶこと(定通併修制度)により、3年での卒業が可能。
校訓
「自主・自律」
教育方針
われわれは、豊かな文化の創造、民主的な社会及び国家の発展、平和的な国際社会の形成に進んで貢献し得る、知・情・意とも兼ね備えた、自主的・自律的で、生きる力に満ちた生徒を育むために、本校におけるあらゆる教育活動の充実と向上をはからなければならない。われわれはここに、地域に根差し且つ歴史と伝統に満ちた本校教育の更なる発展を期し、次に掲げる教育方針を定める。
  • 基礎学力の確立 - 授業第一の充実した学習活動となるよう、予習中心の日々の家庭学習を継続できる力を養う。
  • 英でた知性 - 基礎基本を確立して、自己の課題を設定し、自ら解決する能力を育成するため発想力および論理的自己表現力を養う。
  • 満ちあふれる向上欲 - 自主的、主体的かつ積極的に幅広い視野に立って多方面に活躍する進取の気性を育てる。
  • 明るく活力ある人物 - つねに、自己の言動に対し、本校生としての誇りと責任をもち集団生活において柔軟な対応とリーダーシップのとれる人物を育成する。
  • 豊かな心情 - 心情を鍛え、豊かな情操を育む。
校章
倉吉高等学校時代の1950年(昭和25年)、石谷嘉治によって制定された。 旧制・倉吉中学校の校章()、旧制・倉吉高等女学校の校章(松[1](しょうはく))にちなんでデザインされた。
校歌
作詞は吉田啓文、作曲は平井保善(平井康三郎)による。歌詞は3番まであり、歌詞に校名は登場しない[2]
同窓会
「鴨水同窓会」と称している。
国際交流校
大韓民国の旗 安養高等学校韓国

歴史[編集]

旧制中学校・新制高等学校(男子校)時代
  • 1909年(明治42年)
  • 1910年(明治43年)3月31日 - 東伯郡倉吉町堺町二丁目201に本校舎が完成。
  • 1921年大正11年)5月15日 - 校旗を制定。
  • 1943年(昭和18年)4月1日 - 中等学校令の施行により、この時の入学生から修業年限が4年に短縮される。
  • 1945年(昭和20年)
    • 3月 - 修業年限短縮の前倒し[3]により、4年生[4]と5年生[5]の合同卒業式を挙行。
    • 4月1日 - 戦況の悪化により、授業が停止される。勤労動員は継続される。
    • 9月 - 終戦により、授業を再開。
  • 1946年(昭和21年)4月1日 - 修業年限が5年に戻る。旧制中学校最後の生徒募集を行う。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施、新制中学校の発足)
    • 旧制中学校の生徒募集を停止(1年生不在)。
    • 新制中学校を併設し(名称:鳥取県立倉吉中学校併設中学校、以下・併設中学校)、旧制中学校1・2年修了者を新制中学2・3年生として収容。
    • 併設中学校はあくまで経過措置として暫定的に設置されたため、新たに生徒募集は行われず、在校生が2・3年生のみの中学校であった。
    • 旧制中学校の3・4年修了者はそのまま旧制中学校に在籍し、4・5年生となった(4年修了時点で卒業することもできた)。
  • 1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革(六・三・三制の実施、新制高等学校の発足)
    • 旧制中学校が廃止され、新制高等学校「鳥取県立倉吉第一高等学校」(男子校)が発足。
      • 全日制普通科(修業年限3年)を設置。定時制普通科(夜間部・修業年限4年)を併置。
      • 旧制中学校卒業生(5年修了者)を新制高校3年生、旧制中学校4年修了者を新制高校2年生、併設中学校(3年修了者)を新制高校1年生として収容。
      • 併設中学校は新制高校に継承され(名称:鳥取県立倉吉第一高等学校併設中学校)、在校生は1946年(昭和21年)に旧制中学校へ最後に入学した3年生を残すのみとなる。
  • 1949年(昭和24年)3月31日 - 併設中学校を廃止(旧制5年から新制3年への修業年限の移行が完了)。
新制高等学校(男女共学)
  • 1949年(昭和24年)4月1日 - 高校三原則に基づく鳥取県内公立高等学校の再編が行われる。
    • 鳥取県立倉吉第二高等学校(女子校)、鳥取県立倉吉実業高等学校の2校と統合され、普通・家庭・商業・工業科を有する総合制の「鳥取県立倉吉高等学校」となる。 
    • 旧第一高校校舎を「東校舎」、旧第二高校校舎を「西校舎」とする。
  • 1950年(昭和25年)2月1日 - 校歌を制定。
  • 1953年(昭和28年)4月1日 - 高校再編により倉吉高等学校が東・西の2校に分離し、東校舎を「鳥取県立倉吉東高等学校」(現校名)と改称。
  • 1961年(昭和36年)4月1日 - 専攻科を設置。
  • 1962年(昭和37年)4月1日 - 工業科が分離し、鳥取県立倉吉工業高等学校として独立。
  • 1967年(昭和42年)3月20日 - 現在地に新校舎が完成し移転を完了[6]
  • 1977年(昭和52年)
    • 3月5日 - 校旗を制定。
    • 3月31日 - 鴨水会館(同窓会館)が完成。
  • 1978年(昭和53年)3月14日 - 剣道場が完成。
  • 1979年(昭和54年)3月31日 - グラウンドを拡張。
  • 1983年(昭和58年)
  • 1989年(平成元年)12月16日 - 第2グラウンドが完成。
  • 1996年(平成8年)4月1日 - 図書館・専攻科棟が完成。
  • 1997年(平成9年)
    • 1月16日 - 創作・交流ホールが完成。
    • この年 - 2年生と対象に大韓民国の旗韓国研修旅行を開始。
  • 1999年(平成11年)2月19日 - 生徒会部室を改築。
  • 2000年(平成12年)2月21日 - 第1体育館を改築。
  • 2002年(平成14年)8月 - 「第1回高校生フォーラムin倉吉」を開催する。2005年の第4回より開催名を「国際高校生フォーラムin倉吉」と改称。
  • 2004年(平成16年)4月 - 文部科学省によりスーパーイングリッシュランゲージハイスクール(SELHi)に指定される。
  • 2005年(平成17年)2月10日 - 第2体育館・柔剣道場を改築。
  • 2013年(平成25年)3月31日 - 専攻科を廃止。

学校行事[編集]

40回を数える学園祭や、国際高校生フォーラムin倉吉などの学校行事が盛んである。

部活動[編集]

運動部
文化部

著名な出身者[編集]

文化人
実業家
政治家
教育者・学者
スポーツ選手
アナウンサー
その他

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 松も柏も常緑樹で1年中葉の色が変わらず(枯れず)、落ちないところから節を守って変えないことの象徴として使用されている。
  2. ^ 旧制中学校時代の校歌は勝島林蔵作詞、山田耕筰作曲。歌詞は3番まであった。
  3. ^ 1943年(昭和18年)に閣議決定された教育ニ関スル戦時非常措置方策により、修業年限4年制が中等学校令施行前の1941年(昭和16年)4月以降の入学生にも前倒しで施行されることとなった。
  4. ^ 1941年(昭和16年)4月入学生。
  5. ^ 1940年(昭和15年)4月入学生
  6. ^ 跡地には1969年(昭和44年)1月に倉吉市立東中学校の校舎が完成した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]