1965年の東映フライヤーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1965年の東映フライヤーズ
成績
パシフィック・リーグ2位
76勝61敗3分 勝率.555[1]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 大川博
経営母体 東映
監督 水原茂
« 1964
1966 »

1965年の東映フライヤーズ(1965ねんのとうえいフライヤーズ)では、1965年シーズンの東映フライヤーズの動向をまとめる。

この年の東映フライヤーズは、水原茂監督の5年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 毒島章一
2 青野修三
3 ラーカー
4 張本勲
5 坂崎一彦
6 西園寺昭夫
7 岩下光一
8 安藤順三
9 久保田治
1965年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 --
2位 東京 2.5 東京 10.5 東映 18.0 東映 21.5 阪急 25.0 東映 22.0 東映 12.0
3位 西鉄 3.0 西鉄 10.5 東京 20.5 西鉄 26.0 西鉄 25.0 西鉄 22.5 西鉄 15.5
4位 東映 3.5 阪急 11.5 阪急 21.5 東京 28.0 東映 26.0 阪急 24.5 阪急 21.5
5位 近鉄 5.5 東映 12.0 西鉄 22.0 阪急 28.0 東京 29.5 東京 30.0 東京 25.5
6位 阪急 6.5 近鉄 15.5 近鉄 23.0 近鉄 31.5 近鉄 38.5 近鉄 42.0 近鉄 42.5
1965年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 南海ホークス 88 49 3 .642 -
2位 東映フライヤーズ 76 61 3 .555 12.0
3位 西鉄ライオンズ 72 64 4 .529 15.5
4位 阪急ブレーブス 67 71 2 .486 21.5
5位 東京オリオンズ 62 74 4 .456 25.5
6位 近鉄バファローズ 46 92 2 .333 42.5

[1]

オールスターゲーム1965[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
コーチ 水原茂
ファン投票 張本勲
監督推薦 尾崎行雄 田中調
補充選手 青野修三 毒島章一
  • 取り消し線は出場辞退

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
尾崎行雄 最多勝利 27勝 初受賞
最多奪三振 259個 2年連続2度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
尾崎行雄 投手 初受賞
張本勲 外野手 6年連続6度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 守備 所属 結果
1位 森安敏明 投手 関西高 入団
2位 広畑良次 投手 和歌山・橋本高 拒否・立教大学進学
3位 浜口春好 内野手 電電近畿 入団
4位 三田晃 投手 大昭和製紙 拒否
5位 阪本敏三 内野手 立命館大学 拒否・河合楽器入社
6位 遠山明 投手 桜宮高 拒否
7位 落合勤一 投手 中野実践商業高 入団
8位 米沢武 内野手 明治大学 拒否・クラレ岡山入社

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 年度別成績 1965年 パシフィック・リーグ”. 2017年6月14日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 123