1968年の東映フライヤーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1968年の東映フライヤーズ
成績
パシフィック・リーグ6位
51勝79敗5分 勝率.392[1]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 大川博
経営母体 東映
監督 大下弘(8月3日まで)
飯島滋弥(8月4日から代行)
 < 1967 1969 > 

1968年の東映フライヤーズ(1968ねんのとうえいフライヤーズ)では、1968年シーズンの東映フライヤーズの動向をまとめる。

この年の東映フライヤーズは、大下弘が1年だけ、監督を務めたシーズンである。

概要[編集]

1961年以来7年間監督を務めた水原茂が勇退、東急時代の名選手・大下弘が新監督に就任した。大下監督は読売ジャイアンツ川上哲治監督に対抗すべく、「サイン無し、罰金無し、門限無し」の「三無主義」を掲げる(実際は大川博オーナーの提案)。

だがオープン戦では好調だったものの、シーズンでは主義が逆効果、また毎年低位置を争っていた近鉄バファローズが好調もあって低迷状態、遂に8月3日限りで大下監督は休養、飯島滋弥が代理監督となったがそれでも盛り返せず、終わってみればチーム初の最下位、「三無主義」は全くいい所が無かった。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 大下剛史
2 岩下光一
3 毒島章一
4 張本勲
5 大杉勝男
6 白仁天
7 青野修三
8 種茂雅之
9 森安敏明
1968年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 近鉄 -- 近鉄 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 阪急 4.0 阪急 1.5 南海 3.0 南海 1.5 南海 2.0 南海 4.0 南海 1.0
3位 東映 5.5 南海 近鉄 3.5 東京 3.5 東京 6.5 東京 10.0 東京 13.0
4位 南海 6.0 東京 4.0 東京 5.0 近鉄 7.0 近鉄 14.5 西鉄 21.0 近鉄 23.0
5位 西鉄 7.0 東映 5.0 東映 7.5 東映 13.0 西鉄 17.0 近鉄 22.0 西鉄 24.0
6位 東京 7.5 西鉄 6.0 西鉄 11.0 西鉄 14.0 東映 23.0 東映 27.0 東映 29.0
1968年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 80 50 4 .615 -
2位 南海ホークス 79 51 6 .608 1.0
3位 東京オリオンズ 67 63 9 .515 13.0
4位 近鉄バファローズ 57 73 5 .438 23.0
5位 西鉄ライオンズ 56 74 3 .431 24.0
6位 東映フライヤーズ 51 79 5 .392 29.0

[1]

オールスターゲーム1968[編集]

コーチ 大下弘
ファン投票 張本勲
監督推薦 高橋善正 森安敏明

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
張本勲 首位打者 .336 2年連続3度目
最高出塁率 .437 2年連続4度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
張本勲 外野手 9年連続9度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 大橋穣 内野手 亜細亜大学 入団
2位 加藤譲司 投手 藤沢商業高 入団
3位 宮本孝男 投手 竜ヶ崎第一高 入団
4位 金田留広 投手 日本通運 入団
5位 中原勝利 内野手 電電九州 入団
6位 小山田健一 捕手 日本大学山形高 入団
7位 佐藤正治 外野手 河合楽器 拒否
8位 今野俊男 内野手 関東学院大学 拒否・電電東北入社
9位 伊達義城 投手 電電九州 拒否
10位 長持健一 投手 小西電機 入団
11位 星野孝保 投手 波崎高 拒否・住友金属入社
12位 住友秀雄 投手 第一製薬 入団
13位 渋谷修二 内野手 帝京高 拒否・常磐炭砿入社

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 年度別成績 1968年 パシフィック・リーグ”. 2017年6月14日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 123